WEB労働やまがた

WEB労働やまがた
ログイン

  山形県では障がい者雇用に対する理解の増進と促進を図るため「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」を設けています。
 
 認定されると、当制度のシンボルマークを会社案内や名刺等に使用可能となります。
 
 また、県のホームページなどで企業名や取り組み内容などを広く紹介しますので、対外的に障がい者雇用に積極的に取り組んでいることを知られることにより、企業イメージ向上につながることが期待できます。
 
 応募様式は、以下のホームページからダウンロードできます。是非ご検討ください。
「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」シンボルマーク
【シンボルマーク】


【応募様式等】
  http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110009/koyotaisakutantou/shogaishakoyo-yuryo.html


【お問い合わせ】
 山形県商工労働観光部雇用対策課雇用対策担当
 〒990−8570 山形市松波二丁目8番1号 山形県庁8階
 TEL 023−630−2375  FAX 023−630−2376


2016.03.01::[メモ/募集]

  平成28年4月2日(土)に、就職活動中の看護学生やUターン希望の看護職との面談スタイルの職場説明会を山形テルサで開催します。
 あなたの病院の特徴や卒後研修内容、採用条件などを広くPRしてみませんか?

 

【詳しくはこちら】
 (公社)山形県看護協会HP
 http://www.nurse-yamagata.or.jp/  


2016.02.01::[メモ/募集]

 県立職業能力開発施設は、ものづくりの技能・技術を学ぶ公共職業訓練施設です。
 少人数で実践的な教育訓練を行い、社会で即戦力として通用する人材を育成しています。また、充実した就職指導・支援体制により毎年ほぼ100%の就職率を誇っています。
 1月から訓練生の募集及び中期試験・後期試験が始まりますので、高度な技術を身につけたい方やものづくりに興味のある方は以下のホームページから募集内容などをぜひご覧ください。

 

      〔1〜3月実施の主な入校試験〕
職業能力開発施設 訓練生募集
        ※社会人特別入試(第3期)、(第4期)同時実施

 

◆県立職業能力開発施設の案内及び入試情報については、こちらのHPよりご覧ください
 http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110009/sangyozinzaiikusei/shokunounyuukouseibosyu.html


2016.01.04::[メモ/募集]

 山形県出身の大学生・短大生・専門学校生等で、これから就職を考えていく卒業年次前の学生(大学3年生・短大1年生など)を対象にした「2015やまがた産業セミナー〜地元就職を考えるにあたって〜」を開催します。

 

【お問合せ先はこちら】
 〒990-8570 山形市松波二丁目8−1
 山形県商工労働観光部雇用対策課 雇用対策担当
 TEL023-630-2377


2015.12.01::[メモ/募集]

 県立職業能力開発施設は、ものづくりの技能・技術を学ぶ公共職業訓練施設です。

 少人数で実践的な教育訓練を行い、社会で即戦力として通用するスペシャリストを育成しています。平成26年度は、全4施設で就職率99%を達成しました。

 11月からは各校の募集及び試験が集中する時期ですので、高度な技術を身につけたい方やものづくりに興味のある方は以下のホームページから募集内容などをぜひご覧ください。

 

〔11〜12月実施の主な入校試験〕

平成28年度訓練生募集

 

◆県立職業能力開発施設の案内及び入試情報については、こちらのHPよりご覧ください

http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110009/sangyozinzaiikusei/shokunounyuukouseibosyu.html

 


2015.11.02::[メモ/募集]

 山形県では再就職を希望する方々のために職業訓練を実施しています。就職に向けたスキルアップの手段として、ぜひご活用ください。


◆対象者
 ◎再就職したい方でハローワークに求職申し込みをされている方。
 ※この職業訓練を受講するためには、ハローワークでの受講申込及び受講あっせん等の手続きが必要です。


◆受講料
 受講料は無料です。ただし、テキスト代及び職業訓練生災害傷害保険料等は自己負担となります。(自己負担については、訓練科により異なりますので、詳細については、下記の◆説明会にてお知らせします。)


◆募集期間
 訓練開始日のおよそ1、2か月前より募集を開始します。詳しくは、【問合せ先】にあげる県立施設のホームページに掲載している各訓練科の案内チラシをご覧ください。


