天皇杯 決勝戦

昨日は天皇杯決勝戦が行われました。

対戦カードは浦和レッズ対ガンバ大阪で、1-2でガンバ大阪が勝利し、優勝しました。

ガンバ大阪は前回大会に引き続き、2連覇です。

 

浦和がボールを持ち回しながら攻め、大阪がカウンターで一気に攻める展開。

先制はガンバ。スペースにパトリックを走らせる縦パスを出し、パトリックが抜ける。森脇も一か八かのスライディングをするも届かず、決められてしまう。パトリックはあの巨漢ながらスピードもあるからな~、恐ろしい存在だ。

しかし、浦和もすぐに追いつく。右サイドからのクロスに李が反応し、ヘディングシュートをするもポストに当たり、こぼれたところを興梠が豪快なシュートを放ち、ゴール。強烈なシュートながらうまく枠に飛ばせてたね。

そして、前半終了となる。

 

後半に入ると、より球際での争いが激しくなってくる。浦和もチャンスを作るものの得点したのは大阪。コーナーキックからパトリックがフリーになり、シュートを放つと、DFの股を抜け、ゴール。パトリックがうまく槙野のマークをかわしたのが印象強かったな。狙ったのかどうかわからんけど、槙野が追いかけるコースがほかの選手たちが密集している場所で混雑していて、走れず、追いつけなかった。ああいうコースを走らせようとしたのかな。そして、空いているスペースにボールを正確に入れてくるキッカーも良かったな。

そこからは浦和も激しく攻めるけど、東口を崩せず、試合終了となった。

 

浦和戦となると、東口が目立つ展開が多いな。そして、ビッグセーブがあるので、観ていて面白い。まぁ、DF陣も体を張って守っているからGKもやりやすいんだろうけどね。しっかり守っている相手を崩すのは難しいもの。そこをどうやって崩していくのか、今年もサッカーを楽しんで観ていきたいね。

早く今年のシーズンの日程を知りたいわ~。

 

2016.01.02:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。