J2 第14節 vs 大宮アルディージャ

先日、J2第14節が行われました。

モンテディオ山形はホームで大宮アルディージャと対戦し、1-1で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を16としました。

順位は19位です。

 

J1降格し、今季J2で戦っている大宮と対戦、これから浮上していくためのきっかけとしたいところ。いきなりCKをゲットしてチャンスを作るも、その後は徐々に大宮ペースとなっていくが、お互いシュートチャンスを作ることができず、堅いゲームになっていく。結局、スコアが動かないまま、前半終了となる。

後半もなかなか試合が動きそうにないそう思っていたそのとき、マテウスからのスルーパスが大前につながり、ゴールを決められる。大前の動き出し、マテウスの正確なパス、一発でやられてしまったな。その後、選手交代しながら山形も徐々に攻撃の形を作っていく。すると、CKからNO.16小林選手が競り合いからこぼれたボールをシュートし、ゴール☆あれはGKも反応できないナイスなシュートだったな。その後もお互いゴールに迫るも、得点できず、最後はちょっと判定をめぐり、荒れそうになるも試合終了となった。

 

ひとつひとつのプレーを見ると、やはり、大宮の選手は個の力があるなと感じた。トラップ、パス、ドリブル、身体の使い方、うまいなと思ったけど、試合はそこで全てが決まるわけではない。戦い方としては良かったけど、ゴールが遠かったな。NO.25汰木選手も前回から試合に絡んでいるけど、徐々に持ち味を出しつつある中、あとはNO.10瀬沼選手がもう少しやってほしい部分あるかな~。小林選手もいるし、良い競争してチーム力を上げてほしい。

 

次の試合は20日、アウエーでアルビレックス新潟と対戦です。

ここもJ1から降格したチームだけに力はあるので、気をつけながら、勝ち点3をとってほしいね。

2018.05.14:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。