HOME > 記事一覧

~木材検査~

  • ~木材検査~
全国に緊急事態宣言が発令されましたが、最低7割

現状況の中では接触を避けるのは、まだまだ難しいのが

現実ではないでしょうか。自分のできる限り自粛をし

呼びかけ合うようにしていきます。

弊社でも現場含めてマスク着用と手消毒を呼び掛けて

居ります。体温を測ってからの現場入りも合わせて

お願いしながら弊社からは感染者を出さずお客様に迷惑を

掛けないように対策していきます。





本日は新築現場の材木検査を掲載致します。

弊社では構造体のプレカットを行う前に木材の含水率や

材木の質が一定の基準をクリアしているか弊社ながらの

検査を行っています。含水率に関しては測定器を利用し

基準クリアしているかを確認します。また、目視で水分を

多く含んでいそうなものに関しては手で持ち上げて測定器

だけに頼らずに確認してます。

木材には木目があるわけですがその木目の流れなどを見て

あきらかに木目が曲がっている木材やひねりそうな木材、

大きな割れのある木材に関しては交換してもらうように

しています。
2020.04.17:kg-sinji:コメント(0):[コンテンツ]

~遣り方~

  • ~遣り方~
天候は春らしくなり明るくなっていますが

世の情勢は曇ったままでモチベーションを高く持つ

ことが難しいですが、明るい将来に向けて毎日を

大事に生きなければと思っているところです。





今回は着工初めの「遣り方(やりかた)」を

ご紹介したいと思います。

事前に土地の調査を基にお客様と打合せをして設計を

行い敷地の中に建物の位置を出すのが遣り方です。

弊社では管理者との打合せを基に従業員大工さんに

図面通りに位置を出して頂いて、施工完了後、

担当管理者と担当外監査役のダブルチェックを行って

おります。

この「遣り方」を基に基礎屋さんに基礎工事を行って

頂きます。基礎工事が完了してしまうと位置の変更等は

できませんので最初の大事な工事となります。

2020.04.02:kg-sinji:コメント(0):[コンテンツ]

~太陽光カーポート~

  • ~太陽光カーポート~
新型コロナウィルスの影響は世界各地で反響を

留めることなく続いていますね。

弊社でもお客様に対して住宅設備機器納入遅延

や納入見通しがつかない商品等がありご迷惑を

お掛けすることをご了承いただくような形となって

いるところです。できる限りの最善を尽くしお客様に

少しでも早くに引き渡せられますようにしていきます。






今回は間もなく弊社の「よいにわ」の商品に掲載します

太陽光カーポートをご紹介します。

これまでは住宅屋根への太陽光パネル設置が主では

ありましたが住宅外観デザイン的な問題や保証期間外の

メンテナンスに掛かる費用のリスク等を懸念しカーポートへ

太陽光発電パネル設置する方が増えてきています。

良い点とリスクある点はもちろんありますが、作業の手が届く

範囲内に太陽光パネルあることは維持費用としてはかなり

削減できると思いますのでご検討ください。
2020.03.17:kg-sinji:コメント(0):[コンテンツ]

~構造内覧会~

  • ~構造内覧会~
新型コロナウィルスの影響は身近になり皆様にも

ご不便をおかけすることが多くなってまいりました。

巷では、いろんなイベント等も自粛中止する傾向も

あり前向きな情勢がいつ戻るのか心配される所です。









今回はイベント中止をされる中ではあります弊社

ホームページトップに掲載されていますが3月8日の

構造内覧会の掲載したいと思います。

完成内覧会は多く開催していますが構造についての内覧会は

少ないので是非この機会に御参加頂きまして安心安全な

建物を提供できる場として案内できればと思いますので

よろしくお願いします。

仕上げられる前の構造は生で見る機会があることによって

理解を深めた自分の家を知ることにもなり想像も

しやすくなりますよ。
2020.02.29:kg-sinji:コメント(0):[コンテンツ]

~基礎鉄筋検査~

  • ~基礎鉄筋検査~
今期は雪が降らずに困っている方が多いのでは

ないでしょうか。

弊社でも駐車場の除雪や屋根の雪下ろしを請け負って

いますので多少の影響はありますが冬に雪が降らないと

仕事がない方は大ダメージですよね。

こんな年もあることを想定して冬仕事の計画を

たてないといけないことを実感するところです。






今日は基礎の検査を掲載したいと思います。

現状、基礎コンクリートの中には鉄筋が組まれている

のですが、昭和56年以前の建物の基礎には法律上で

鉄筋を入れることが義務化されていなかったので

入っていない住宅や擁壁等があるのです。

大きな地震が来た時に耐力的に耐え切れず崩れること

ありますので確認しておく必要があります。

こんな機械で鉄筋がどこに入っているかが検査すること

ができますので不安な方はご相談ください。






今では写真のように一定の間隔で鉄筋が組まれた後に

コンクリートを流し込んで固めます。
2020.02.13:kg-sinji:コメント(0):[コンテンツ]