車庫にある冷凍庫の中の品物を抱えて

家まで30秒

 

お汁のパック詰めの塊なのだが

 

その間そいつを抱えている手に違和感を覚えたのである

 

冷たい・・・・筈なのに

なんだか痛いというか、刺さるような感覚

 

冷凍庫の設定は弱にしてあるので

中のモノの温度はだいたいマイナス12度くらいだと認識していたのだが

 

 

家の中に持ってきて

そいつを手放して驚いた!!

 

何と

親指と、掌が凍っているではないか!!

 

 

冷たくなって張り付いたとか

そういうレベルではない

 

完全に親指と掌の一部が凍って硬くなって

そこに霜が付いたみたいになっていたのだ

 

たった30秒

 

確かに異常な感覚はあったし

何だこりゃぁ~~変だぞ~~おかしいぞ~~

耐えられん冷たさだぁ~

なんか手に潜り込んでるみたいな感じだぁ

 

とは思ったが

まさか、ドライアイスをいじくった訳でもなし・・・・

 

それが昨日の事だが

今俺の親指は、ちょっと痛いというか

やけどしたみたいになっている

 

イメージ 1

 

んで・・・

俺の冷凍庫はいったい何度になってるのか分からんが

兎に角恐ろしい程の低温に見舞われ

北極南極のブリザードみたいな冷たさに襲われているのである

 

つうか、普通ですね

冷凍庫で凍らせたくらいのものを30秒持ったくらいで

指凍ったりしませんよね

 

 

 

 

さて

昨日で今期の山形県の狩猟期間が終わりました

 

俺んところの猟友会も無事故無違反で終了しました

大変喜ばしい事です

 

 

14日には、最後にみんなでやる猟を行いました

 

が、その前に、小国町のリュウゾーくんが

イノシシ喰うというので

玄関の前にすぐ持って行けるように準備しました

 

こなら、俺が留守でも

来てすぐにどこにあるか分かるし、持っていけるでしょう

 

イメージ 2

 

 

固まっていたのでこんな姿になりました

 

 

 

こんな準備とかして

集合場所に向かいましたね

 

そこで作戦会議開いて

イノシシを獲る事にしましたが

今までいなかった動物ですから

この辺の人は殆どイノシシなんて見た事ありませんし

どういう動きをするのかもわかりません

 

イノシシとカモシカの足跡の区別もつかないくらいです

 

イメージ 3

 

足跡を追う人は

ドロドロイノシシが雪の中を歩くので

泥足イノシシですからすぐにわかりますが・・・

 

 

オラが指示して、囲い込む一番奥の人は

イノシシ未経験なので足跡がカモシカと区別付かないまま

その足跡を判別する羽目になっちゃったんです

 

 

あ~カモシカみたいな足跡あるけど

1匹分しかないよ~~

 

 

それ、カモシカですか?イノシシですか?

カモシカで間違いないですか??

 

と聞くと、

 

たぶんカモシカだよ

でっかいし、1匹分だから・・・・・

 

 

じゃ、カモシカってことで、囲いにイノシシが居ると判断して

始めますよ~~~

(俺はイノシシが数匹いるとみんなに伝えていた)

イメージ 4

 

と言う事で、本格的に徹底的に

イノシシの追い出し捕獲作戦に入りました

 

ドボドボぬかる雪を押し歩き

山を登り沢を越え・・・・・・

 

入っているならもうここしかないと言う所にまで来ましたよ

 

 

そして、イノシシが逃げそうな場所を見てね・・・

と頼んでいた人が、見えるはずのところに見えません

さっき、お話しした人ですね・・・

 

 

あれ?

 

あそこ見てって言ったのに、あそこにいねじゃん??

で、どこにいるのかなぁ????

 

 

と、思って

○×さん現在地どこですか

指示した場所に行きましたかぁ??

 

そう聞くと

 

うん、言ってた低いとこに来たんだけどなぁ~~

 

ん・・・・

 

無線のスピーカと別に生声が微かに聞こえる

聞こえる方をよ~~く見てみると

 

あ!! いた!!!

あ~~~指示した所と全然違う~~

 

あ~~

 

こりゃ・・・・・ダメだ

 

 

俺の事見えますか

南の全然木のない雪で真っ白な真ん中にいますけど~~

 

 

え~~と~

見えませんね~どこですかぁ~~??

