米っ粉クラブ

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
「【参加者募集】11/9追加開催決定!ベーカリー向け米粉パン製造技術研修」の画像

おかげをもちまして、10月19日開催分が満席になりましたので、

同じ内容で、11月9日(水)に追加開催いたします!

ぜひ、県内の米粉パンの商品化を目指す皆様にご参加いただければ幸いです。

 

米どころ山形の米粉を使ったおいしい米粉パンを、より多くの県内のベーカリー、農産加工事業者等に商品化していただくことは、県産米の多様な消費を拡大することにつながります。しかし、米粉パンならではの製造の難しさも課題の一つです。

そこで、様々な米粉の配合比率別の製造技術のコツなどを、米粉パン製造の第一人者に具体的に学び、商品開発を目指すための研修会を開催します。

ぜひ、多くの方々に御参加いただき、商品開発の一助としていただけますと幸いです。

詳細はチラシをご覧ください。

 

【概要】

■開催日時:令和4年11月9日(水)13:00〜16:00

■会場:柴田原料株式会社講習室(山形市松栄1-5-25)

■対象者:県内で米粉パン・米粉菓子の商品化を目指す方(定員20名)

■講師:実践・ベーカリーサポートTAKU代表 寺本 卓雄 氏

■内容:

  1 調理実技研修 寺本卓雄氏

    ・クロワッサン生地(米粉80%+グルテン20%)

    ・菓子パン(米粉50%+小麦粉50%)

    ・食パン(米粉25%+小麦粉75%)

    ・ソフトフランス(米粉15%+小麦粉85%)

    ・フランスパン(米粉10%+小麦粉90%)

    ・焼き菓子(米粉100%)

   2 総論講演 「今なぜ、米粉か」 日本米粉協会アドバイザー 高橋仙一郎氏

 

【問合せ・申込先】

  山形県利用拡大“米粉チャレンジ”事業実行委員会(シー・キャド蠧癲

  電話:023-626-3330 FAX:023-655-6018

549.9KB - PDF ダウンロード

【10月11日追記】

  • おかげをもちまして、10月19日開催分については、定員に達しましたので募集を終了いたします。
  • 次回、11月上旬に開催予定です。詳細が決まり次第お知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

米どころ山形の米粉を使ったおいしい米粉パンを、より多くの県内のベーカリー、農産加工事業者等に商品化していただくことは、県産米の多様な消費を拡大することにつながります。しかし、米粉パンならではの製造の難しさも課題の一つです。

そこで、様々な米粉の配合比率別の製造技術のコツなどを、米粉パン製造の第一人者に具体的に学び、商品開発を目指すための研修会を開催します。

ぜひ、多くの方々に御参加いただき、商品開発の一助としていただけますと幸いです。

詳細はチラシをご覧ください。

 

【概要】

■開催日時:令和4年10月19日(水)13:00〜16:00

■会場:柴田原料株式会社講習室(山形市松栄1-5-25)

■対象者:県内で米粉パン・米粉菓子の商品化を目指す方(定員20名)

■講師:実践・ベーカリーサポートTAKU代表 寺本 卓雄 氏

■内容:

  1 調理実技研修 寺本卓雄氏

    ・クロワッサン生地(米粉80%+グルテン20%)

    ・菓子パン(米粉50%+小麦粉50%)

    ・食パン(米粉25%+小麦粉75%)

    ・ソフトフランス(米粉15%+小麦粉85%)

    ・フランスパン(米粉10%+小麦粉90%)

    ・焼き菓子(米粉100%)

   2 総論講演 「今なぜ、米粉か」 日本米粉協会アドバイザー 高橋仙一郎氏

 

【問合せ・申込先】

  山形県利用拡大“米粉チャレンジ”事業実行委員会(シー・キャド蠧癲

  電話:023-626-3330 FAX:023-655-6018

山形県では、県産米粉の消費拡大と、山形県の「食」や「農林水産業」について考え、地産地消への関心を深める契機とするため、県内の高校生を対象に県産米粉と県産農林水産物を活用した優秀な商品企画を顕彰し、民間企業の協力を得て商品化するプロジェクトを実施しています。

 

8月2日(火)に開催した「高校生山形のうまいもの米粉商品開発コンテスト」最終選考会の結果について、山形県ホームページに掲載しましたのでご覧ください。

⇒ 高校生山形のうまいもの商品開発プロジェクト | 山形県 (pref.yamagata.jp)

2022.08.26:事務局:[メモ/]
2022.08.26:事務局:[メモ/]
powered by samidare