HOME > 男のピアノ徒然

中学生=自我の目覚め=部活=ピアノ by ピアノレッスンルームikoi

  • 中学生=自我の目覚め=部活=ピアノ by ピアノレッスンルームikoi

https://pianodiary.exblog.jp/11615668/

 

上のブログを読んでいただいた方が、
「僕」という性格がわかると思います。

 

人は中学生に入るくらいの年頃になると、
『自我の目覚め』という事が起きます。
はっきりと「自分」というものを自覚して
「自分の意思」というものが出てきます。

 

上のブログを読んでもらうとおわかりかと
思いますが、僕の中学時代は小学生からの延長であり、
あまり自分の意思を積極的に表すタイプでは
ありませんでした。自分に自信がないから、あまり
外界に自分をアピールしていかない=ともいえました。
「いい子でいたい自分」というのも自覚していて、
それがあまりよろしくないことも知っていましたが、
そんな自分をあまり見ないようにとフタをしていました。

 

絶対に入らなければならない「部活」には、本当は
あまり毎日活動をしていない写真部とか、そのような
ところに籍を置けば、ピアノを弾く時間も勉強の時間も
バランスよく取れたのでしょうけど。(当時のピアノの
先生から「毎日2時間はピアノを練習しないと芸大、桐朋
は無理だ」と言われていました。)(私は3時間毎日練習時間を
とりましたが。)私は小学校でブラスバンド部に入って、
トランペットをやっていて、吹奏楽も楽しいと思っていました
ので、結局中学も吹奏楽部に入りました。

毎日、それだけで疲れてしまい、勉強は宿題をやるのに
精一杯でした。

でも毎日音楽漬けの日々に満足していましたし、
ピアノの先生も「ピアノ以外の楽器をやることも
いいことだ。」とおっしゃってくださっていたので、
ピアノのレッスンで「一番忙しい部活に入っちゃって!」と
言われることはなく気持ちよく過ごしていました。

ただ、やはり「他の人に自分を表現することは苦手」で、
最後まで友達らしい友達もできませんでした。

 

自分で「問題だな」と思っていたのは、小さい頃から
友達がいなかったり、人との接触を苦手としてきたので、
部活動の仲間などで、どう立ち回っていいかわからず、
トラブルになってしまうことが、たまにありました。

こだわって書いている「友達らしい友達がいない」ことを
問題としていたのですが、最近になって
『それほど大した問題でもないぞ』と思えるように
人生が変化してきたのです。

 

それで、このように『人生の棚卸し』を始めました。

 

 

 

2022.12.31:ikoi-piano:[男のピアノ徒然]

小さい頃から仲良し友達が作れなかったとしても大人になってそう心配はいらない bi ikoi

  • 小さい頃から仲良し友達が作れなかったとしても大人になってそう心配はいらない bi ikoi

https://pianodiary.exblog.jp/11602488/

 

上のブログの記事を読まれてから、下の文章を読まれた方が、
よりわかると思います。

 

僕は小学校の時も、「仲良し友達」は
一人も作れない子でした。

いつも一緒にいる友達=
何かあった時にすぐに相談に乗ってくれる友達=
が、誰もいなかった。

 

相談する相手は両親のみで、何でも両親(特に母親)に
相談しましたが、音楽の事で相談しても、
親の口から「こうやってみれば?」とか、
「この人に相談してみようか?」という提案は
ほとんどなく、親も「困ったなぁ、わからないなぁ」と。
小学校時代はとにかく自分でぐるぐると考えを巡らせるばかりでした。

 

一番大きな「自分の将来に対する」問題は、
今からでも(当時小学生)すぐにヨーロッパに行って
ピアノの勉強やその他の勉強もしたかったのですが、
どういう手立てがあるのか見当がつかず、
また周りの大人たちを頼っても、明解な答えが
返ってくるとは思えず、また、子供心に
「お金がたくさんかかることを想像したり」して、
おいそれと口に出せないような気がしてました。
下に弟が一人いたので、自分ばかり経済的な負担を
かけることへの罪悪感もありました。

今、思い返してみると、子供は子供なりに
いろんな気遣いを親に対してするのだな=と感じます。

 

 

