オレの疲労は精神的な要因が多いかもしれん

  • オレの疲労は精神的な要因が多いかもしれん

 

 

世界では

赤い色の旗の国と縞々の色の旗の国のえらい人が史上初の会談を行い

いろいろ話が持たれたようだ

 

その内容が何処まで現実的なのか具体的なのかよく分からんが

 

国家や宗教や民族や

とりあえずそういうもんの頂点にある人は

それに関係する人々を巻き込んだ戦争などを回避し

それらの人々を安寧に暮らせるような方向に導いてほしいものであるし

本来、平和的な指向を持つ偉い人が頂点であって欲しいと思うのである

 

国家や宗教や民族と書いたが

それらの規模で行うのが戦争で

関係ない市民まで巻き込む無残な殺戮となる

 

それ以外は・・まあ、規模が小さい喧嘩のようなもんで

当事者同士が殴り合いくらいなら

良い事ではないが、戦争よりは市民に不安は少ない

 

 

 

 

 

ブドウの整形のチョキチョキ仕事が一巡した

次の仕事は2回目のジベレリン作業であるが

それまでに少し余裕がある

 

しかし・・・田んぼの草もいっぱい出てきたので

ボート除草と併せて、手押し除草機で仕事すべき場所も少し

 

ボート除草も、除草と言うより防草と言った方が良い

出る前から定期的に稼働できると

上手く稼働期間があった田は殆ど草が出ない

 

が、ジベレリンやら他の仕事で

手が回らず間が開いてしまった田や

水位の条件などで草だらけになった田もある

 

イメージ 1

 

 

しかし、専業田んぼ農家であるなら

今のオレの規模のボートで60アールくらいの無農薬なら

充分こなせそうな手ごたえである

 

 

ブドウのチョキチョキ作業も毎年2巡するのだが

 

今年は、例のジベレリン剤無添加事件のおかげで・・・

 

そのブドウの木の下を歩く度気分が激しく落ち込むのである

写真をる元気もなくなる

 

全部の房を切り落としたい衝動に駆られる

 

それ程あからさまに、明白に、はっきりと

その失敗の現実を突きつけられる

 

兎に角、処理のやり直しをしたのだが

時が遅すぎた事は間違いなく

処理の結果を見ても、手の施しようがない

一部、何とか持ちこたえそうな部分もあるにはあるが・・・

そんなのは失敗した内のほんの一部でしかない

 

 

あまりにも自分の栽培計画や経験からかけ離れたブドウになってきている

娑婆じゃ、こんな姿のブドウを育て出荷してる人もいるが

オレには許せない事だ

 

 

今年はぶどう発送の「ゆうパック」の送料が値上げになると連絡が来ている

きっと、注文にも影響が出るのだと思う

田んぼの無農薬も、挑戦的な課題に、草に負け減収する事もありありだ

薄謝ではあったが、県の鳥獣保護員もやめたし

その上、ブドウの減収は確実だ

 

今以上にブドウやお米を直販するには

専任の事務員が居なければ、オレが死んじゃいそうなので

今年は事務仕事月20万円3食昼寝宿泊付きで大学生でも雇おうと思ったのだが

 

ブドウのジベレリン失敗時点でもはや数十万円の失費確実

 

その穴を補うにも術はなし

 

農家民宿もやりたいのだが

オレが準備すりゃ簡単なのだが

それじゃ伴侶のレディーカカが使用人レベルで

自ら城を守る気もないままとん挫する事は目に見えている

自分で事を仕切る気持ちがないと

今回のジベレリン未投入事件のような事が再発するのは想像に易い

 

農家民宿の準備などは、レディーカカにやらせて

自ら経営し、城を守る心構えがないと上手く行かない

 

 

しかし・・・やる気がないというか

現実感がないというか・・・

オレがやってくれると思ってるというか・・・・

 

どやって家族を養い、学校に通わせ・・・・

 

そんな事を考えると病気になりそうなくらいヤバい状況の俺んちなのである

 

山で捕まえたクマやイノシシや小動物だって山菜だってキノコだって

やる気があればいくらでも家計の足しになるのだが

 

