日めくりカレンダーからの啓発

  • 日めくりカレンダーからの啓発

会社のトイレの日めくりカレンダー。

去年のものは月めくりタイプだったので、

同じ言葉が31日続くのはちょっと長いなぁ、と思っていました。

 

さりとて、365日分を切り取っていくタイプでは、少しせわしない感じ。

今使っている31日分を毎月めくるタイプが12回復習できてちょうどいいと感じています。

 

なるほどなあ、と唸る内容のものばかりですが、どれも初めて聞く言葉ではありません。

でもその表現の仕方の違いによって、心に響く深さや共感度合いがずいぶん変わりますね。

 

こういうのがあります。

 

28日

「慢心が生む油断」

何事も慣れから隙が生じる。

小隙(しょうげき)は船をも沈める。

どんなことにも、誠実に向き合おう。

 

小隙(しょうげき)は船をも沈める、という一文がなかったらそれほどのインパクトは

なかったかもしれません。

しかし、この一文によってグッとリアリティが増し、気をつけねば、と心に誓います。

 

失敗学で有名な畑村洋太郎氏は著書の中で、創造に潜む2つの危険に注意しよう、と

呼びかけています。

 

 

「地道な努力への敬意の欠如」と「技術者の傲慢」が大きな失敗を招く原因である、と。

 

何かを創造するという一見華やかなステージに立つとき、心しておきたいですね。

 

2016.02.11:壱岐産業:[事務局ノート]