夏の暑さや冷房費を左右するηA( イータエー)値

ηA( イータエー)値とは、冷房期に建物にどれくらい熱が入ってくるかを表す指標です。

これまでμ(ミュー)値という数値でしたが、改正省エネ基準では、ηA( イータエー)値に変更になりました。

μ(ミュー)値もηA( イータエー)値も、その意味合いは同じで、冷房を必要とする時期に、どれだけ室内に日射熱が入ってくるかを測る指標となりますので、少ないほうが暑くなりにくく、冷房の負荷も小さくなります。

壁や屋根の断熱もさることながら、日射熱に関しては、開口部の設計(ガラス種類、方位毎の配置、大きさ、庇等の日射遮蔽物の有無) によって、数値は大きく変わります。

宮城県の場合は、4地域で、さほど日射の影響が大きくないとされ、省エネ基準では、ηAの規定がありませんが、消費エネルギーの計算をする場合は、このηA( イータエー)値もカウントしなければなりません。

ηA値は、一般のユーザーの皆さんは、あまり詳しく勉強をする必要のない数値ではありますが、ご自身の住いの数値がどの位のηA( イータエー)値かは、夏の日射の影響による室温の上昇や冷房負荷を把握するために、知っておいて損はないと思います。



ご覧の通り、5地区の関東では3.0以下という基準が設けられていますので、宮城でも、この数値が大まかな基準レベルとなります。

ちなみに、弊社の外断熱の家では、外断熱の遮熱効果に加え、樹脂ダブルLOW-Eのトリプルガラス(空気層にはアルゴンガス)を採用することで、概ね1.4前後の数値で、関東基準の2倍以上の性能値で、単純に夏の冷房負荷も半分以下に抑えられるのです。

通常、断熱の性能値を上げたり、日射の取得熱を抑えるために、窓を小さくしたり、少なくするのが、一般的で、昨今の新築ではこうした家が多く見られます。

作り手側にすれば、窓を小さくすることは、数値を良くみせつつも、コストダウンにもつながる手法でもあります。

弊社では、基本性能の高さから、こうした小手先とも言える方法をとらずとも、冬も夏も省エネで快適な住まいが実現します。

「違いのわかる夏」というのは、ソーラーサーキットの夏のキャッチコピーですが、こうした性能の裏付けにプラスして、高レベルな気密と地熱・二重通気と衣替えする換気の効果によって、計算値以上の性能を発揮するからこそエアコンに頼らない住まいが実現するのです。



この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。