豊かな生き方

  • 豊かな生き方

 

 

 

 

豊かという定義は色々あると思う

 

しあわせという定義も色々あると思う

 

 

定義は定義であるが

主観は主観なのである

 

 

つまり

ワタクシは、社会的にはボンビーな百姓であり

金銭的にヤバいというくらいの状況にあるのだが

それを一般的に豊かとは言わないだろうし

しあわせだとも言わないような気がする

 

 

 

しかし

ワタクシは、不思議な事に豊かでありしあわせなのである

 

そういう主観を持っているのである

 

 

なんだかすごい豊かでしあわせな気がする

 

 

 

 

 

 

先日、山から授かったいのちの躯

 

とてもお金に換算できる代物ではない

 

オレのブドーも似たようなものの様な気がするが

それ以上にものすごく有難いものなのである

 

オレの拳骨の半分くらいにちょん切った肉の塊

 

イメージ 1

 

つまりは、クマボクチャンのお肉の塊

 

下処理をして焼く

 

そのままじゃ歯が折れるくらい硬い

 

そいつを薪ストーブの上でコトコト煮る

 

イメージ 2

 

グツグツいわないくらいに優しく煮込む

 

まあ、それなりの野菜などを放り込み

羅臼の昆布も欠かせない

 

1日煮て

 

2日煮て

 

 

試食タイム

 

イメージ 3

 

 

まだ仕上げの処理はしていないけれど

 

チビスKとジコ姉ちゃんが喰う

 

 

 

どれ程地味深い事か・・・・

 

まさしくいのちの味なのである

 

 

到底、普通に得られるものではない

 

 

獲り、的確に処理し、的確に料理する

 

 

そんな事を出来る猟師はそうそう居ないと思う

 

 

オレは

このお肉の主を愛している

 

 

飼って育てた訳ではないが

兎に角、愛情を持っていると自分で思う

 

 

獲物という対象ではなく

共にこの世に生きてるという、そういう感情

 

 

 

今夜最後の仕上げをして

最高の料理に出来上がった

 

喰うのは明日の晩以降なのであるが

 

 

美味しいのに、勿体なくて口に運べない

嫌いじゃない、大好きなお肉の料理なのだけれど

作っておいて、あまりにも勿体なくて

自分の口に運べない

 

 

家族が喰うのを喜び見ているだけでも

嬉しくて

豊かな気持ちになれる

 

 

オレの獲るクマボクチャンとは

俺にとってはそれ程偉大で畏敬な存在なのだ

 

 

 

 

 

豊かである

 

米沢のエンドーさんから貰ったアユ

 

 

イメージ 4

 

これも、エンドーさんが自ら捕まえたものだ

 

旨い

 

友に恵まれているのである

 

 

豊かでありしあわせな事である

 

 

 

タダスさんちの自家製おみ漬けも食卓に並ぶ

 

イメージ 5

 

 

みんな、それぞれがそれぞれに思いを込めた食なのである

 

 

これほど豊かでしあわせな事があろうか

 

 

 

 

そう思う

 

 

 

 

 

イメージ 6

 

友から カニも送られてきた

 

有難い

 

 

山に居て、ボンビー農家に、こんなものは滅多に食えない

 

あまりに美味しいので

皮ごとバリバリと食ってしまった

 

 

ほぼ、野生の動物と化しているワタクシなのである

 

 

それにしても、全部皮まで喰うのは厳しいので

残った皮や残骸は・・・

 

乾煎りし、香ばしさを出して

酒で煮る

 

イメージ 7

 

 

カニのビスクなのである

 

 

材料が整っていなかったので

手抜きの様なものになるのだが

食のベースとなるのでありがたい

 

 

 

豊かなのである

 

 

 

 

11月10日以来、人が来なかった日は2日くらいしかなかったけれど

 

 

今日は久しぶり

 

一人で山に向かった

 

 

イメージ 8

 

 

なんだか色んな事に疲れて

動く元気もなかったのだけれど

 

それでも

誰もいない静かな山に行きたくなるのだ

 

 

 

小さな足取りで

ゆっくり歩む

 

 

どんな一歩も踏み出さなければ前には進ます

 

どんな一歩もその積み重ねが

日本縦断もするし、世界一周も可能とする

 

踏み出さなければ何も始まらないのである

 

 

 

少しばかり積もった雪の中

イノシシが駆け回った跡がと

カモシカの足跡

 

イメージ 9

 

 

静かで

自然の音しか聞こえない

 

 

風の音

 

雪が舞い落ちる音

 

 

オレの雪を踏む音

 

 

イメージ 20

 

 

寒いわりに涼しそうな姿のオーサンなのである

 

 

 

 

 

イメージ 10

 

単独行動なので

久しぶりにアッシッシを連れて行った

 

イメージ 11

 

厳しい自然の木立

 

静かである

 

 

寂しげであるけれど

 

 

そんな中に身を置くのが好き

 

 

イメージ 12

 

厳しい寒さは

霧を氷に変える

 

そんな静寂が好き

 

イメージ 13

 

 

誰もいない厳しい寒さも好き

 

 

 

ここには虚栄も名誉も虚飾も何もない

 

 

真実しかないのだ

 

 

 

イメージ 14

 

峰の雪は長靴が埋まる程

 

歩くのが辛い

 

 

でも

それが良い

 

 

これを乗り越えなければ

その雪を語る事は出来ない

 

クマボクチャンを授かる事もないだろう

 

 

イメージ 15

 

 

バカみたいに喜んでるのはアッシッシばっかりだね

 

テッポーも服もみんな凍っちゃった

 

 

イメージ 16

 

吹雪になった山の頂は

ご飯を食べる余裕なんてない

 

アッシッシのご飯を出すと

奴は喜んで食ってる

 

オレは、非常食を齧っただけで

寒くてご飯食うような気分じゃない

 

 

でも、それでもここち良いのである

 

 

 

イメージ 17

 

霧と吹雪で何も見えない頂きに長居はしない

 

 

アッシッシに雪が積もる

 

イメージ 18

 

テッポーは凍ってる

 

雪が積もる

 

 

イメージ 19

 

 

雪の森

 

 

ブナの森

 

 

 

何もないけれど

 

 

なんだか満たされている森

 

 

 

豊かさを感じる

 

こんな中に身を置ける豊かさを感じる

 

しあわせを感じる

 

 

 

 

 

このまま

この森の一部になってしまいたいとさえ思う

 

 

 

 

 

 

 

名誉も地位も威厳も残す名も要らん

 

 

 

 

だって

 

 

 

おれは

 

 

豊かでしあわせを感じているから

 

 

 

友や家族にも恵まれているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)


 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)


 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)

2017.12.06:N,Takanoo:[山の事]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。