WEB労働やまがた

WEB労働やまがた
ログイン

  男性の自殺者は全体の約7割を占めており、女性に比べて圧倒的に多いのが実態です。これは、「男は弱音を吐くべきではない」という「固定的性別役割分担意識」に囚われていることに起因するものが多いと言われています。

  もともと男性は悩みをひとりで抱え込み相談しない傾向にありますが、深刻な問題が生じた場合に、その悩みをひとりで抱えてしまうことでより深刻な事態に発展してしまうのです。

  この対策としては、相談に対する敷居を低くし、「男性が相談してもよい」という考え方を認知・浸透していくとともに、悩みを打ち明けられる場を設置することが重要です。山形県男女共同参画センター「チェリア」では男性だけが相談できる専用窓口を開設し、ご相談をお受けすることとしました。

  ぜひお気軽にご利用ください。



◆名称
  『男性ほっとライン』


◆相談担当
   
社会福祉法人山形いのちの電話に委託して実施しています。男性相談員が対応します。


◆相談日
   
毎月第1、第2、第3水曜日 19:00〜21:00


◆相談方法
  
電話相談【023−646−1181】

 

【詳しくはこちら】
 
https://www.pref.yamagata.jp/kenfuku/danjo/sankaku/8010003cheria.html 


2016.02.01::count(133):[メモ/いきいき各種情報]
copyright labor
powered by samidare
powered by samidare