 

俺からははっきりと行動が随一すべて見えてるのに・・

 

あの~どっち見てるんですかぁ??

南ですよ

イノシシは南から北に向かってますよ~~

間もなく○×さんの居るところに、足跡追ってた勢子が到達しますよ~

その足跡って、カモシカじゃなくてイノシシで

すでに囲いから出てるんじゃないんですかぁ~~????

 

あ~え~~

あ~~見えました見えましたぁ~~~

 

 

 

 

まあ、仕方ありません

オラだって、最初はイノシシとカモシカの足跡区別できませんでしたからね

場所も、麓から見た景色と現場の景色は違いますからね

 

俺みたいに、弾丸の到達した穴ぼこの開いた木を

500m先から歩いて探すなんてことできる人いませんからね

 

 

この時点で、10人くらいで動いていたのですが

その行動は終了ですね

 

 

勢子の皆さんには登ったり下りたりえらい目にあわせてしまい

何とも申し訳なくて

頭が上がりません

 

イメージ 5

 

オラを含めた4人の他に

山の向こうや上に6人いますから

大所帯での巻狩りでしたが

 

最後のみんなで出来る猟は失敗に終わっちゃいましたね

 

 

 

イメージ 6

 

4人でトボトボ歩きましたが

楽しいですね~獲れなくても

山をみんなで歩いて楽しめるってしあわせです~

 

終わったあとは

今シーズンの反省会です

 

イメージ 7

 

 

ほどほどに盛大に行われました~~~

 

 

 

あくる2月15日

この日がホントの狩猟最終日です

 

いつもの仲間に、新人と連れて山行ってきました

 

結構奥の方の山です

 

イメージ 8

 

初めての新人で、こんなところ初めて来ますからね

 

とんでもない山奥に連れていかれたと思った事でしょう

 

イメージ 9

 

這って登るようなところが好きなので

ついつい険しい所をクマみたいに歩いちゃうワタクシです

 

何とも、こんなところをヒーヒー言って登るのが

なんだか最近異常に好きになってきてしまいました

 

しかし、こういう所を登ってると

獣の方が驚いて腰を抜かして俺に撃たれるというパターンが続いています

 

若者新人には、やはりそういう事も覚えてもらいたいですね

 

イメージ 10

 

最近大物猟に目覚めたタダス君も

非常に頼もしい仲間です

 

銃の経験は俺より長いのですが

大物猟は3年目です

丈夫な上に、温厚で、私は信頼している先輩です

 

 

でも

 

結局6キロほど登ったり下りたりを繰り返しましたが

この日はなんの足跡もなく・・・

 

 

今年の猟が終わっちゃいました

 

イメージ 11

 

 

あっちこっちひどい所を連れ回されたショウタ・・

 

きっと、今日今頃は

便所に座る事も出来ないくらいの筋肉痛でしょうね

 

 

これからいっぱい仕込んで

良い猟師になってもらわんとね~~

 

 

 

 

という事で

 

 

今年の猟が終わっちゃったぁ~~

 

 

 

あ~~

 

 

もっと遊びたいなぁ~~

 

 

2016.02.16:N,Takanoo:[鉄砲撃ち]

「単位」が・・・・

kuma仙人様
何事も無く「猟期」を終えられたことが何よりですね。
メンバーが揃っての巻き狩りが恒例行事とは、なんとも羨ましいチームワークです、当地区の総会で提案してみようかと思いました。
しかし・・・、「イノシシが食べたい」で、一頭丸ごととは!。
フツ~「2~3キロ」じゃないでしょうか??(笑)。
これは「伝説」となり、またまた「自由時間」が無くなるでしょうね・・(笑)。
2016.02.17:突発性モノズキ症候群:[編集/削除]

突発性モノズキ症候群さま

恒例行事なんですが、参加率が減ってきています
しかし、若者、後継者が入ってきているので、なんとか維持できそうな気がします

イノシシ、まあ、仲間で分けるのは簡単なのですが、ぜんぜん手出ししない人にまで分けることもない訳で、そうすると、余っちゃうんです
解体するのが面倒なので、そのまま貰って頂けると楽な訳で~~~(笑)
という事で、こんなもんを見たことが無い地区の人に差し上げたので、喜んでもらえたみたいです(笑)
2016.02.19:kuma仙人:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。