J2 第13節 vs カマタマーレ讃岐

先日、J2第13節が行われました。

モンテディオ山形はホームでカマタマーレ讃岐と対戦し、2-0で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を15としました。

順位は18位です。

 

なんとか連敗を脱出したい山形だが、讃岐も粘り強い守備を見せ、良い攻撃を見せる。なかなか決定的なチャンスを作り出せずにいたが、NO.17中村選手がワンツーからゴール隅を狙うシュートを見せるも、枠をとらえきれない。そして、前半終了となる。

後半に入っても、拮抗した試合展開は変わらず、かといって、選手交代もしづらい内容でお互い我慢の展開が続く。すると、CKからNO.3栗山選手が頭で合わせ、ゴール☆拮抗した試合を動かす。その後はお互い選手交代をしながら終盤に入っていく。すると、スローインからNO.25汰木選手がボールを持つと、サイドから中に入っていき相手のDFのタイミングを外し、シュートし、ゴール☆持ち味を発揮してのゴールうれしかったな。そして、試合終了となった。

 

山形の順位も低いけど、それよりも下位相手だったので、とにかく勝利できてよかった。内容的にはまだまだのところあるけど、我慢の展開のときにセットプレーでゴールできたのは大きい。これからもここぞというときにセットプレーでゴールしてほしい。そして、汰木選手が今季初ゴールということで、これからもっとゴールに絡んでほしいね。それにしても、J3降格圏内にいる京都が監督解任となったのには意外と早めに動いてきたかなという印象。山形も他人事でなく、もし、この試合に敗れていれば監督交代も見えてきたであろう。そんなことにならぬようなんとかここから上に上がっていきたい。

 

次の試合はホームで大宮アルディージャとの対戦です。

J1から降格してきたチームで元々力があるだけに強敵だけど、なんとか勝利してほしい。

2018.05.07:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。