J1 第3節 

昨日はJ1第3節が行われました。

鹿島アントラーズ対ベガルタ仙台、川崎フロンターレ対名古屋グランパスの試合をちょっと観たけど、どの試合もどっちにどう転がるかわからない熱い試合だったな。確かに仙台、そして川崎が勝利したけど、違う結果になってもおかしくなかった。

そんな中、川崎の攻撃力はすごかったな。左サイドの突破力、パス交換からの中央突破など攻撃が多彩だった。その中心が中村。本当になにげなく出しているパスがいい。特にスルーパスは強くもなく、弱くもなくコースも絶妙でDFもくいついていきたいところだけど、くいついていってはいけないのをわかっているそんなパスが多かったな。一方、永井のスピードも川崎の守備陣にとっては脅威で、カウンターからの一発があるのが名古屋の怖さ。永井はうまいことゴールも決めたし、Jリーグだとすばらしいパフォーマンスだけど、代表だと相手もレベル高いし、簡単にはやらせてくれないからな~。

仙台対鹿島は仙台のハードなディフェンスがすごかった。ファウルでないのかどうかぎりぎりのところで相手の攻撃を防いでいた。気持ちを前面に出したこの守備を崩すにはそれ以上の気持ちでぶつからないと難しいだろうな。

少し観ただけど、そんなことを思ったJ1第3節でした。

 

2016.03.13:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。