厳しい意見

 

 

 

幾日か雪が降らなくて

除雪仕事もないのでなんだか暇だ

 

まあ、春に向けて、苗代ハウスの雪をどけ始めたり

お米の種の注文しに行ったりと

少しずつ雪いじくり以外の?動きも始めるゆとりができた

 

 

はげしく山を歩き回らなかった昨日は

体力がありあまり

夜中に目が覚めて寝られなくなってしまい

暗いうちに起き出して、どんぶり飯を喰ったのである

 

 

 

 

時が来たら書こうかと思っていたのだが

その時がなかなか来ないので

もう待ちきれず書きたい事がある

 

 

昨年までやっていた

県の鳥獣保護管理員の辞職願を出している

 

昨年12月上旬に提出したが

まだ正式に受理されていないようだ

 

 

オレは、この仕事を長くやって

地域や狩猟などや野生動物などなどに関し

色んな貢献が出来ればいいなと思っていた

 

そして、そのつもりで精力的に活動したつもりである

 

しかし

それが煙いニンゲンが存在したようで

こっつまらん事を言う奴など居ったので

あ~そうですか、ならやめて差し上げます

 

と、やめて差し上げたつもりである

 

まず、市町村に充てられる鳥獣保護管理員と言うのは

各市町村からの推薦でなるモノである

 

各市町村それぞれ独立した職であり

別の市町村の同職に対し

その人事や職についてとやかく言えるのもではない

 

が、それを言った奴が居る

それがまた、県のリョーユー会の大物だというのだから

カチンと来ましたね

 

誰彼から何ダカンダ言われたくらいでどうこうなる俺じゃないが

正当な行動をして、その正当さを僻まれるんでは面白くない

 

越権行為と大物と言う肩書に物を言わせ

末端を切ろうなどと言う旧態依然とした

悪代官の様な奴の行為を晒してやろうと思い

任期を待たず辞職願を提出した訳だが

 

ついでに、その大物と言う人は

オレの町の有害鳥獣駆除隊員の任命も行っている

 

四本足の動物の猟もした事のないような人が

そう言う動物駆除の隊員の推薦だとさ

 

ワタクシにしてみれば

そんな人の推薦した駆除隊など

テッポー撃った事もない人が実態も分からず組織した隊であり

危なくって農家の被害を守るとかいう前に

自分の身の安全の方が危ぶまれる訳で

町の駆除隊も昨年4月から辞退している

 

まあ、そう言う事も面白くなかったのだろうが

事実だから仕方がない

 

命を奪う道具を扱う以上

いい加減な判断の中で人事をすべきではない事は

誰が考えたって明白な事である

 

 

県内の若者の狩猟者に関わる技能研修なども

それに協力する立場であったワタクシであるが

 

リョーユー会のお偉いさんが

若いものや駆除に参加しない奴には勝手な事をさせん

などと宣い

 

その後、その研修が若者の技術研鑽や技能伝承に繋がったのかも分からん

 

まあ

 

ここに書いたことは

オレから見たある一面の事であり

組織と言う立体を全ての面から見て書いている事ではないが

 

保護員辞職も

途中辞職で、波風立てようと思ったのだが

なんだかズルズルと辞職願を受理されないまま

3月に入り、任期満了での次回職を辞退したみたいな形になりそうだわ

 

 

 

 

オレの町で

入猟税を支払い

純粋に狩猟だけをやってるのは

新規入会会員の他には俺だけだ

 

つまり

俺だけが純粋な狩猟者という事であり

本来猟友会員として最も純粋であるはずだが

どうも、その猟友会も

駆除をしないという事で仲間じゃないとも言われているそうだ

 

まあ

 

どうでもいいや

 

 

オレは

オレが納得しない中で

自分を殺してまで大人しくする人間じゃない

 

まして

銃器と言う危険なものを扱い、命を奪う事を行う以上

共に猟をする仲間は

人格や技量、知識や経験などを重んじ

相手を尊敬し信じ頼れる者だけが仲間だと思っている

 

