アジアカップ2019 予選リーグ vs オマーン代表

先日、アジアカップ2019予選リーグ第2節が行われました。

日本代表はオマーン代表と対戦し、1−0で勝利し、勝ち点3をゲットし、総勝ち点を6としました。

予選グループ突破が決まりました。

?

やはり、予想通り難しい試合になってしまったな。

日本はDFからのロングパスにうまくDFラインの裏を抜け出す南野が次から次にチャンスを作っていく。そんな中、セカンドボールに反応し、シュートに持ち込もうとする原口がPA内で倒されると、PKをゲットする。それを原口が決めて、先制する。相手GKも読みが当たり、反応するもあのスピードとコースでは難しかったな。しかし、その後、日本もピンチを迎える。こぼれ球からボレーシュートを長友がブロックしてゴールを守るも、ブロックしたときに手に当たったんでないか?とオマーンの選手たちが猛抗議。結局ハンドとはならず、PKにはならなくて日本としては助かった。後半はうまく相手の攻撃を封じて、試合をうまく終わらせた。

?

この試合は審判の判定がすごくクローズアップされた。倒れてしまうと、すぐファウルになるし、試合がすぐ止まるので、なかなかリズムに乗りづらい部分もあったと思う。その中で、特に大きかったのはPKのシーン。これはどちらもだけど、原口のファウルは本当にPKに値したのか、長友のブロックはハンドでなかったのか。VTRを見る限りでは微妙ながらも長友の手に当たったようにも見えた。VARがあったらおそらくPKになった可能性は大きいかもしれなかったな。でも、終わればもうこれがひとつの結果ということで、前を向いていかないといけない。今までは中東の笛といわれるくらい不利な判定が多かったけど、今回はラッキーだったと言えるかもしれないな。

そんな試合だったけど、南野の動きは良かったな。いくつかあったチャンスの中でひとつでも決めてくれればさらによかったけど、それは今後の試合でしっかりと決めていってほしい。

次の試合はウズベキスタン代表、力をつけてきている国なので、どんな試合になるのかこれも楽しみ、決勝トーナメントを見据えながらの試合になると思うので、これも大事な試合にしてほしいね。

?

2019.01.14 16:37:juhoen:[サッカー]