手抜きが出来ない外断熱の家

内断熱の場合、壁の中・小屋裏にグラスウールなどの吸水性の高い断熱材を充填し、室内側には防湿フィルムを張って、構造の内側をふさいでしまいます。

仮の話ではありますが、こうした住宅で、雨漏りが発生したらどうでしょう。

少々、逆説的な話にはなりますが、気密・断熱のレベルが高ければ高いほど、ちょっとやそっとの雨漏りは、発見されることはなくそのまま誰も気づかずに放置され、気づいた時には構造が腐れ大きな被害につながってしまうのです。

最近の新築住宅で、雨漏りなんて、そうないのではと思ってらっしゃる方も多いと思いますが、新築後、わずか2.3年で雨漏り被害にあい、犠牲を強いられているお客様は、驚くほど多いのが建築業界の現実です。

特に、ローコストメーカーやパワービルダーが中心の業界では、コストを抑えるために、価格の安い下請け業者を使い、一人の現場監督で10棟も20棟も担当させられ、工期どうりに完成させるのに手いっぱいで、まともな施工管理がなされていないケースも多いので注意が必要です。






このグラフは、住宅瑕疵担保責任保険を取り扱う、財団法人住宅保証機構の平成25年度における保険事故の発生部位の割合を表したグラフですが、事故発生の実に95.6%が壁や屋根からの雨水侵入による雨漏り事故になっています。こうした事故は住宅保証機構の対応分だけで、年間1,000件以上ありその他の保険法人の取り扱い分や問題化や表面化しない事故を合わせれば、この何倍もの事故が発生していることを認識しなければならないのです。

※ 事故原因が雨漏りよるものなのか、内部結露によるものなのかの判別が難しいケースも多々あり、もし原因が内部結露の場合は、保険金支払いの対象にはならないので、内部結露対策にも十分注意が必要です。

昨今、太陽光の容量を上げるための片流れの住宅や、デザイナー住宅と称して、軒の出が少ない住宅も多くなってきたこともあり、雨漏りは増加傾向にあり、入念な防水処理が必要となります。

しかし、防水には、当然ながら耐用年数もあり、瑕疵担保の保証期間はわずか10年だということも理解しなければなりません。

わが国では、頻繁に地震も発生し、毎年襲ってくる台風もあり、昨今の異常気象によって、想定外の豪雨被害なども、全国各地で発生しています。

外壁のコーキングの僅かの隙間やバルコニーやサッシ周りの防水の施工不良によって、風雨が吹き込み、いい加減な防水シートの施工によって、壁体内への雨水の侵入するケースは結構多いのです。



一方、外断熱の家の場合は、構造の外側で気密工事を実施するので、雨水の侵入を構造の外側でしっかりガードする構造となります。

また多くのお客様が吹き抜けや小屋裏・壁の中を有効に活用するケースが多く、これまでは見えなかった部分、隠されていた部分が直接、ご自身の目で確認できる状態となり、万が一雨漏り等が発生したら、たちまち発見することが可能となります。

また、たとえこうした空間を利用しなくても、建物の内側には内装材があるだけで、雨漏りが発生すればすぐ表面にしみなどが表れてくるようになるというわけです。

当然、職人さんはより丁寧な仕事をし、施工の管理もより慎重となり、必然的に安心・安全な住まいが完成するというわけです。

言うなれば、外断熱の建物はこれまでは見過ごされがちだった、施工不良や手抜き・いい加減な工事などのごまかしのきかない建物と言えるのです。