◆申込方法
 求職申し込みをしている又は住所を管轄するハローワークにご相談のうえ、所定の申込用紙をハローワークに提出してください。


◆説明会
 受講申し込みをいただいた方に対し説明会を開催します。なお、説明会において、訓練内容の説明及び訓練受講に関する適性検査を実施します。


◆開催予定
 
最寄りのハローワーク窓口にお問い合わせいただくか、以下の【問合せ先】にあげる県立施設で最新のコース情報を公開しておりますので、各施設のホームページをご覧ください。   
※訓練計画は都合により訓練科や訓練時期が変更又は中止となる場合があります。あらかじめ御了承ください。

 



【問合せ先】  
 ◎村山・最上・置賜地域の訓練について
   山形職業能力開発専門校 023−644−9227
   URL  http://yamagatanoukai.jp/index.html

 ◎庄内地域の訓練について
   庄内職業能力開発センター 0234−31−2700
   URL http://center.shonai-cit.ac.jp/~center/index.htm


2015.11.02::[メモ/募集]

 若者の県内へのUIターン就職を推進するために開催する「2016やまがた産業・企業・就職ガイダンス」及び「2015 大学等と山形県内企業との情報交換会in仙台」について、参加企業を募集します。

 ぜひ参加をご検討ください。

 

◆「2016やまがた産業・企業・就職ガイダンス」【募集企業:40社】

 □ 日時:平成28年3月20日(日)

 □ 会場:東京都立産業貿易センター台東館(東京都台東区)

 □ 内容:首都圏等へ進学した学生等へ県内企業の情報を提供します。

 

◆「2015大学等と山形県内企業との情報交換会in仙台」【募集企業:30社】

 □ 日時:平成27年12月1日(火)

 □ 会場:メルパルク仙台(宮城県仙台市)

 □ 内容:大学等の就職支援担当者と県内企業との情報交換会を実施します。

 

【詳しくはこちら】
http://www.pref.yamagata.jp/sangyo/rodo/koyotaisaku/7110009guidancekigyouboshu.html

 

【お問い合わせはこちら】
 山形県商工労働観光部雇用対策課雇用対策担当
〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号 山形県庁8階
TEL 023-630-2711 FAX 023-630-2376

 


2015.10.01::[メモ/募集]

  県立職業能力開発施設は、ものづくりの技能・技術等を学び、社会で即戦力として通用するスペシャリストを育成する公共職業訓練施設です。

 このたび県立職業能力開発施設各校の平成28年度入校生募集日程が決まりましたので、高度な技術を身に付けたい方や「ものづくり」に興味のある方は、以下のホームページから募集内容などをご覧ください。

 

◆ 県立職業能力開発施設のご案内

http://www.pref.yamagata.jp/sangyo/rodo/noryoku/7110009shokunoukouannai.html

 

◆ 県立職業能力開発施設 入校生募集

http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110009/sangyozinzaiikusei/shokunounyuukouseibosyu.html


2015.09.01::[メモ/募集]

  QCサークル山形地区では、小集団活動(QCサークル活動)による各企業及び職場の活性化、相互の研鑽による資質向上を図るため、10月15日(木)に下記のとおり第5737回小集団活動改善事例発表会(第3回山形県知事賞)を開催します。この大会の聴講者を募集していますので、ご案内いたします。

 

 ◆日  時◆

   平成27年10月15日(木)13:00〜17:00

 

 ◆場  所◆

   さくらんぼタントクルセンター(東根市中央一丁目5番1号)

 

 ◆参加費◆

   一般 3,500円/人
   QCサークル賛助会員及び工業会会員3,000円/人

 

 ◆定  員◆

   100名

 

【詳しくはこちら】
 https://www.juse.jp/qcc/tohoku/yamagata/

 

 

  ◎申込み方法及び詳細については、
           こちらのチラシをご覧ください →
小集団活動改善事例発表会
  【PDF 228KB】

2015.09.01::[メモ/募集]

  平成28年3月に大学等を卒業する予定の学生(卒業後3年以内の既卒者を含む)を対象として、地元への就職を希望する学生や長期にわたって就職活動を続けている学生を支援し、地域の企業とのマッチングを図るため、就職面接会を開催します。


 ◆日   時◆
    平成27年9月4日(金)
    13:00〜16:30 (受付開始12:00)


 ◆場    所◆
       山形国際交流プラザ 山形ビッグウイング
    (山形市平久保100)


 ◆参加対象◆
  学生:平成28年3月に大学、短大、専修学校、高専を卒業予定の学生
       (卒業後3年以内の既卒者を含む)
     企業:山形県に本社または就業場所を有する企業 100社予定
  
