ジビエ って良いね~~

  • ジビエ って良いね~~
 
イメージ 1
 
自家製の生パスタと
クマボクチャンラグーなのである
 
ラグーと言うのもが何なのかよく分からんが
ミートソースみたいなモノである
 
高価そうな赤ワインの香りや味が贅沢に含まれ
クマボクチャンの風味と食感は
牛や豚など及びもしない高貴で貴重な味わいである
 
 
これは、奈良のレストラン
リストランテ リンコントロ
のオーナーシェフの作である
 
作はオーナーであるが
盛り付けはレディーカカなのであるから
その見た目と内容の不一致は致し方ないのである
 
 
なんだかんだと水飲みビンボウ百姓を詠うワタクシであるが
ホントにビンボウなのであるが
 
かねがね書いている通り
オイラの喰うモノは、各地のお友達などの好意により
相当に信じられないくらい希少であり
また、高価なモノを頂き
オイラの家族の口に入っている訳で
 
過去から現在に至るまで、その感謝感激は測り知れぬものがあり
なんぼのお返しも出来ておらぬ事に申し訳なさを覚え
ただただ感謝致すばかりである
 
 
 
昨日には、フレッツ光クラブとかいう
電話契約での溜まったポイントでなんか貰えると言う事で
各地の喰い物など検索したのだが
なかなか好みに合ったものも無く
とりあえず・・・・という事でこんな物をチョイスした
 
イメージ 3
 
米沢牛と豚肉のハンバーグ
米沢の隣にいてわざわざそんなものをチョイスする事もなかろう
と、思うのも山々だが
各地の品々に魅力的なものが少なく
当りさわりないものばかりで
当り外れのやたらとでかいハンバーグにしてみたのだ
 
イメージ 4
(まだ食ってない)
 
ハンバーグと言うのは、お店などによって
かなりの当り外れがある
 
美味しいハンバーグのお店は何を喰っても旨い
オイラはそう信じている
 
そう言う面で、ハンバーグ専門のファミレスなど多いが
ちょっと・・・アレは・・・
 
講評する気にもなれないと言うのがオイラの舌の感想である
 
 
 
 
 
さて
先日こさえた クマさんバーグ
 
作った時に1個しか試食していなかった
 
真空パックして冷凍後の味を確かめるために喰ってみる事にした
 
これは、パック加熱後に冷凍して保存するというパターンも考慮して
冷凍パックのまま煮てみるという調理法をとった
 
イメージ 2
真空の圧力によりわりとペッタンコになったクマボクチャンバーグである
 
袋に入ったままお湯に入れてみた
イメージ 5
 
コトコトと袋のまま煮込みますね
イメージ 6
 
弱火で時間をかけて煮込みます
すると、だんだんと小さく?というか締まってきて
厚さが増して来ます
 
袋の上から押して見て
赤い汁が出なくなるまでしっかり火を通します
 
袋の中には肉汁がいっぱいです
 
 
15分くらい煮たでしょうかね
コロコロと締まった感じのハンバーグになりました
 
この状態で少し火であぶって焦げ目を付けたほうが美味しいでしょう
 
イメージ 7
しかし、今回はこの段階での試食です
 
良い匂いがしますが
クマ特有の香りです
そんなに強い香りではありませんが
他の家畜とは明らかに違いますね
決して嫌な匂いではありません
 
イメージ 8
 
切ってみると・・・
肉汁が溢れてきます
 
クマボクチャンの脂は非常に良質の脂で
常温で溶ける程の脂です
 
今回のクマさんバーグでは脂は控えめですが
バーグの中には脂の気配も無いように見えちゃいますが
しっかりとその脂はお肉に含まれています
 
当然流れ出した袋の中のエキスにもその旨身はしっかり入っています
 
料理には、そのエキスをソースのベースにしても良さそうですね
 
 
家の家族、特に子供たちは
こういう野性のお肉が大好きです
 
ファミレスで普通のお肉を喰っても
旨い!って言う事は滅多にありません
 
オイラも、あちこちで頂く有名銘柄の各種お肉ですが
これは旨い!!というモノには滅多にお目にかかれませんね
 
やはり、適切な処理の元になされるジビエなどを頂けば
家畜というものの万能性を認めぬ訳ではありませんが
家畜と言う食べ物を食べる家畜としての人間であるような
画一的、平均的な味に強引に引き込まれ
味覚や食感、香りなど様々な感性の多様性を
経済と言う行為の元に放棄してしまうような詰まらなさを覚えるのです
 
そう言った意味では
ワタクシの矮小な交友関係の中でも
先に書いたレストランのオーナーや
 
親しくさせて頂いている
埼玉、春日部の アレコレーノ
オーナーシェフなど
 
ワタクシが猟師として、その命を美味しく頂く事の
共通の理解者として
また、それらをより美味しく供する事の先生として
とても大切な存在であり
日本のジビエなどの先駆者でもあると思うのです
 
ジビエは美味しいです
 
それに合わせた大人の晩餐
ジビエにあわせた膨大にあるあ酒のチョイスなど
家畜と言われるお肉の料理に比べれば
その同一種にある個体差さえも、料理の深みと言うべき醍醐味であると思います
 
 
 
さて、ワインを傾ける訳でもない我が家の田舎料理です
 
茹であがったクマさんバーグを・・・・
 
ハンバーガーモドキにしてますね
 
 
クーマさんバーガーですね
 
 
イメージ 9
まあ
 
あれですね
 
娑婆ではまず出会えない贅沢な??喰い方ですね(笑)
 
 
イメージ 10
 
旨い旨いって喰ってます
 
イメージ 11
チビスkなど
何個でも喰いそうです
 
 
 
味は控えめですから
なにかソースをあわせて頂くと良いでしょうね
 
 
 
 
ちょっと今回のクマさんバーグ
 
 
昨年などお世話になった方々に些少ではありますが
お送り致そうかと思っております
 
 
誰に届くかは分かりませんが
届いたら
 
まあ、喰ってみてください
 
 
お送りする基準は
 
オラも良く分かりませんけど・・・
 
 
 
 
 
 
あははははぁ~~~
 
 
 
 
 
 
 
2015.03.01:N,Takanoo:[食いモノ]

この記事へのコメントはこちら

コメントをお待ちしております(*^_^*)
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。