少なくともオレが参加している猟友会と言う組織は

猟を共に行う組織ではなく

猟に関する事務的な組織でしかないばかりか

古参が幅を利かせ、威圧的で高圧的で

そのくせみんな横並びの公平でないとダメだとか言いながら

はっきり言って、クマやイノシシなどの猟には殆ど経験がなく

クマの猟と言えば駆除の檻で捕まえる話だったりするし

支部長(県単位の支部の事)などは

そのクマの駆除檻が同管理されているかさえ分かっていない始末だ

 

まあ、これだけ書きゃ充分憎まれるでしょうな(笑)

 

 

でもご安心ください

 

ワタシャ猟友会やめますから

 

メリットが何もない

 

支部会費や分会費 県会費 大日本会費

相当な額になりますが

なんかメリットってあったんですかね??

 

これまで十何年間 年2万円近く払ってきたんですが

 

やめたところでなんかデメリットがあるんですかね??

 

県の猟友会の親方に聞きたいところですね

 

 

そしてやめる事のデメリットって何ですかね??

 

 

現在猟友会に入らなくちゃ駆除は出来ないみたいになってますが~

 

オレは駆除をしてないので関係ないし

駆除のための猟友会みたいになってるし~~~

 

まあ、被害を受ける農家を中心に

被害防止組合でも立ち上げて

その中で、銃を持つ人間が中心になって駆除を行う組織でもやりましょうかね

 

そこが主体になって

技能や知識や経験ある猟師や伸びしろある若手をヘッドハントして

市町村の駆除組合を持ったら駆除も効率的でしょうね

 

狩猟のついでに駆除参加じゃなくて

 

明らかに自分ちや近所の農林被害を減らすために

銃や罠を持った人が主体になるんですから

変な名誉や欲はありませんからね

 

 

まあ

 

こんなこと書けば

リョーユー会のお偉いさんが潰しにかかってくるでしょうけどね

 

駆除は当事者が行うのが一番いいんですよ

 

それも専門的な深い知識を身につけてですね

 

 

趣味じゃありませんからね

 

 

 

まあ

 

 

駆除と狩猟

 

 

少し考えて

 

 

事故や違反のないよう

起こらないようすべきですね

 

 

 

事故や違反がない事

無駄に野生動物を殺さない事

 

そう言う事が一番大事な事だと思うんですよね

 

 

 

それを担ってるのは猟友会じゃないと

オレの住んでるところではそう思うんですよね

 

 

 

 

 

文句があるなら

その辺で言ってないで

このブログのコメント欄に頂きたいものですね

 

 

そしたら

全国の人がみんな見てくれて

色んな判断や助言をしてくれますよ

 

 

意見は人眼に晒されるべきです

そして初めて公平になるというものです

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

 

 

 

2018.02.23:N,Takanoo:[動物対策・農林業について]

猟友会って?

 「猟友会に入らずに狩猟をする」のも、我々の選択枝の一つですよ。
その会が、 山を歩けなくて山を知らない上に、欲の深い年寄りが多いと来たら カマッテイラレナイのは多いに理解できます。
老友会歴0十年の私もそう思いますね。
2018.02.24:米沢猟師 T:[編集/削除]

米沢猟師 Tさま

保険が色々言われていましたが、今回猟友会以外の保険に加入できる事になったので、会を脱会します
会のメリットが分からない 確かにいろんな人と出会う事は出来ますが
それが会に居ないと出会えなと言う訳でもない
知識や技術も、会だから特別先進的な事を学べるなんてことは少しもありませんでした
オレの分会では会費を支払う事が無いと、入猟税を支払ってもお釣りが来ます
なんだか、偉い人のためにあるような組織感がどうしてもあって・・・
それが分会独特なのか支部独特なのか、猟友会そのものがそうなのか分かりませんが、とにかく、意志を強要されるような組織の中にはいたくありません
自由意志を尊重してくれる会であれば、それはそれこそが仲良し趣味会なのでしょうが、そうでもないし、技術研鑽がある訳でもないし
自慢話ばっかりで、口達者な人ばっかりの言いなりと言うか・・・
なんだか、とにかく、組織の在り方に納得できないので
カマッテラレマセンワ(笑)
2018.02.25:kuma仙人:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。