J2 第18節 vs ジェフ千葉

先日、J2第18節が行われました。

モンテディオ山形はホームでジェフ千葉と対戦し、2-1で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を24としました。

順位は11位です。

 

強風の中の試合となった。千葉はボールをつないで攻めるも、パスミスから山形がCKを獲得すると、NO.4三鬼選手が蹴ったボールをNO.11阪野選手がヘディングシュートを撃ち、相手に当たりながら枠に入り、ゴール☆良いコースにボールが入ったな。その後は千葉が攻めるも、山形が粘り強い守備を見せ、ゴールを守り、前半終了となる。

後半に入っても千葉の攻勢は続くが、山形は追加点を取る。FKから三鬼選手が蹴ったボールを阪野選手がヘディングシュートを撃ち、ゴール☆相手のマークを外した時点である意味勝負ありだったな。その後は千葉が押し込む展開となり、終盤ラリベイのヘディングシュートで失点する。終了間際、NO.25汰木選手がドリブルで切り込み、相手DFのブロックをかわして角度のないところからシュートを撃つも、防がれてしまう。そして、試合終了となった。

 

千葉の動きながらボールを回していくスタイルはすごくいいんだけど、順位が上がっていかないのは細かいミスがあるからだろう。それでも、そのスタイルを崩さずやり続けるところに産みの苦しさがあるのかなと思うけど、DFラインでのミスはきついね。そこが得点力はあっても、失点も多い部分なのだろう。ただ、面白いサッカーではあるので、続けてほしいね。一方の山形はかなりボール保持率に差がついたけど、すごく現実的に戦ったと思う。そして、セットプレイでゴールできたのは大きいね。これからもセットプレイで得点できるようになりたいね。

 

次の試合は16日(土)、アウエーでヴァンフォーレ甲府と対戦です。

このまま勝ち続けて順位を上げていきたいね。

2018.06.10:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。