AFC U-23選手権 決勝戦 vs 韓国

先日、AFC U-23選手権の決勝戦が行われました。

日本代表は韓国代表と対戦し、3-2で勝利し、優勝しました。

 

リオオリンピック出場権を獲得し、最低限のノルマを達成したU-23代表。しかし、決勝まで進んだからには勝ちたいし、その相手が韓国となると、絶対に負けられない。

お互い強い気持ちを持って臨んだこの試合。中盤でのプレスが厳しく、日本もディフェンスラインの上げ下げに注意しながら戦った。ミドルシュートを受けて、押し込まれたり、GKと一対一のシーンを作られたりとあったが、うまくオフサイドにすることができた。しかし、ゴール前のうき球をボレーで決められ、先制を許してしまう。その後は日本も徐々に韓国ゴールに近づいていける時間が増えたものの前半終了となる。

後半に入ると、いきなり試合は動き出し、韓国が2点目を決める。さらに危ないシーンもあったりしたが、流れを変えたのは浅野。矢島からのスルーパスに反応し、飛び出してきたGKのプレッシャーをものともせず、ゴールに流し込む。さらに、左サイドからのクロスに中央合わせたのは矢島。ヘディングで決めて、同点に追いつくと、最後、中島からのボールに浅野がDFと競り合いながら抜け出し、GKとの一対一を制し、ゴール☆もうだめかと思われた2点差を一気にひっくり返し、運動量が減った韓国の攻撃を防ぎ切り、試合終了となった。

 

おそらく後半2点目を決められた時点で観るのをやめた人もいるのではないかな。その気持ちもわからんでもないけど、楽しい時間はそこからだったな。今までも後半途中からの浅野のパフォーマンスが良いアクセントになっていたが、ゴールを決めることができなかった。それがついにこの決勝戦の大舞台で待望のゴールを挙げることができた。これをきっかけにさらに上にいってほしいね。

 

優勝してリオオリンピックにいくという最高の結果を出した若き日本代表。

今度はリオオリンピックで輝くためにがんばってほしいね。

 

2016.01.31:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。