    ※ 山形駅前から会場まで、無料送迎バスを運行予定です。

 

 

チラシのダウンロードはこちら → 2016ハローワーク学生就職面接会
  (PDF 1MB)

 


2015.08.03::[メモ/募集]

  QCサークル山形地区では、小集団活動(QCサークル活動)の活性化とレベルアップに向けた取組みを行っています。
  9月1日(火)に下記のとおり第271回山形地区小集団改善活動研修会を開催しますので、ご案内いたします。

 

 ◆研修テーマ◆

   ヒューマンエラー対策講座<実践編>

 

 ◆日  時◆

   平成27年9月1日(火) 9:00〜17:00

 

 ◆場  所◆

   さくらんぼタントクルセンター「視聴覚室」(東根市中央一丁目5番1号)
 

 ◆参加費◆

    一般 6,000円/人

    QCサークル賛助会員及び工業会会員 5,000円/人

 

 ◆定  員◆

   50名

 

【詳しくはこちら】
 QCサークル山形地区

 

  ◎申込み方法及び詳細については、
           こちらのチラシをご覧ください →
第271回小集団改善活動研修会チラシ
  (PDF 270KB)

2015.08.03::[メモ/募集]

  QCサークル山形地区では、小集団活動(QCサークル活動)による各企業及び職場の活性化、相互の研鑽による資質向上を図るため、10月15日(木)に下記のとおり第5737回小集団活動改善事例発表会を開催します。この大会で活動の体験談を発表するサークルを募集していますので、ご案内いたします。

 

 ◆日  時◆

   平成27年10月15日(木) 13:00〜17:00

 

 ◆場  所◆

   さくらんぼタントクルセンター「大ホール」(東根市中央一丁目5番1号)

 

 ◆参加費◆

   発表者及びアシスタントの参加費は無料

 

 ◆締 切◆

   平成27年9月4日(金)

 

【詳しくはこちら】
 
QCサークル山形地区

 

  ◎申込み方法及び詳細については、
           こちらのチラシをご覧ください →
第5737回小集団活動改善事例発表会
  (PDF 178KB)

2015.08.03::[メモ/募集]

 ご子弟の在学期間中は、仕送りや授業料などで、家計における教育費の割合が増大します。

 東北労働金庫山形県本部では、地元を大切に考えた教育ローン「ふるさと奨学ローン」をご用意しております。

 また、ご子弟が卒業後に県内に就職・就業した場合は、それ以降の利子に対して、元金300万円を限度として、年2.0%の利子相当分が、公益財団法人山形県勤労者育成教育基金協会より補給されます。

 

◆お使いみち

 入学金や授業料、仕送りなど、ご本人やご親族の方の教育費用

 

◆ご利用いただける方

 (1)県内に1年以上居住または勤務されている方

 (2)原則20歳以上、勤続年数1年以上、前年の税込み年収が150万円以上の方

 (3)東北労働金庫の審査基準を満たされる方

 

◆ご融資金額

 最高 1,000万円

 

◆融資金利(固定金利、保証料込)

 年2.50%〜3.65%

 ※上記金利は、平成27年9月末日までの金利になります。

  10月以降の金利については、東北労働金庫山形県本部にお問い合わせ下さい。

 

◆ご融資期間

 最長10年

 ※据置期間(在学期間中のうち、最長6年間)のご返済期間を含みます。

 

◆担保及び保証

 担保は不要です。ただし、東北労働金庫が定める保証機関の保証が必要です。

 

※期間中、大幅な金利変動により、適用金利を見直す場合があります。

 

【お申込み・お問い合わせはこちら】

 ○公益財団法人山形県勤労者育成教育基金協会

  〒990−0044 山形市木の実町12番37号 大手門パルズ内

   電話:023−635−0101  FAX:023−635−0102

   URL:http://ywea.or.jp/

 

 ○東北労働金庫山形県本部

  〒990−0044 山形市木の実町12番37号 大手門パルズ内

   電話(フリーダイヤル):0120−1919−62

   URL:http://www.tohoku-rokin.or.jp/kariru/krr10_yamagata_001.html


2015.08.03::[メモ/募集]

