ロシアワールドカップ2018 vs セネガル

日本代表は予選リーグ第2試合、セネガルと対戦し、2-2で引き分け、勝ち点1をゲットしました。

 

ポーランドを破り、勢いのあるセネガルとの対戦ということで、お互いに一勝ずつしているので、この試合に勝ったほうが予選突破に非常に近づく試合。

お互いに慎重な立ち上がりを見せていたが、二つのミスが重なり、ゴールが生まれる。セネガルのクロスを原口がバックヘッドしたのが、セネガルの選手へのパスになってしまい、そこからのボールに川島がパンチングをしたのが、正面にいたセネガルの選手に当たり、ゴールに入ってしまう。原口のクリアミスもあったし、川島のアクションも悪かったしと、このレベルでのミスはそのまま失点につながってしまうというシーンだった。しかし、日本も徐々に反撃を開始する。ボールを持ち始めると、セネガルゴールに迫る。すると、左サイドでボールを受けた長友が一時相手にとられそうになるも乾にボールをつなぎ、乾がシュートを放つと、ゴールに入る。良いコースに入ったな。そして、前半終了となる。

後半もお互い一進一退の攻防は続くが、徐々に日本のペースになっていく。右サイドの柴崎にボールが来ると、それをダイレクトに低くゴール前に送るが、大迫は合わせ切れず、チャンスを逃してしまう。すると、、ゴール前でボールを持ったセネガルが中央にボールを送ると、中央では合わせられなかったが、ファーに走り込んだ選手がボールに合わせ、強烈なシュートを撃ち、ゴールを決める。敵ながら豪快な一発だった、あれは止められないな。なんとか追いつこうと、選手交代をすると、その選手が結果を出す。右サイドからのクロスに岡崎が合わせようとするも、合わず、流れたボールを乾が持つと、中央にボールを送る。それを本田が合わせ、ゴール☆GKが飛び出していたが、DFがカバーに入っていたので、簡単なシーンではなかったけど、よく決めてくれた。そして、試合終了となった。

 

どっちに転んでもおかしくないゲームだったけど、なんとか勝ちたかったな。結果は妥当かもしれないけど、ここで決めたらいろいろ楽になったので、残念だけど、次のポーランド戦、気を引き締めてがんばってほしいね。それにしても、セネガルはここぞというときのパワーがすごいね。力みすぎてシュートが吹かしてしまうこともあったけど、強敵だった。

コロンビア対ポーランド戦がコロンビアが勝利したため、ポーランドの予選敗退が決まった。日本、セネガル、コロンビア、この予選リーグ、どの国が突破するのか、次の試合、要チェックですよ。

2018.06.27:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。