梅漬けと電気柵

  • 梅漬けと電気柵

 

 

この度の西日本の大雨は、とんでもない災害を引き起こし

なんだかやたらと少雨なこの辺からすれば

本当に信じられない話であり、酷い話である

 

ダムの放水や避難指示の遅れなど

増水土砂崩れ崖崩れ地滑りの他にも

被害を増大させた因果がありそうであるが

人は、自然に対し無力で非力であることを忘れてしまった

現代の社会状況が一層被害を多くしてしまった気がする

 

人は自然に対し動物の子のように臆病であるべきだと思う

他の行動に流される事なく自分の意思で恐怖から逃れる術を持つべきだと思う

 

山を駆けクマを狩る不肖kuma仙人ではあるが

実は、誰よりも自然に対し臆病で

そして、クマに対して恐れを持っている

 

経験を積むことで、臆病なまま危険を避け果敢に向かえる知識を持ち

恐れを持ったまま、危機を回避し相手を出し抜く知恵を得る

 

知恵や技術を積んでも

その恐れや恐怖は初心と変わらない

恐れを忘れてはいけない

 

川も山も海も恐ろしいものだ

そこに抱かれて人は生きている

だから、いつだって人は自然に飲まれることがある

たとえそれが大都会の真ん中であろうが

サバイバルを意識して生き、暮らさなければ

いつ何時、どんな自然現象が命を奪うための牙を剥きだしにするのか

 

臆病にサバイバーである事が

人が生き、未来を見るための秘訣であろうと思う

 

 

 

 

最近は異常な暑さにビビるワタクシである

先頃のたぶん熱中症に襲われたワタクシ

 

その後の後遺症と言うか体調が芳しくない

 

暑い所に行くと、突然信じられない程の汗が噴き出す

壊れた蛇口

いや・・・・・シャワーを浴びた汚いオヤジ

そんな感じになってしまう

 

ついでに、腕や足の関節や筋肉が痛い

 

 

そんなワタクシであるが

ちょっとノンビリ目のお仕事・・・というか・・・

 

コバヤシ君から貰った梅をいじくった

 

イメージ 1

 

梅のヘタ(軸)を1時間かけて全部取った

 

なかなか根気のいる作業だが

扇風機の涼しい風にあおられて心地宜しいい

 

そんで

重い梅入りボールをやっとこ持ち上げて運び出し

洗う

 

イメージ 2

 

結構ゴミとか汚れが付いているので

水に浸してかき混ぜると、思った以上のゴミが出る

 

イメージ 3

 

暑い日の水いじりは気持ちが良いのだが

この5分後

直射日光の下のワタクシは

シャツが汗だらけ、ズボンまで汗が滴ったのである

おかげで水で膨れた腹が少しへっこんだはずだ

 

ボールを傾けて、こんな大量の梅の水を切るのが大変なので

別の鍋に水を切りながら移し替えた

 

イメージ 4

 

でっかい寸胴が満タンに近いのである

重いなぁ~~

何キロあるんだ????

 

イメージ 5

 

お~~寸胴3.5キロだから正味21キロ

 

塩は~~~

ん~~と減塩で12%でやってみるかぁ~~

 

お店に行って「瀬戸内海の天然海塩にがり成分入り」と言うのを買ってきた

赤穂の天塩買うかと思ったのだがこっちの方が安かった

 

21キロの梅に2キロの天然塩と足りない分並み塩を入れ

只今ウォークイン冷蔵庫で寝てます

 

 

イメージ 6

 

暑い空を眺めると

虹彩が・・・・

 

アソコは水分が凍って漂ってる訳で

下界はこんなに暑いのに空は寒いのだなぁ~~~

上空が寒いと激しい夕立があるなきっと・・・・・

そんな事をボーっとした頭で考えるのである

 

イメージ 7

 

お~~飛行機雲

新潟市の上あたりで進路変更 

カカーあれが新潟アライバルと言う奴で飛行機の飛行ルートだぞ

なんて事を宣うワタクシなのである

 

 

午後

やる気のありそうな青空と雲の下

 

イメージ 8

 

何となく気配と言うか

何と言うか

行動を感じるというか

奴らの気持ちを感じるというか・・・・

 

