J2 第1節 vs ギラヴァンツ北九州

昨日、ついにJ2が開幕しました。

モンテディオ山形はアウエーでギラヴァンツ北九州と対戦し、0-1で敗れました。

 

待ちに待ったJ2がついに開幕した。

試合は序盤ロングボールを多用する展開。特に山形はロングボールが多いが、北九州のDFに跳ね返され、なかなかボールが落ち着かない。時折、NO.6山田選手やNO.27高木選手がサイドを突破するシーンを作るもシュートまでなかなか持っていけない。北九州は前線で細かくつないだりとどちらかというと北九州のほうが持ち味を出していた前半だった。

 

後半に入り、山形もある程度、ボールを持てるようになっていき、チャンスを作ろうとする。左サイドの高木選手の突破からNO.11ディエゴ選手が強烈なシュートを放つもGKに弾かれる。山形も徐々にペースをつかんでいくのかと思いきや、北九州も流れを変えようと、本山選手を投入する。カウンターからピンチになるもNO.15栗山選手がクリアするが、足をつってしまう。そこで交代になってしまい、その後のCKで一度は弾くも、その後入れられたクロスで小松がフリーでヘディングし、決められてしまう。その後は山形も前線にボールを集め、ゴールを狙うも相手DFが密集したゴール前を崩すことができず、試合終了となった。

 

かなり内容に課題が残る試合だったように感じたな。特に新しく入ってきた選手との連携がうまくいっていないようだった。NO.9ディエゴローザ選手も裏を狙うもパスが遅かったのか、動き出しが速すぎたのかオフサイドにかかるシーンが多かったし、NO.16佐藤選手のパスも合わないシーンが多かった。佐藤選手もテクニックあるし、うまいのだけど、ちょっと合わなかったな~。前を向いてボールを持ったときも、前線の選手、みんな縦に走っていったけど、一人、下がってボールを一度受けにいったりとかしてボールを動かしたりとかしないと裏を狙うだけだとちょっと単調だったし、前線でもっとボールを回したかったね。まぁ、北九州も集中して対応していたからというのもあるけどね。

 

次の試合は3月6日(日)、アウエーで愛媛FCと対戦です。

着々と力をつけてきているチームなだけに難しい試合になりそうだけど、なんとか今季初勝利してほしいね~。

 

2016.02.29:juhoen:[モンテディオ山形]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。