原子爆弾

毎年8月6日、8月9日を迎えると、原子爆弾について考えさせられる。

本来は常に考えないといけない大きなトピックスなのだけど、この時期、いろんなニュースが出るので、意識が高まる。

個々のいろんな話の記事を読むと、ほんのちょっとしたこと、例えば、学校に行ったか行かなかったかが生死を分ける、今では考えられないことが起きたことにびっくりする。いや、当時の人でも、驚いただろうけど、気がついたときはもう地獄絵のようだったこと、いろんな記事を読んで想像してもイメージできにくいそんな世界だったこと、そんなことは繰り返してはいけないと思う。

あれから時代は流れたけど、戦争や局地的な戦いは終わらないし、原子爆弾はなくならず、それどころかパワーアップしている。

この兵器をどうしていかないといけないのか、未来への大きな課題だろう。

2018.08.09:juhoen:[日々の活動・思うこと]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。