十二人の死にたい子供たち

先日、十二人の死にたい子供たちを観ました。

レンタルしてきて観たのだが、まさかまさかのラストだったな。元々、原作やストーリーなどを全然わからずだったんだけど、想像では次々と死んでいき、最後、全滅か、それとも一人二人生き残る展開なのかと思っていたけど、そういうのとも違った内容で新鮮だったな。最後、あんな風になるとは思わなかった、まぁ、本当終わり際ぎりぎりのところでそうなるのかなと思ったりもしたけど、ちょっと予想外だった。

それにしても、みんな観察力半端ない。よく細かく見ているし、覚えているなと、そして、よくあそこまで推理できたなとそれにびっくり。まぁ、映画だからといったら終わりだけど、自分ももう少しいろいろと見て考えたいなと思った。

そして、びっくりしたのが観たあと、テレビでも放送するって知ったこと(^_^;)それがわかっていたらレンタルしなかったのに~。でも、まぁ、面白かったからいいか。

映画ってほんとうにいいものですね~

2020.01.31:[映画]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。