植物図鑑

先日、植物図鑑を観た。

これは本当に図鑑でなく、映画なんだけど、予告編で何回も観ていてなんとなく、流れはわかったけど、最後どうなるかな!?って思って観ました。隠された秘密が・・・っていうほうどの秘密だったか!?とは思ったが、これは映画だからこそのハードルの高さってあったかもしれない。映画で秘密っていうとそれはそれはとんでもないって話のものでないと驚かないからね。そういう意味では、けっこうリアルな世界観の話ではあったと思う。一番ないな~って思うのは俺を拾ってくださいって言われて、一緒に住むってことだろうな。それを言ってしまうと物語が成り立たないんだけど、いきなりはちょっとってなるよな~。まぁ、そこからの生活の変化、自分自身の変化がポジティブな形であるんだけど、だからといって真似できないよな。でも、一期一会ってそんなものなのかなとも思ったかな。

それにしても、映画って本当にいいものですね~

2017.09.09:juhoen:[映画]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。