大沼破産

全国でも3番目に歴史がある百貨店、大沼が閉店した。

経営再建が難航している、苦しんでいるとは思っていたので、いつそうなってもおかしくはない、驚きはないと思っていたけど、いざ、そうなってみると、やはり残念。昨年の8月に米沢店が閉店したけど、そのときは前もって閉店の日にちがわかっていたので、衝撃を受けつつも心の準備もできたので、まだある意味見送れたけど、今回はいきなりのこと。お客様、中でも、注文しているお客様、従業員の方、関係業者の方、その他関係者の方々は本当に大変だと思う。そういった中での対応はまだドタバタ感は残るんだろうな~。

元々百貨店というビジネスモデルの限界もあったし、それでも、七日町の活性化の中で、大きな役割がある存在でもあったけど、今後、いよいよ商店街活性化どうしていくのかは重要な局面になっていくのかなと思う。

この余波はまだまだ続くし、なかなかポジティブになりづらい状況だけど、うまく切り替えて新しい視点から考えていければいいな。

 

 

2020.01.28:juhoen:[日々の活動・思うこと]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。