6月13日(日)     殉職

知人の滋賀県の住宅会社のK社長が亡くなったという知らせが届いた。

朝の会社の事務所の中で倒れているところを出社した社員から発見されたそうです。



死因は心筋梗塞だそうです。




53才です。



何度もお会いして、関西人独特のユーモアというか感性というか面白い社長でした。


ヘアーの前頭葉部分がちょっと寂しくなっていたので、

どうみても60台だと勝手に勘違いしていたのですが、

自分よりずっと若い53才だったとはショックです。



友人に聞いたところ、

毎朝、5時に会社にいって仕事をして、

夜は11時、12時まで働いていたそうです。


過労死ですよね。


でも不思議なことに日本の法律には経営者に対しては過労死ということは適応になりません。

従業員なら過労死は当然に認定されるのに、

24時間働いているような状況でも経営者は日本の国は保護してはくれません。


自分自身で生命保険に入っていないかぎり、

何の保証もありません。


逆にK社長の場合、

20数名の社員の今後のことまで、

死んでまでどうするのよと責任を負われかねないような時代です。



自分の人生をすべて会社のために費やして、
子供たち成人することなく亡くなったこのK社長。

それにこの国家はセーフティーネットどころか、
事業資金の借金で遺族に自宅を出て行けという状況があすあす現実のものとなります。


今の日本、

起業するような若者はいません。

1000円のテーシャツでも買いたくないというようなことをテレビでやっていました。

もう、満腹だからチャレンジしてリスクを冒したくないとう若者ばかり、

これからの日本はどうなってしまうのか。



経営者という立場に人生のポジションを置いたばかりに、

厳しくつらい人生が待っているとしたら、

そんな日本の未来はどんなことになるのでしょう。


カン首相は福祉で雇用を増やす、経済に活気をもたらすなどと、
あほくさいことを言っていますが、

資源のないこの日本で、

内需で、自分の金を家族で使いまわすようなはっそうで、
その家族の生計が立つわけも無い。


資源を輸入しているわが国であれば、

外貨をどっかからかせげないと日本は成り立ちません。


看護で金を産み出すなどというような経済おんちが首相ではどんなもんかなぁとも思いますが、


日本の経済が、このような滋賀県のk工務店のような戦士に支えられていることはだれも注目しません。



ただ、責任感で自分の人生を燃やし尽くした彼のご冥福をお祈りします。

あまりにも悲しい。


PS:彼のブログの最終記述は、

先祖の墓参りの写真と書き込みでした。


絶句しました。

河村社長のご冥福をお祈りします。

事務所を移転しました

事務所を移転しました。
ここに移転しました。

この度、山形新聞社の平清水展示場から退展し、材木屋創業の地である上山に事務所を移転することになりましたのでここにお知らせいたします。


“百年に一度の経済危機”などと呼ばれる昨今であります。
住宅業界もご多分にもれず非常に厳しい経営環境にあります。

加えて少子高齢化という住宅業界を取り巻く時代の流れにかつて180万戸もの住宅が建った時代から、今年は100万戸を割るのではないかという状況になっております。
山形県単位での状況はもっと厳しく、住宅の着工が半減している現状になっています。

昭和63年にかみのやま木材の住宅事業部として事業を始めて以来、このような厳しい時代は経験したことがありません。


当社も平成9年に山形新聞社の住宅展示場に出展させていただいて長年にわたって総合展示場での営業というスタイルを取って来ました。
確かにそれ以前の単独展示場よりは集客の面で利点はありました。

その後、売上を上げるという初期の目的は達して来ましたが、ここ数年来の住宅着工の激減により山形新聞社の総合展示場への出展コストの受注一戸当たりの負担増という状況になってまいりました。
この出展費用は結果的にはお客様の負担という形になるわけで、それが価格への影響を及ぼすことになってきたのです。

大手メーカーの高価格帯の住宅であればその分、コストも吸収出来るのでしょうが、当社の提供している価格帯の住宅ではコストを吸収しきれなくなりました。

高額の出展料に対応するためには大手メーカーさんのように3割から4割もの利益を確保しなければならなく、地元の低価格で住宅を提供する私どもには吸収できない問題になってしまいました。


経営というのは時代と共に変化して行かなければ残って行けません。

住宅が建たなくなりサッシメーカーの№1メーカーのトステムでさえ日本国内の工場を閉鎖してタイに工場をどんどん移管しています。
受注が減ったと歎いてみてもなんともならないのです。
トステムのように時代の変化に対応して経営していくしかないのです。

そういう意味で、この時代を乗り切るために企業規模を縮小しながら経費を削減してしっかりとこの“100年に一度の経済危機”と言われる時代を乗り切って行こうと思います。


今、当社では“原価公開による家づくり”というものを提唱しております。
住宅の価格の不明朗さを排して原価と利益を明確にして、お客様の価格に対する不信感を取り除き、かけひきなど不要な家づくりをしていこうというものです。

