あひーじゃ なるもの

  • あひーじゃ なるもの

 

 

このまえコストコに行って

「あひーじゃ」という食い物を買ってきた

 

これは、イナピョンが

「あひーじゃ」味のポテチを買ってきたところから物語が始まったのである

 

 

ワタクシは、「あひーじゃ」というものを知らんかったのだが

イナピョンが

アニキ、こういうの好きだと思って

と言って、そのポテチを買って持ってきたわけだ

 

 

ワタクシには

それが何処の食い物で、どんな様相のモノなのか全くわからんで

 

その時一緒にいたシロアキとイナピョンの話を聞くと

 

ドツボ(土壺)にオリーブオイルを満たし

その中に海鮮や野菜などを入れて煮るもの

 

と言うではないか

 

ワタクシの頭の中では全くなんぞのモノなのか想像だに出来ず

そいつはどこかの土人が喰うものであろうか

 

ドツボにオイルを満たし煮るとは

ドツボで天婦羅を敢行致すという事なのか

 

それにしても「あひーじゃ」と言う音の響きは

中南米、メキシコあたりの言葉の響きに似ているのではないか

 

しかし、ドツボで油を熱し、そこから直接取り出して喰うには

舌や口内をやけどしやしないだろうか

 

味は一体どうなっているのであろう

 

などと思うところなのであった

 

 

 

して、こないだコストコに行ったら

パックに入った「あひーじゃ」セットなるものがあった訳である

 

 

イメージ 1

 

思ったより付属の油の量が少なく

イメージしていた油煮と違うものになってしまttが

980円くらいのCAVAというシュワシュワ葡萄酒も買ってきて

一緒に試してみたのである

 

 

イメージ 2

 

たまにはシュワシュワ葡萄酒もよろしいが

口をあけると全部飲まなきゃならん気がするので

それなりの覚悟が必要なのである

 

もちろん開けたら1本は飲む

 

飲むなと言っても飲む

 

1本で足りない場合もあるので

日本酒も焼酎も大五郎も用意されている我が家である

 

 

 

イメージ 3

 

見た目は賑やかである

 

鍋から直接取って喰うのが良いというので

そうしてみた

 

 

 

 

ん~~

 

 

ん~~~~~

 

 

 

良く分からん食い物である

 

 

 

 

 

 

次の日

 

そいつの残った汁と具に

オラが作った

ムキタケとサラガイ(ホッカイドー知床産)の煮ものを混ぜて

そいつで作ったのがこれだ

 

イメージ 4

 

まあ、見た目がイマイチのパスタ大盛り

 

 

ムキタケとサラガイは貝の煮汁で煮詰めて、そこにカニの煮汁も少し入ってる

 

かなり濃厚なうまみの強い味である

 

そこに

ニンニクなどが効いたあひーじゃの残りかすを混ぜた訳で

 

これがすこぶる宜しい

 

非常によろしい

 

 

何とも言えんくらいよろしい

 

とってもよろしい!!

 

 

 

旨い!!

 

うまい

 

 

 

 

 

 

あ~~

 

 

 

旨かったなぁ~~

 

 

 

 

 

 

あひーじょのパック買ってきて

全部キノコとサラガイの煮ものに入れちゃおうかな

 

 

などと思うワタクシなのであった

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.03.10:N,Takanoo:[食いモノ]

大五郎

大五郎と言いますと5リッターぐらい入った焼酎の事でしょうか?
2016.03.11:ヒロポン:[編集/削除]

ヒロポンさん

そうです!そうです!
ワタクシは、あんまし焼酎は飲まないので、ほかの酒類があるときは、焼酎がいっぱい在庫になるんです。
おれが焼酎飲むと思って持ってきてくれる人が多いのですが、私の場合、焼酎は非常時用のお酒です
メインは日本酒ですね~
たまにビールやワインが良いですね~~(笑)
2016.03.11:kuma仙人:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。