例年よりもかなり早い時期であるが

電気柵を設置したのである

 

イメージ 9

 

いつもならブドー粒が柔らかくなって色つき始めるころ設置なのだが

なんだか今年は動物が待ちきれないでいるような感じがする

青くて硬いブドーまで悪戯しそうな感じがするのだ

 

何故そう感じるか分からんが

兎に角、オレがクマやサルなら我慢できなくて齧っちゃう気がするので

その前に設置しなくちゃならん

 

電気柵はトウセンボじゃない

兎に角、しょっぱな電線に触って感電して痛い目に遭ってもらわなくちゃ

効果が薄れるのである

場合によっては効果が見込めない事もある

 

ノコノコぶどー畑にやってきて

こりゃ何だ?と電線に接触

 

ビリッ!!

ウゲ~~~恐ろしやオソロシヤ

 

とならなければならないのである

 

電線だけ張って、通電しないと

電線・・・ん~~触っても何ともないじゃん

 

なんてなると、次から通電しても

ビビる奴はビビるが、そうでない奴は押し通る~~と言って

無理やり突破を試みるのである

 

つまり、中に美味しいものがあると認識しちゃうと

そいつを喰うために痛みに耐えるか、喰わないか

 

という選択が生まれ、食い気が強いと押し通っちゃうのである

 

なので、何も喰われないうちから

そこに旨いものがある事を知られないのが良いのである

 

喰うものがあると思わなきゃ、無理して痺れるバカもあんまし居ないと言う訳だ

 

 

俺ん所はサルと熊とカモシカが襲い掛かるブドー園だが

サルも↑の写真くらいの電柵の高さで入る事は無い

 

サルなんぞ高跳びしないのでそんなに高さは必要ない

しかし、大事なポイントがある

 

そいつは

 

電柵の線と線の間の支柱を掴んで登り越えるという事

電気は地面から足が離れると通電しないので痺れない

 

支柱に掴まり地面から足が離れちゃうと痺れないから

平気で電柵を越えてしまうのである

 

その為大事な事がある

 

イメージ 10

 

支柱を掴めないように電線を張ればいい訳だ

 

イノシシも横のものより縦のものをいじくって見る傾向があるらしいと聞くので

こうしておけば触って魂消るだろう

 

兎に角、電柵に高さは無意味だ

足が地面から離れたら電気が痺れない

 

まあ、この後、補強としてアースを上段に設置して

さらなる強力な攻めに備えるのである

 

更に、この電柵の外側に、もう一列簡易に電線を張り巡らせば

ほぼほぼ、どんな強力な突破特攻分子にも対応できるのである

 

イメージ 11

 

電柵の事は過去に何度も書いてあるので

過去記事を参考にして頂ければ宜しいと思うのである

 

ここ数年これで全く動物被害がない

 

あらたにこんないい方法があるぞと試してみたいのは

クリスマスなどの飾りに使う

あのギラギラのフワフワしたモールと言う奴

 

アレを電柵の線にいっぱい付けておけば

奴ら、何だと思って積極的に触るに違いない

その度に痺れればこっちの思う壺だ

 

そいつがキツネに効果が高ければ

来年の鴨の田んぼのキツネ除けに使えるのだが・・・

 

兎に角、電柵しても狐にカモをやられてしまうので

それで無農薬田んぼの鴨を飼うのを今年は休止したのだが

あんまし草が酷すぎて、来年は飼いたい~~~

 

が・・・キツネが~~

 

マルちゃんの会社の人が来て

いっぱいキツネを捕まえて

赤いキツネの材料にしてもらえりゃキツネも減るんだが

マルちゃんの会社の赤いキツネには残念ながらキツネが入ってない

 

キツネの需要がありゃ、オレも喜んで狩猟するのだが

あんなもん、獲っても何にもならん

 

 

 

 

 


 

 

 

ブドウの注文続々届いております

 

ありがとうございます

 

メールが届きましたという設定をしていないので

送信された内容に返信がありませんが

大丈夫ですので

 

もし、心配な場合はご連絡ください

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

2018.07.11:N,Takanoo:[動物対策・農林業について]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。