住宅業界は“素人”のお客様に対して不十分な情報で自分達の都合の良いように商売しようという部分がありましたが、このような時代にそのような自分勝手なやり方が支持されるわけがありません。

高額な経費を誰がいくら負担するのか明確になってないとお客様は納得出来ないのです。
そういう意味からも、今後の住宅業界は変革していかないとお客様から見放されてしまいます。
誰もが安心して家づくりが出来るようなシステムが“原価公開による家づくり”だと私は自負しております。


創業の地、上山に戻り原点に立ち、住宅業界の常識を変えていき、これからの家づくりのスタンダードとなる“原価公開の家づくり”を推し進めて行きたいと意を新たにしたところです。

事務所はかみのやま温泉街にありますので、足湯や100円温泉などに入りながらお寄りいただければ幸いです。

かみのやま木材(株)
カミモホーム        代表取締役 向井誠

大きな地図で見る

事務所移転のお知らせ

長年、山形に事務所を置いていましたが、

この度、材木屋創業の地、上山に移転しました。

今後ともよろしくお願いします。

新住所  999-3142 山形県上山市沢丁6-18-2

電話 023-674-0416
FAX 023-674-0427
ここです(^^)/~~~ 地図

□【アルパ】   

そんなに素晴らしいの外断熱?

  • そんなに素晴らしいの外断熱?
最近、断熱方法は「外断熱」しか無いような表現をする住宅会社があります。


私共も20年近く前に「外断熱」をやっていた経過があるから、

その良さを必ずしも否定するものではありませんが、

最近の業界を見ていると過剰に、それしかないような錯覚を起こさせるような表現が目立ちます。



何でもメリットがあればデメリットもあるものなのです。


メリットだけ誇張してデメリットを伝えないというのはフェアでありません。



私共の経験から「外断熱」をやっている住宅会社の伝えないデメリットをお話しましょう。

もちろん「外断熱」の非難ではありません。



基本的に外断熱が必要なのは、鉄筋コンクリートや鉄骨造りの建物だということです。

鉄筋コンクリートの建物ですと内壁にいくら断熱材を入れても床部分から熱が逃げて結露してしまうので外側から構造体をすっぽりと断熱するのが最適なのです。

もちろん構造体自身が畜熱しますから効率も良いのです。



しかし、木造住宅の場合、鉄筋コンクリートほどの畜熱効果は各社が言うほど期待できないというのが私共の実感でした。

あと心配なのは難燃性の問題です。


外断熱に使われる断熱材で多いのはポリスチレンやウレタンですが、

隣家が火事になったりすると溶け出したり、ウレタンの場合は燃焼する心配があります。


難燃性のウレタンボードもありますが、そのへんも大きな心配です。

外部がなんともなくても裏で断熱材が溶けているということも考えられるのです。



それに外断熱だと断熱性能を上げるのには限界があるということです。


柱の外部に断熱材を釘などで固定していきますが、

断熱材そのものが硬い素材で無いので厚すぎると釘が効かない恐れがあるのです。


断熱材と外壁の間に通気層を取り、外壁を張りますので、

重たい外壁財を貼りますから、

大地震がきたら、外断熱住宅のかなりの外壁が構造体からはがれる恐れがあります。

事実、十勝沖地震でそういう現象が見られました。



それ以外にも防音性の問題があります。

内断熱であればグラスウールなどを使いますから吸音性は比較的問題無いのですが、

外断熱の板状の断熱材の場合、どうしても吸音性に劣るのです。


外部の音が聞こえやすいということは、内部の音ももれやすいということになります。

音の問題はあまり言われませんが人によってはかなり気になるという方もいらっしゃると思います。



外断熱は施工が簡単のように見えますが、

サッシやバルコニーなどの部材との取り合いや軒の部分、

二階建ての二階のない部分の一回屋根と二階の壁がぶつかる部分の収まりなど、

内断熱と比べると、より高度な施工技術が必要になります。


現場で一棟一棟手作りの住宅の場合、その部分をおろそかに施工すると気密性が格段に下がります。

しっかりと施工技術がひとつひとつの現場で確保されていなければ心肺です。



などなど、「外断熱」は「内断熱」より格段に素晴らしいというほど単純なものでもないのです。



断熱材を内断熱にするか外断熱にするか、

確かに構造体をすっぽりと包んでしまう外断熱の方が断熱性能の均一化を図りやすく、

内部結露防止の観点からも有利な方法と言えますが、

しかし、内断熱であっても正しい方法で施工されれば、所定の性能は達成できるので、

なにがなんでも外断熱というわけでもないんじゃないかなぁ~というのが当社の見解です。



どんな話でもメリットがあればデメリットもあるということですよね。
2009.03.10:kamimo:コメント(0):[□スタッフレポート]