HOME > ジャイの日のご案内

ジャイの日は、ラクノウ料理でした。

昨日まで、ブログで料理教室での作り方を説明してました。

これら、料理教室に参加してる人にはレシピをあげてますが、それだけでは行き届かない所を説明してたのです。
受講してる人がわかってくれれば、ありがたい。

昨日は、ジャイの日の4月の料理。

アワドのラクノウの料理をつくったのを、荷造りして発送しました。
16人様です。
新作で10品つくります。

ラクノウは穏やかで、私の好きな街でもありました。
総人口280万より多い、大きな都会です。
日本人はあんまり行かない所でもありますが、ムガール宮廷料理の流れを汲む、アワド料理です。

ラムは柔らかくなるまで2時間ほど煮ました。

鶏は漬け込んでおいたマサーラーやダニヤーパッタをつけたまま焼いたものです。
香りがいいです。

10品発送しました。
いつも気をつけてますが積み残しがありましたら、ご連絡をよろしく。

2021.05.01:jay:[ジャイの日のご案内]

ジャイの日の料理は袋詰めに。

ゆうべジャイ通信を書き上げ、ランチ終ってから駅向こうの百均にコピーをしに、それとショッピング。

店に帰り、もうすぐ6時。

ラベルを書き、はりつけ、ご飯を詰め、何種類か詰め、うまくいけば明日出せるかな。
まあ土曜日でもいいかな。

仙台のデンバーさんは「店は休みにして内装を変える」と言ってたけど、何処に送ればいいのかな。
2021.04.01:jay:[ジャイの日のご案内]

ジャイの日の料理完成!

朝早く店へ出て、パニールの仕上げをした。
生クリームとチーズをからめ、オーブンに煮上げました。

とりはバターをつくり、これに浸して揚げます。
バターというのは衣のことで、玉子をとき、ベーサンやマサーラーを入れ、かき混ぜドロっとした衣です。

プルゴーヴィはダヒーの中にマサーラーを入れたものの中に漬け込み、油で揚げ、ソースは別にピヤーズとタマータルでつくったものを揚げたゴーヴィに注ぎ込んだものです。

それとプラオは赤いんげんでつくったものと一緒に炊き込んだものです。

Sさんが来る前に3人様。
Sさんは大満足してくれたようで、こっちも嬉しくなりました。
2021.03.31:jay:[ジャイの日のご案内]

ジャイの日の料理をつくる。

まず整形外科へ行き、スーパーで生クリームを買い、毎週行くすし屋で定食を食べ、店へ。

さあやるぞ、というその前にメニュー、まだ翻訳してないものを翻訳した。

チャトニーとピクルスは作ってあるので、まずSWEETから作っていく。
スージーのシーラーだ。
シーラーはいつも作っているのは米の粉だけど、今回はスージーを材料にしたシーラーです。

その後はピヤーズを切っておいて、炒めておこう。
3種類の分、ライス以外は何とかがんばって作りましょう。

今は3時半です。
休みなのでお客様に気を取られることはなく、作れます。

PULAOは明日炊きます。

ラージャスターンの料理で、誰も食べたことのない料理でしょう。
インドの人でもほとんど、ラージャスタンの料理なので知らないでしょう。
2021.03.30:jay:[ジャイの日のご案内]

ジャイの日の料理を決定。

今月のジャイの日のメニューを決めました。

1.ラム ADLAH ラムの挽き肉料理
2.とり TAWEKA MURG 下味をつけた鶏の揚げもの
3.パニール PANEER TIKKA パニールを使った料理
4.カリフラワー料理 DUM KI GOBI 下味つけをしたカリフラワーを揚げ、上からソースをかけた料理
5.じゃがいも料理 ALU DUM じゃがいもの料理
6.ウラドスピリットグラムの料理 ダールの料理
7.ラズマを炊き込んだご飯料理 RAZMAH 赤いんげん
8.CHUTNY キウイ
9.PICKLES わさび葉
10.SWEET SUJIKA SHEERA

をようやく決め、もう11時過ぎてました。
勿論店は8時50分でしめました。
2021.03.29:jay:[ジャイの日のご案内]