土竜の唄

先日、土竜の唄を観ました。

監督に三池さん、脚本宮藤さんということで、面白そうだな~とは思っていたけど、結局テレビで観ることになった。そして、実際に観たけど、面白かったな。あり得ないこともあるけど、それはマンガを実写化したものだから仕方ないだるう。マンガは全然知らないけど、おそらく濃いであろうキャラをこれまた濃い役者たちが非常に濃いキャラを演じていて良かった。個人的には堤さんが演じたキャラのおもしろくないやつはだめだという哲学が共感できた。おもしろいとおもう感性は違うけど、たしかにおもしろくないとあかんと思ったな。

まぁ、本当めちゃくちゃだったけど、そういうはじける姿って客観的に観ると、おもしろいし、楽しいよね。ああ、自分もはじけたい。

そういえば、続編もできるみたい。それも要チェックだな。

映画ってほんとうにいいものですね☆

 

 

2016.01.21:juhoen:[日々の活動・思うこと]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。