ブドウの花

  • ブドウの花

 

 

 

朝4時 早く起き出して

しばらく我慢していたタバコを買いに行った

 

早く起きた訳ではない

昨夜一睡もできなかったので早く床から立ったのだ

タバコも昨日の午後から2箱目だ

 

やめようと我慢していたタバコだが

言いようのない不安と失望と落胆に襲われ

遂に手が伸びてしまった

 

酒も休みだしたところだったが

やはり昨夜はウヰスキーボトル半分飲んでしまった

その割にサッパリ酔った感じもなければ気分も変わらずなのである

 

肺がんでもアル中でも・・・

何でもいいや・・・と投げやりになる自分がいる

 

 

 

 

ブドウの花が咲き始めた

 

イメージ 1

 

ジベレリン添加の赤色色素に染まった

ガサガサのオレの手の中で

ブドウの小さな花が咲いている

 

ジベレリンをして1週間と少し

ジベの早め処理をする我が家ではほぼ狙い通りの開花である

 

少し早めの処理をするとブドウの房が伸びて大きくなり

実が密着せずパラパラと付くようになる

その長い房を整形で短く整え

粒数を減らす事で一粒の大きさが増し

普通のデラウェアよりもデカい粒のデラウェアになる

それがオレの家のブドウの特徴だ

 

まさに高級ブドウと同じ作り方をしているのに

庶民的な値段のブドウなのである

 

 

しかし、ブドウ園の一部に

????

と、思うジベレリン処理後のブドウがあった

その日行った作業丸一日分のブドウの木

つまり4.5日で終えたジベレリン処理の丸一日分の面積であるが

なんだか、房の変化が緩慢???だった

 

 

1日立てば変化が起きるのだが・・・

 

ブドウには目印の赤い色素はついている

 

2日立っても・・・少し伸びるだけで・・・

あんまし変化がない・・・?????

 

湿度や気温で効き方が違う場合もあるからなぁ~~~

 

3日目・・・ムムム・・・ん~~~~~なんか変だなぁ~

でも、赤い色素は付いてるしなぁ~~

 

4日目・・・・・・・こんな事もあるのかなぁ~~~???

 

5日目・・・・・・(-_-;)

 

6日目・・・他の木の花が咲き始めたというのに変だ

・・・絶対おかしい

 

なんか絶対おかしい

ブドウ園をくまなく歩きまわってみる

 

すると

 

 

 

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

な・・・・なんじゃこりゃぁ~~~~

 

 

問題のその日にやった木なのだが

 

イメージ 2

 

枝の右側の房は伸びてパランとしているけど

左側の房は小さいというか・・・・

赤い色素は付いてるけど、ジベレリン処理してないのと同じ(;'∀')

半分伸びて半分伸びてない

これは、半分はカップに入れた薬がジベレリン入りで

途中から足りなくなって注いだ液剤にジベレリンが入っていなかった

そういう証拠に他ならない

これは決定的だ

処理したジベレリン溶液に、赤い色素や

他の健康エキスとか調合されていたけれど

ジベレリンそのものが入っていない!!!!!!!!

 

 

Oh! My Got!!!!

 

失神しそうになりましたね

 

思い当たった木を見たらこの状態

その日やった他の木は、全部の房が全くやってないのと同じ状態

 

この差が出た木はブドウ園の一番奥だったので

平日の巡回でも歩いてるんだけど

細かく観察していなかった

 

イメージ 3

 

ああ・・・・ああ~~~

 

普通は少なくともこんな感じの房になってなきゃならんのに

イメージ 4

 

まだこんなだよ~~~

 

イメージ 5

 

この日ジベレリンを作ったのはレディーカカ

 

オレは初日と2日目で大五郎のビンに3回分にしか薬を作っていない

全部で大五郎12本分の薬

3日目と4日目はレディーカカが薬を作っている

 

 

・・・・

ん・・・ん~~~~~~

レディーカカ!!お前、ジベレリンにジベレリンの薬入れたのか!!?

 

私は入れました!!!!

 

時の総理大臣か、日大内田監督の様な事を強く宣うレディーカカ

 

あのなぁ~~

薬入れてりゃこんな事なんねだろ!!!

 

赤い粉だけ足りなくなって

ジベレリンの薬が余らなかったか!!

 

余っていません

赤い粉も足りなくありません!!!

 

 

しかし

ブドウは嘘をつかないし

結果ははっきりしている

まさかジベレリンの薬にジベレリンが入っていない事はないはずだ

レディーカカは強い

別に攻める訳ではないが、こんな過ちを繰り返してほしくない

そのためには原因を訪ねて、それに対する対策が必要だし

それに対する自覚が重要なのだと思う

明確な過ちに気付き、それを否定するようでは

さらなる過ちを犯す事になるだろうが・・・・・

彼女はオレが首をくくらなきゃならんような過ちを・・・

これで重大インシデントは2度目なのである

 

 

家に飛んで帰り

残っている2回目用のジベレリンの箱の中身を確認してみると

やはり薬の数だけあるはずの赤い色素の袋が2袋足りない

 

彼女は薬を作る時に

展着剤やHB101や花カス落とし用桂皮エキスなどなどと

赤い色素は入れたのだが

肝心要のジベレリン製剤そのものを入れなかったのだ

 

決定的な事だし証拠でもあるが

その事を彼女にも言わなかったし、それで責めたりもしない

 

 

彼女はジベレリンを入れてなかった筈だし

入っているはずがない

その日行った、ブドウ園の中でも若手の最も稼ぎの多い

大きな枝を持つ主力のブドウの木数本

 

ジベレリンの適期を逃してしまい

その日3人がかりで丸一日行ったジベレリン作業を

半日で2人で行えるはずもなく・・・・・・・・・・・・・・

 