そういうスキルを持ったオレだが

俺一人じゃ何から何まで全部できない

 

マジ、今使用人の様なレディーカカを従えているのだが

 

半人前の肉体労働的な事しか出来ないカカに対し

労働面も事務面も全てオレが一人でこなしている現状

かなりハードワークと言うかオーバーワークである

 

少しは期待していたのだが・・・・

 

ほぼ期待は完全に打ち砕かれる

 

まあ、カカとオレで一つの農園の経営という事になるのだが

 

もう若くもなく、体力的に厳しい

 

レディーカカと仕事をする事で

人の倍以上の動きをして1人前と半分くらいの事しか出来ていない現状

 

いくら俺が頑張っても内助の功的力が欲しいのであるが・・・

さすれば一人の力が2倍にも3倍にもなると思うのだが・・・・・

 

 

あ~~愚痴を書いてしまったが

 

 

色んな事に、人並み以上にスキルが高い俺だと思っているのだが

そのスキルを全然生かせられないのが今の生活だ

 

 

並外れたスキルを持っているんだけどなぁ~~

 

 

だってね

 

昨日

 

 

ブドウ園に行く途中

 

ただの藪と言うか、荒れ地と言うか

 

そんな景色を見ただけで

 

あれ???

 

なんか変だなぁ~~~

 

 

と、車を停めて砂利道を歩いてみた

 

イメージ 2

 

砂利道の土の部分に当日の朝のエノヒッヒの足跡

 

イメージ 3

 

↑こっちは数日目に歩いた足跡

 

こんなのがたった2個だけ

 

 

普通気付きませんよ

 

 

雨上がりの朝

視覚とかで認識できる変化ではなく

何と言うか、感と言うか気配で認識して

オレがイノシシならあそこをこう歩くなぁ~~と思って見た場所

 

こんな芸を持ってても

全然役に立たないしし、家計の足しにもならん

 

 

生かす気になれば

なんぼでも生かせるスキルだと思うのだけれど

 

これも何の役にも立たんのであるから悲しいもんだわ

 

 

 

兎に角、農家民宿がしたくて

こんな家を計画的に建てたんだけれど

レディーカカにその気がなくちゃ何もできんと言うのが

家族経営の農家民宿だと思うのだわ

 

謎かけで色々課題を出してはいるんだけれど

 

サッパリ課題に取り組む気もないらしいレディーカカ様

 

 

あ~~

 

 

あ~~~~~

 

 

 

マジ、しんどい

 

 

マジにしんどい

 

 

朝ドラは何事があっても必ず見るという強い意志があるというのに

 

 

おれ

死んじゃいそうだ

 

 

ブログが何日も更新されなかったら

 

過労死したと思ってくれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

2018.06.13:N,Takanoo:[野良仕事]

ワークショップ

ワークショップなんてどうでしょうか?
狩猟機関に鉄砲を持たずに猟に同行して貰って解体後、食事、御肉の御土産で一回数万円で企画されてる方が居ます。
後は仙人様の敷地内で駆除した肉をドック?―ドで販売(人間用じゃない為保健所もうるさくない)
追伸 仙人様の足に付いてこられる人なんて居ないから無理かも
2018.06.13:ヒロポン:[編集/削除]

ヒロポン様

そういうのも良いと思いますが、地区猟友会の親分が、日大的存在で、昨年も駆除に参加しない奴は仲間じゃないとか言って、県の企画がとん挫したことがあります。
今年も、銃を持たずに春山、クマの観察に行っているのですが、たまたま一緒に行った駆除隊の人に、kuma仙人と山に行っちゃいかんとか、そんな頓珍漢な事を言ってたそうです
とにかく、きっと邪魔が入るでしょうね
それがきっかけで地域が活性化しようがしまいが、自分たちの気に入らないことは認めないという地域性なのか何なのか・・・・
ですが、賛同者も少なくない、むしろ多いくらいですから、おいおい地位の活性に繋がるような企画は実現していきたいと思っています
2018.06.15:kuma仙人:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。