アリンコみたいに動き回るのにキリギリスみたいなワタクシ

  • アリンコみたいに動き回るのにキリギリスみたいなワタクシ

 

 

 

田植えも終わり、ブドウのジベレリンも終わり

一年間の農作業の基本的な準備は終わった

これさえやれば、あとは何とかなる

秋になれば収穫には繋がるという重要な仕事が終わった訳だ

 

しかし

その重要な仕事を終わらせたのに

重要な仕事のジベレリン作業を必死になってやったのに

そのジベレリンの薬の中にジベレリンが入っていないという

これまた、コーヒーにクリープを入れないどころか

クリープは入れたがコーヒーが入っていなかったなどという

信じられん笑える事態にレディーカカのおかげで巻き込まれ

仕事意欲も半減萎えてしまったワタクシであるが

 

それでも日々

アリの巣を突っついてほじくり返された蟻のように

激しく一日中動き回るワタクシなのである

 

問題のブドウは・・・

その後ジベレリン処理を動力散布機でリカバリーしたのだが

安定した効果の程は望めないというか、挑戦的な試みである

 

がしかし・・・やはり想像した通り

理想とは程遠い状況で花が咲いた

 

イメージ 1

 

小さな果房だが、このサイズで花が咲けば

果房の伸びは小さく

ギチギチのカチカチトウモロコシの様な小粒なブドウになってしまう

それどころか、粒が押しくらまんじゅう状態になり

粒が潰れて品にならなくなる

 

そのためには、もう少し大きくなったら

ピンセットで粒を間引かなければならないのだが・・・・

 

オレが理想とする今のサイズは

イメージ 2

 

こんな感じ、これは、同じ日に正常にジベレリン処理されたもの

 

ジベ処理を早めに施し、房を伸ばし(早いと房が伸びる)

肩の部分(写真房の上の方)の実を摘果する

写真の房の場合既に1度の摘果が行われているが

更に2割ほどの長さ分の摘果を行う

 

そうすると、粒のデッカイブドウに育つのであるが

デラウェアでこんな事をしてる人はいない

デラウェアじゃない程大きな粒のブドウに仕上がるのであるが

手間が高級大粒ブドウと殆ど変わらなくなってしまうのである

 

でも、粒抜きはそれ以上に困難で

品質が期待できない

 

イメージ 3

 

正常とそうでないブドウの房が手のひらの上にあるが

誰が見たってその差がはっきりわかる程の違い

 

これがブドウ園の2割程ある訳だから

まあ、農園主としては頭がクラクラ

先が思いやられ、今年の少なくない減収をどう補うか・・・

もう、農作業が終わったら出稼ぎにでも行かなきゃならんと

マジに思い、心配で夜も眠れん状況なのである

 

その割に、そもそもの失敗の元凶であるレディーカカなどは

身売りでもして家の損失を埋めるわ・・貴方許して~~

などと言うはずもなく

そんな事は忘却の彼方

何事もなかったかのような顔して

平気でテレビ見てゲラゲラ笑うのであるから

しかしまあ、とんでもないニンゲンと結婚してしまったものであるなぁ~

などと、今更ながら震え慄くのである

 

 

 

日中はブドウ園でブドウの管理が主な仕事であるが

今年は無農薬田んぼのカモを飼わないので

ただ今の所ラジコン除草ボートで、朝晩と田んぼをかき混ぜている

 

まあ、カモに代わってラジコンボートが除草、防草を行い

ワタクシがそれについて操縦を行うという事である

 

先日はお休みのジコ姉ちゃんが手伝ってくれた

 

イメージ 4

 

ちゃんとラジコンの操縦が出来る

田んぼのあっちの方まで草取り鴨カモ君試作1号機を誘導し

アッチでUターンして帰ってくる

 

イメージ 5

 

傍から見れば遊んでるように見えるのであるが

これも立派な仕事

それも、人が同じことをすれば10倍の時間がかかる事を

あっという間にやってのけるのであるからスゴイのである

 

他の作業やローテーションの関係で

あっという間にヒエがボーボーになってしまった田んぼ

 

集中的に3日続けてかき混ぜている

除草ボートが引っ張るのは草取り部を強化仕様にしたものだ

 

イメージ 6

 

鎖の数を増やし

先っちょにいろんなものをくっつけたり外したり

チェンの途中には伸びたヒエが引っかかって抜けるように

針金を結び付けてある

 

イメージ 10

 

 

田んぼのあっちに行って帰ってくると

ヒエを外さないとボートが前に進まないほどヒエが取れてくる

 

 

イメージ 7

 

左側が未処理区 右は1度処理した区分

ヒエの密度は半分以下になるし

相当数が水没している

 

水没の状況を2~3日維持できればヒエは窒息して枯死する

 

 

イメージ 8

 

↑これは左側が処理区 

はっきりした違いが分かる

 

この作業を2日続け同じ所を繰り返し3回処理してみた

 

イメージ 9

 

実際水面が見えないくらい緑でびっしりだったのが

1回走ってこのくらいの上、2度3度と処理したので

はた目には草がないみたいに見えるようになるにはなった

 

まあ、人の手でこれをするんじゃちょっと1日じゃ終わらん

 

草取り牽引部は

田んぼや草の状況によって

軽いものから重く草を抜く効果の高いものまで

それぞれ考えて数種類用意するのが良いのであると分かったのである

 

 

 

しかし・・・

連日の激しい仕様に、操作途中で異音

 

??

 

鴨カモ君1号を確認すると

プロペラシャフトのベアリングが脱落

 

ありゃぁ~~~

 

と、家に持って帰りシャフトをはずして見ると

 

イメージ 11

 

何とシャフトとプロペラ軸を接続するネジの中で

シャフトが破断していた

 

いやいや、プロペラが外れて飛んで行かなくて良かった( ̄▽ ̄;)

 

しかし、元々の草刈り機のシャフトは中空のチューブみたいなものなので

そいつにネジを切ったので肉が薄くなり強度が出なかった

想像はしていたが、想像以上に負担が大きいみたいだ

 

機械を丸裸にしてみたが

他の所は大丈夫そうだ

イメージ 12

 

コージが遊びに来てラジコンボートを見学に来ていたので

コージに頼んでステンレス溶接してもらった

 

イメージ 13

 

コージは趣味だか仕事だか分からんが

オレ以上に整った工具などを備えたガレージがある

コージはハーレーダビットソン乗りなので

バイクを自分でいじくるので

色んな工具を持っているのである

 

新しいシャフトにネジを溶接してもらった

 

イメージ 14

 

ついでにマフラーも排出口をくっつけて貰った

 

イメージ 15

 

 

こんな事ばっかしてるから

夜8時まで外でウロウロして動き回ってるのである

 

 

そして

 

いい塩梅に仕上がりました

 

イメージ 16

 

実用運転数時間しましたがビクともしません

 

イメージ 17

 

マフラーも丈夫にくっついたので

ラジコン操作部のタッパーに油が吹き付けなくなりました~~

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

ワタクシは

 

やっぱし失敗確実なブドウのジベレリンの損失というか・・・

 

 

皆さんが思うような利用が出来ない訳で・・・

その説明は次回として

 

兎に角

 

マジ全部房切り落とした方が早いようなきがするなぁ~

 

 

損失という自覚を

レディーカカが殆ど感じていないのが怖い

 

 

 

蟻のように動き回って稼いでいるのに・・・・

 

 

状況は冬のキリギリス

 

 

一年中冬のキリギリス状態のワタクシなので御座います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

2018.06.04:N,Takanoo:[野良仕事]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。