ロシアワールドカップアジア最終予選 vs オーストラリア

先日、ロシアワールドカップアジア最終予選が行われました。

日本代表はアウエーでオーストラリア代表と対戦し、1-1で引き分けました。

 

お互い攻守ともに集中していたな。

そんな中、原口のゴールで先制できたのは良かったし、その後も集中して守備できて良かった。原口が少し熱くなっているのは前半からわかっていたけど、PKの場面はちょっとやられてしまったな。その後は相手の攻撃を潰しながらチャンスをうかがう展開になり、小林のヘディングシュートという決定的な場面も作りながら、試合終了となった。

 

日本から見てもオーストラリアから見ても残念なドローだったと思う。日本はPK以外では本当にピンチな場面があまりなかったし、オーストラリアはホームで倒したかっただけにどちらも不完全燃焼な感じだったな。采配とくに選手交代ではいろんな議論があると思う。自分もJリーグでたまに斉藤のものすごい突破を見ているだけに代表でも見たい気持ちがあったけど、それは全て監督の権限なので、仕方ないね。この最終予選、最終的にどうなるのか見てみて判断するしかない。だけど、カップ戦を戦った横浜としては痛いし、なんでやねんって感じだろうな。

 

来月はサウジアラビアとの一戦がある。ホームだけになんとか勝利したいね。

 

2016.10.12:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。