激レア公衆電話が話題

  • 激レア公衆電話が話題

携帯電話の普及により

めっきり見かける機会が減った緑色の公衆電話

20年前から約5分の1に数を減らしています

 

しぶとく生き残っている機種はアップデートされ、

テレホンカードが使えない代わりに電子マネーに対応しているそうです


先日青森県むつ市で発見され

SNSで話題となったのはこちらの公衆電話

 

「デュエットホン」という、日本に7台しかない貴重な機種

NTTですらどこにあるのか把握できていないんだとか

通常の公衆電話と使い方は同じで、3人で会話ができるそうです

 

レアな公衆電話のさらにレアもの

出会えたらラッキーですね

2020.10.19:kurohaji:[コンテンツ]

「GO TO イート」がスタート

  • 「GO TO イート」がスタート

10月1日からGO TO イートキャンペーンがスタートしました。

 

お得に食事するためには

これから発売されるプレミアム付き食事券を購入するか

飲食予約サイトでのポイント還元を受けることになります。

 

特に注目されているのはポイント還元

昼食だと500円、夕食だと1000円 (1人あたりで最大10人まで)

 

なんと注文金額に関わらず付与されるポイントは一定のため、

例えばディナータイムに1000円以下の食事で済ませても

1000円分のポイント還元が受けられるという仕様。

使わない手はありませんね。

2020.10.12:kurohaji:[コンテンツ]

非接触に役立ちグッズ

  • 非接触に役立ちグッズ

外出先での検温や消毒が

日常になって久しいこの頃

 

スーパーのレジも対面式はガラガラなのに

セルフレジは行列ができていたり

公共の場で皆が触れるタッチパネル・ボタン、手すりなどが、

なんとなく気になってしまいます

 

コロナ禍以後の世界では

非接触であることがなによりも大事となるかもしれません

 

壱岐産業の取り扱い商品にも

こんなお手軽な非接触グッズもあります

ひとつカバンに備えておけば役立ちそうですね

2020.10.05:kurohaji:[コンテンツ]

フードロスをTABETEで削減

  • フードロスをTABETEで削減


緊急事態宣言による食品余り、またそれに対する

取り組みはコロナ禍での一大トピックとなりました。


支援の気持ちから、はたまた安く美味しいものが食べれるからと、

通販サイトで食品のお取り寄せをした方も多いでしょう。

 

本来食べることができる食品を、何らかの理由で廃棄することを

フードロスと言います。

それを防ぐための取り組みの一つに

フードシェアリングサービスの「TABETE」があります。

 

TABETEの加盟店で料理の余りが出たならば、

それをインターネットにて注文し、

通常よりも安い価格でテイクアウトすることができるのです。

お店まで取りに行く必要はありますが、フードロス削減の

素晴らしいサービスですね。

 

とはいえ東北ではまだまだ加盟店はわずか

もっと加盟店が増えて、使いやすくなってほしいですね。

2020.09.28:kurohaji:[コンテンツ]

方向音痴におすすめアプリ

  • 方向音痴におすすめアプリ

テレビで紹介されていた「Waaaaay!」というアプリ

方向音痴のために作られたアプリだそうです。

 

初めていく場所で、スマホで地図を見ながら歩いていても

気が付けば目的地と逆方向に…なんてことがあります。

 

地図が読めない、どの方向に行けばいいかわからない

そんな方向音痴のために

このアプリでは目的地を設定すると

地図は表示されず、コンパスのように目的地の方向

そして残りの距離のみを表示します。

下手に情報が多いよりはシンプルな方が

わかりやすくて良いんですね。

レビューを見ると評判も良い

今度初めての場所に行ったら使ってみましょう。

2020.09.14:kurohaji:[コンテンツ]