オオカミ少女と黒王子

先日、オオカミ少女と黒王子を観た。

高校生の恋愛ものというジャンルの映画は久しぶりだったな。恋愛ものを観ると昔はああ、ええな~、ほんまええな~っていう率直な感想を観終わった後に感じたけど、最近は正直そこまで感じる映画に出会えていなかっただけにどんなもんかなって感じで観たけど、久しぶりにああ、ええな~って気持ちになった。高校時代の恋愛ってやっぱりいいよね~、って経験がないだけに特に思う。おそらくその憧れは今後もなくならないだろうな~、もうおっさんなだけにちょっと痛いけど・・・。

ちょっと脱線してしまったけど、面白い映画だった。キャラクターもそんなに現実離れしているわけでもなく、二階堂が演じた女性はいそうな気がするし、山崎のはそこまでねじ曲がっている人はいるかなって気はするけど、まぁ許容範囲内かなって感じで、観ていて楽しかったな。

それにしても、映画ってほんとうにいいものですね~。

2017.04.12:juhoen:[映画]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。