ハードスケジュール

ACLもいよいよクライマックスを迎える。

リーグ戦と並行しながら戦わなければならない日程なので、選手層、チーム全体の力が問われる。そんな中、鹿島アントラーズはついに決勝戦までたどりついた。

しかし、一方、リーグ戦では苦戦する時期が続いたため、ACL出場資格を得られる3位以内に入れるかどうか瀬戸際の戦いが続く。

仮にACLを優勝しても、翌年のACLに出場できるかどうかは別問題なので、ACLも大事だし、リーグ戦も大事、なのに、週の真ん中にリーグ戦、週末にACL決勝戦が二週続くのはきつくないか!?

ACLも決勝戦だから負けられないし、リーグ戦も3位以内に入るためにもう負けられない。そんな状況の中のこのスケジュールは客観的にみても、今後考えないといけない課題だろう。

JリーグのチームがACLで好成績を収めてほしいし、かといって、そのせいでリーグ戦で力を発揮できなかったってのもつらい。

まぁ、そんな課題がありつつも、鹿島はセレッソ大阪戦を若手主体のチームで挑み、勝利した。これは単純に上位にいくため、大きいし、チーム全体の底上げという意味でも大きいのではないか。この結果がACLを戦うであろう主力の選手にも大きな励みになると思う。

いよいよ決勝戦楽しみだな。

2018.11.01:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。