J2 第13節 vs アルビレックス新潟

先日、J2第13節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーでアルビレックス新潟と対戦し、0-0で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を17としました。

順位は19位です。

 

J1から降格し、今季からJ2で戦う新潟との対戦。

手堅い戦い方になったこの試合、新潟はターレスを中心に攻めていく。新潟、山形、新潟と流れが変わりながらも、新潟は裏のスペースを狙っていく。オフサイドのシーンがあったりと、危険な部分がありながらもお互い決定的なチャンスを作らせず、前半終了となる。

後半に入っても、新潟の攻めは続く。スピードのある前線の選手がそろう新潟に対して粘り強く守備をしてこらえながら終盤になる。試合終了間際、右サイドからのクロスにNO.39中山選手がヘディングで合わせるも、バーを叩く。さらにCKから中山選手が再度ヘディングシュートを放つもGKに防がれ、得点できず、試合終了となった。

 

守備で粘りながら最後にビッグチャンスを迎えたまでは良かったけど、仕留めることができなかったな。試合の持っていきかたとしてはよかったけど、決めきることができないところが現在の順位を表わしているのかと思う。戦い方としては悪くないと思うので、引き続き、このまま守備で耐えながらがんばってほしい。

 

次の試合は27日(日)、ホームでツエーゲン金沢と対戦です。

14位のチームながら勝利すれば上の順位にいけるので、ぜひ、勝ち点3をとってほしいね。

2018.05.21:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。