J2 第27節 vs 京都サンガ

昨日はJ2第27節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーの京都サンガと対戦し、0-1で敗れました。

順位は10位です。

 

最下位に沈んでいる京都だけど、勝利して降格圏内を脱出しようと強い気持ちで向かっていく。それがいきなり結果に出る。ゴール前の混戦からこぼれたボールをレンゾ・ロペスが押し込み、失点。こぼれたボールの場所が良くなく、アンラッキーなゴールだったな。その後、徐々に山形がボールを持ち始めると、京都ゴールに迫っていく。巧みなボール回しからフリーでNO.16小林選手がシュートを撃つ場面があったけど、枠をはずしてしまう。そして、前半終了となった。

後半に入ると、京都がチャンスを作り始める。ゴール前で混戦の中、もうちょっとで押し込めるというシーンを作ったりもするもぎりぎりのところで跳ね返す。選手交代をしながらチャンスを作ろうとするも、終盤は危険なシーンも作られる。巧みなトラップで抜け出した闘莉王がゴールに迫るもPKになるかもしれないようなぎりぎりのプレイで守る。闘莉王が退場になったりするものの、ゴールできず、試合終了となった。

 

良い攻撃もあったけど、守備でちょっと危険なシーンがあって、もう少し失点してもおかしくない場面もあった。今まで出ていた選手でなかったり、新しい選手も入ってきたり、新しい組み合わせだったりで難しい状況もあるけど、うまくフィットしてこれからまた勝ち進んでほしいね。

 

次の試合は11日(土)、ホームで東京ヴェルディと対戦です。

県民応援デーということで、先着15,000人のサポユニプレゼントやいろんなゲストが登場したりと試合を盛り上げるいろんな取り組みがあるので、ぜひ、行ってみてください~~

 

2018.08.05:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。