 

激しい落胆と脱力

眩暈と吐き気

もう・・・・もう・・・やる気も頑張る気も・・・

 

 

次に失敗しないために

過ちに正面から向かわなくちゃならん

 

それなのに彼女は

私は薬を入れたという

それなのに、この結果を如何に説明しようというのか・・・

 

 

薬を作る時

水を測り、一番にジベレリン製剤を溶かす

その後、色んなものを入れて最後に赤い色素を入れる

 

オレの場合、緑王という水の分子を細かくする液を入れるので

その液は最後に入れなきゃならないので

兎に角薬を作る時の入れる順番に拘りがあるので

赤い色素は入れなくてもジベレリンを入れなという事はありえない

 

彼女はおそらく一番先に赤い色素を投入したのだろうと思う

 

 

 

適期を逃したぶどうは・・・

種ありになるかもしれない

トウモロコシの様なガチガチの粒の小さいブドウになるかもしれない

全部種ありじゃなくて、斑に種のあるブドウになっちゃうかもしれない

 

兎に角売り物にはならないだろうかと思う

 

でも、かろうじて光が見えるのは

元々オレのジベレリン処理が

通常より2~3日早めである事

 

 

 

お店に行って

1本税込み700円くらいのジベレリンの薬40本を買ってきた

コップ付けだと全部で10本~12本くらいしか使わないのに・・・

 

その40本を80リットルの水に溶かし

動力噴霧器で・・・・

 

もともとコップで浸漬しなきゃならんのに

霧で散布

果たしてどのくらいの効果が見込めるか分からんが

ダラダラになる程の量をかけたので・・・・

それでも斑に種ありになってしまうかも分からん

 

兎に角

オレは出来る事をするしかない

 

 

もう、チエンソーでジベのなってない木を切っちゃおうかと思った

 

自分で管理できないものを持つべきではない

 

そういう意味で言えば

レディーカカは一丁前に色々手を出すが

管理能力はゼロに等しいという事だ

 

 

 

 

兎に角、最初気付き、レディーカカにどうなんだと聞いた時

 

泣きそうというか・・・

失神しそうというか・・・・

マジに倒れそうというか・・・・

 

怒りを通り越して

ブドウの枝をクマのようにバキバキ折って荒らしてしまった

 

 

 

ジベ当日の3人の労力

ジベレリンの薬代

それから、もし品にならなければその損失

 

ブドウ園の2割だ

 

年2か月半仕事をしないのと同じ結果が出ない事を望むしかない

 

 

 

 

レディーカカは強い

心もきっと太いのだろうと思う

 

 

その夜

 

出された貝のソテー

 

 

以前知床兄さんから貰った貝で

砂抜きしないまま加工しちゃったので

真空パックして冷凍してあった

使う時は半分に削ぎ切って、中の砂を洗わないと食えない

 

彼女

今まで手を付けた事のないその真空の貝を

皿にのせてオレに出した

 

 

おい、何やってんだ??

これ、砂入ってるから加工しないと食えないぞ!!

 

いや、入ってないもん

私食べてみたもん

 

 

じゃ・・・全部食え!!!

 

どうして確信を突いた行動の根拠になっていない事を

ああも自信満々に出来るのか・・・・

 

オレがいつも砂抜き洗いして加工して喰ってるのに

砂入ってるよと、そう言ってあるのに

 

どうしてああも大胆な行動が出来るのか

忘却か・・・ボケか・・・・

 

 

 

日々チャレンジの精神で色んな事に臨み

誰もが羨むような能力を持ってると自覚するオレ

まあ、出来ん事はしないので

出来る事だけが器用になるのだが

それでも人が感心するくらい何をやっても上手にこなすオレ

しかし、そこに努力がない訳じゃない

 

 

イメージ 6

 

田んぼの草取り機も

毎日新たな取り組みに向かって少しづつ完成度が上がっていく

 

クマを捕まえるのだって

口では言えないほどの努力や経験

それに勝るとも劣らない観察力や洞察力の積み重ね

 

失敗を重ねない注意力と記憶力

 

 

 

 

 

愚痴を書いた・・・

 

 

 

レディーカカは

まあ、綾瀬はるかみたいな本当のテンネン女性なのである

 

そう思えば

見てくれが少し違うくらいのもんだ

 

 

ただ・・・

 

 

勢いでなく

考えて行動をしてほしいなと思う

 

 

マジに

オレは彼女のテンネンに殺される気がする

 

 

その事に彼女は気付かないのだろう

 

だからテンネンなのだろうが

 

 

 

 

 

 

ブドウの花が咲いた

 

 

花弁のない寂しい花が咲いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

 

2018.05.31:N,Takanoo:[野良仕事]

大変でしたね

ブドウの事は素人ですが、ジベレリンの溶液は作り置きは出来ないのでしょうか?
シーズン初めに必要分を大容量タンクに作って必要分をその都度汲んで使うというのはどうでしょうか?
それか、大五郎のタンクに先に薬剤を入れて置いて後は水を入れるだけにして置くとか、、
2018.06.03:ヒロポン:[編集/削除]

ヒロポン様

作り置きは出来るのですが、少量過ぎるのでその都度、その朝作った方が管理が楽なんです。残しても高価な薬なので無駄になってしまいます
まあ、来年は簡単な作業なので自分でする事にします
そのくらい簡単な作業なんですがね~~~~
簡単だからレディーカカも私でも出来ると奮起して、慣れてくると簡単に失敗してしまっているんですよ
年に1度の作業、これを失敗したら1年を棒に振ってしまい家族が路頭に迷う・・・そんな危機感を持って仕事してる私ですが
奥さんは、しっかり者の旦那の後ろで呑気に暮らしているという事ですね(笑)
2018.06.07:kuma仙人:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。