 厚生労働省及び(一社)日本勤労青少年団体協議会では、働く若者が充実した職業生活を営むとともに、主体的、積極的に社会の一員として活躍することができるよう、また、そうした若者の努力に対しての社会一般の支援を期待して、勤労青少年、勤労青少年福祉行政関係者及び勤労青少年団体などが行う活動の指針として、「勤労青少年の標語」を、毎年、公募を通じて広く募集し、定めています。

 

◆主   催  厚生労働省、(一社)日本勤労青少年団体協議会


◆応 募 先   〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3−37−31 三鷹389 5階A
                     (一社)日本勤労青少年団体協議会
            TEL:0422-29-8071 FAX:0422-29-8025
               メール:info@nikkinkyo.org URL: http://www.nikkinkyo.org


◆規      定   応募者氏名、年齢、性別、職業(学生も可)、住所、電話番号、メールアドレス(ある場合のみ)、
          標語を明記のうえ、メールかFAX又は郵送で応募してください(別紙様式を利用すること
          も可)。
          応募点数は一人10点以内とします(同時応募可)。未発表作品に限ります。


◆資   格    不問


◆  賞     大賞1作品を平成28年の「勤労青少年の標語」として選定し、平成28年の勤労青少年福祉
                     行政推進に当たり、広く活用します。
          また、別途副賞として、(一社)日本勤労青少年団体協議会より
                     大賞(1)=賞金1万円、入選(3)=賞金5000円、佳作(10)名=記念品が贈呈されます。


◆締   切  平成27年10月31日(土)必着


◆発   表  平成27年12月下旬 一般社団法人日本勤労青少年団体協議会のホームページに掲載します。


◆諸 権 利   応募作品の著作権は主催者に帰属し、作品は返却しません。

 

◆募集要項のダウンロードはこちら平成28年「勤労青少年の標語」コンクール作品募集要項(PDF140KB)

 

過去6年間の大賞受賞作品

 


2015.08.03::[メモ/募集]
若者を考えるつどい

今、あなたは働くことについて、どんな想いを抱えていますか。
働く喜び、夢、希望、そして仕事への不安、悩み、意見など
あなたの心からの想いを活字にしてください。
そして、「若者を考えるつどい2015」で発信してください。

 

◆テーマ: 次のテーマの中から1つを選択し、いずれも働くことと関係したエッセイをお寄せください。
  〇笋実現したい仕事の夢
∋笋今の仕事を選んだ理由
仕事・職場・転職から学んだこと
そ性として頑張りたい仕事・働き方
ァ崟こΔ汎本」海外の仕事から学んだこと
  日本の仕事から学んだこと(海外出身の方など)
θ鸚亀雇用・障害者雇用で訴えたいこと
◆締  切: 2015年7月31日(金)必着
◆部  門: 若者の部(15歳以上35歳まで、学生も歓迎)/一般の部(36歳以上)
◆字  数: 本文800字以上1600字以内  選んだテーマ番号と作品の表題をつける。
◆記  載: 氏名、年齢、性別、住所、電話番号、E-mailアドレス
  Wordファイル(A4版)をE-mailに添付、またはスマホ、携帯電話等でメール送信してください。
手書きによる郵送、FAX送信も可(市販の原稿用紙使用)。
作品は未発表のものに限定。作品の著作権は主催者に所属。作品は返却しません。

すべての優秀作品をエッセイ集に掲載し、主催者ホームページにも掲載。
 以上のすべてに同意の上でご応募ください。
◆表  彰 厚生労働大臣賞 副賞 賞金10万円
  厚生労働省職業能力開発局長賞
日本生産性本部会長賞
日本勤労青少年団体協議会会長賞
あすなろ会会長賞
勤労青少年躍進会理事長賞
副賞 賞金 5万円
副賞 賞金  5万円
副賞 賞金 5万円
副賞 賞金 3万円
副賞 賞金 3万円
  ■応募者全員に記念品授与
■10月11日東京の三鷹389で開催する「若者を考えるつどい2015」に応募者をご招待いたします。
■上位受賞者には往復交通費の全額もしくは一部を負担します。

 

チラシのダウンロードはこちらをクリック→ 若者を考えるつどい2015
  (PDF 1,941KB )

 

【問合わせ先はこちら】
 一般社団法人日本勤労青少年団体協議会
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-37-31
 TEL 0422-29-8071  FAX 0422-29-8025
   E-mail:tsudoi@hyper.ocn.ne.jp
   URL:http://www.nikkinkyo.org 

 


2015.07.17::[メモ/募集]
powered by samidare