最初に書いた「小学校の時も仲良し友達は一人も作れなかった」
というのは、今も僕は会話下手で、仲間を作ったりできない性格
なのですが、大人の今になって『当時は親しくなかったけれども
今、なんとなく親交があり、大切なポイントを相談したい時に
相談できる友達が3~4人くらいいる』ことでそれでいいのかな=
と思ったりもしています。

 

今、僕は52才なのですが、52才の僕でも、昔「少ししゃべる」
くらいの友達が声をかけてきてくれて、その子の娘さんに
ピアノを教えることになったり、大事な相談事ができるように
なったり。僕が音楽(ピアノ)をやっていたことを今でも続けていることで
お付き合いが再び起こったり=ということがあるので、
今、自分で気づきましたけれども『友達が今も全くいないわけではない』
のですね!!

 

 

大学の時に師事したピアノの先生(今でも僕は尊敬しています)は、
「とにかく、ピアノは細く長く続けることよ!」とおっしゃった
この言葉のパワーに救われています。

 

長く続けるには辛いこともあった道だったけれど、
たとえ一日、「1分や3分」しか弾けない精神状態の
時もありましたが、ピアノを辞めなくてよかった=と
最近少し感じられることが多くなってきました。

 

 

 

 


 

 

2022.12.28:ikoi-piano:[男のピアノ徒然]

内気な子、繊細な子の隠れた才能の発見の方法は?by ピアノレッスンルームI koiの

  • 内気な子、繊細な子の隠れた才能の発見の方法は?by ピアノレッスンルームI koiの

https://pianodiary.exblog.jp/11595713/

 

上のブログを読んでいただいてから、
下の文章を読むとよく内容が理解できると
思います。

 

の性格は小さい時から内気で、
自分の思っていることや考えがあっても
他の人から何度も「これについて、どう思う?」
「思っていることを自由にしゃべっていいんだよ!」
と言われても、考えを言葉に出せず、全て呑み込んで
しまうような子でした。

 

リンクを貼ったブログにもある通り、
『何度も何度も毎日同級生から
「こっちに来て一緒にピアノを触ってみようよ!」
と言われても、その一歩が踏み出せなくている僕を
見るに見かねて、僕の腕を「ガシッ!」とつかんで
なかば強引にピアノのところに連れて行ったのでした。

 

そんな子が、もし同じクラスにいなかったら、
僕はピアノに触ってないです。
ピアノの楽しさを知ることは一生なかったでしょう。

 

 

周りの優しい言葉がけやサポートが、

その子の新たな才能の発見に

つながるかもしれません。

 

 

僕はその子から、「僕自身の好きな事」

「人より秀でること」を見つけてもらって

今があります。

 

その子へは今も感謝しています。


 

 

2022.12.26:ikoi-piano:[男のピアノ徒然]

dot saku中川さんが生けてくれたフラワーアレンジの器が…

  • dot saku中川さんが生けてくれたフラワーアレンジの器が…
毎月、届けてくれる、フラワーアレンジメントの
器もまた、毎月、違ったものに生けてきてくれる
んですが、今日は、その器の色合いをマジマジと
見つめてみました。

中央の金色の周りに、グリーン色の斑点が、
ランダムに…。
…なんだか、そこに吸い込まれそう…。
遊佐にある丸池様の水の色を思い出します。

…しばし、この斑点を眺めながら、
毎月芸術的に仕上げてくれる
dot saku中川さんの心意気に
思いを馳せっております。

2022.08.16:ikoi-piano:[男のピアノ徒然]

dot saku中川さんが、8月の花を持ってきてくれました。

  • dot saku中川さんが、8月の花を持ってきてくれました。
今回は、色気のあるアレンジに
仕上がっているのではないか…と、
思っています。

最近、お花のお礼に、
十八番の曲、ラフマニノフのプレリュード
Op.23-6とスクリャービンのエチュード
Op.8-12「悲劇的」を弾いているのですが、
毎月、創作していただいたお花を見て、
そこから感じたものを音楽にしています。


今回の妖艶な感じは、僕のパーソナリティーとも
合っていて、『花』と『音楽』が一体化してたように
感じました。


dot saku 中川さんは、すばらしいアーティストです!
2022.08.09:ikoi-piano:[男のピアノ徒然]