HOME > 記事一覧

ひらすび牧場再開♪

  • ひらすび牧場再開♪

 

お疲れ様です♪

ここ数日、協会の先輩と水生生物(魚)の水槽のことやら、

餌のことやら、水槽の水管理方法などよく話しています(*^_^*)

皆さんも何かペットを飼ってらっしゃいますか?

どーも、近々ハムスターを飼う予定です♪

金魚飼育中のオノです(^o^)/

 

 

今日は、この秋より約3年ぶりに再開された、

飯豊町手ノ子地区にある

ひらすび牧場のご紹介です!

ひらすび牧場にはお馬さんがおりま~す(≧ω≦)b

 

 

この秋、移転しリニューアルオープンとなっております(^o^)/

移転場所は飯豊町の手ノ子スキー場から

約500m先の左側です♪

 

手前に、馬小屋・事務所があり、

奥にお馬さんがいま~す(^o^)丿

 

 

こちらがお馬さんです(^o^)/

やはりポニーとは違い大きかったです!

 

 

取材中はのんびり食事中でした♪

 

 

かわいいねこちゃんもお出迎えしてくれました(>▽<)b 

とっても人なつっこいねこちゃんで、

オノの足に体をすりすりしてくれました♪

 

 

 

ひらすび牧場、詳しくは下のチラシご参照下さい。

チラシダウンロードはここクリック

 

 

詳しいお問い合わせ

一般社団法人ひらすび牧場 担当:かねだ

TEL 090-2609-0890

 

 

月曜日と火曜日が基本定休日となり、

月・火曜日が祝日の場合は営業するそうです。

 

 

 

 

以上、オノでした♪

お馬さん見に来てね(≧∇≦)b

 

 

2014.10.10:iikanjini:コメント(0):[飯豊の情報]

第11回 宇津峠歩こう会 開催♪

 

お疲れ様です♪

今朝も、飯豊町気温が低く、

我が家ではストーブが活躍中です!

どーも、今日も元気なオノです(^o^)/

 

 

今日のブログは、

10月19日(日)に開催される

第11回 宇津峠歩こう会

のお知らせです(≧ω≦)b

 

 

さて、宇津峠を皆さんご存じでしょうか?

室町時代~明治時代まで使われた、

新潟と山形県南部を唯一つなぐ

越後米沢街道

この街道に十三ある峠の一つで、最も険しいといわれた峠で、

明治時代には、イギリス人旅行作家「イザベラ・バード」も歩いたところです♪

 

 

 

 

第11回 宇津峠歩こう会

開催日:10月19日(日)

※このイベントは参加申し込みが必要です!

締め切り:10月15日

 

 

詳しくは↓チラシご参照下さい。

チラシダウンロードはここクリック

 

 

 

 

 

 

イベントのお問い合わせ・申し込み

宇津峠部会長  髙 橋  純   

電話/FAX    0238-75-2832

携  帯     090-7937-5258 

E-mail:jun-tk@orion.ocn.ne.jp

 

 

 

 

以上、オノでした♪

皆さんのご参加お待ちしておりますm(__)m

 

 

2014.10.09:iikanjini:コメント(0):[イベント情報]

10月11日(土) 2014 萩生ふるさと秋まつり♪

 

お疲れ様です♪

先日、スマートフォンの液晶が割れました(T-T )ノ

結局、新品買い換え♪

しかし、今流行のア○フォ○ン6は在庫無く、買えませんでした・・・

どーも、流行の波に乗れないオノです(^▽^;)

 

 

今日は、このブログにてお知らせしてきた、

2014 ふるさと秋まつり

の最終告知です(^o^)/

 

 

 

 

10月11日(土)

第一会場 飯豊町萩生 中部地区活性化センター

14:00~18:30

第二会場 飯豊町萩生 吉祥寺(特別公開見学会

13:00~14:30(見学時間

となっております♪

 

 

イベント内容は、↓チラシご参照下さいm(__)m

チラシダウンロードはここクリック

 

 

また、過去のブログ記事もご参照下さい♪

2014 飯豊町 萩生ふるさと秋まつり 予告①

2014 飯豊町 萩生ふるさと秋まつり 予告②

 

 

詳しいお問い合わせは、

事務局(土屋) TEL 090-2369-2329

 

 

以上、オノでした♪

皆様の多数のご来場お待ちしておりますm(__)m

 

 

2014.10.07:iikanjini:コメント(0):[イベント情報]

飯豊町 お米収穫開始!

  • 飯豊町 お米収穫開始!

 

お疲れ様です♪

先週は調査登山に東京出張と大活躍?!

どーも、オノです(^o^)/

 

 

今日は、飯豊の特産物「お米」の

収穫の様子をお送りします♪

 

 

10月1日に飯豊町内の

田んぼの方へ行って参りました(≧ω≦)b

そこには見事な金色のじゅうたんが広がっていました♪

 

 

 

 

今まさにコンバインで刈り取り中です!

クボタの4条刈り52馬力のコンバイン♪

カッコイィ~(●´ω`●)

なぜ、業界用語わかるのかって?(誰も聞いていません!)

実はオノ、以前「農業機械の販売」をしておりました~(≧ω≦)b

 

 

 

 

それはどーでもいいのですが(゚ー゚;

農家さんは一見、コンバインでスイスイ稲刈りされてますよね?

でも実は、コンバインの運転は難しく・・・

集中し頭脳をフル稼働させて運転しなければなりません!

でないと、まっすぐに進まなかったり、

田んぼの角で身動きとれなくなります・・・

まさに熟練の技なのです(>▽<)b 

 

 

 

 

実は農機具屋の経験から、農家さんに

はえぬきですか?」と聞いたらつや姫よ~!」

との答えが!!

( ̄▽ ̄;) 間違えた・・・

結構自信あったのですが(T^T)

まあ、稲を見てもだいたい同じで品種のかなんてわからないですがね(-_-;)

また、農家の方の話では昨年同様のおいしいお米ができたとのことでしたよ~(^o^)/

 

 

 

さてさて、コンバインで刈り取られた新米は、「デブちんのもみ」のみが、

タンクに貯められ、ある程度タンクがいっぱいになると

運搬の為トラックに移されます!

どうですか?見事なお米のシャワーですよね(≧ω≦)b

 

 

こうして刈り取られ運ばれた「もみ」は、

1度お米用の乾燥機にかけられ、

もみ殻を取られて、「玄米」にされ、

さらに小粒のものや異物を選別され、

30kgずつ袋詰めされようやく出荷となります!

 

 

まさにお米の収穫は大仕事ですねw(゚o゚*)w

 

 

 

 

そんな田んぼに稲刈りを見守る猫ちゃんが♪

コンバインにひかれないでね(^o^)/

 

 

 

 

飯豊町では稲刈りが始まってまだ3~4割といったところでしょうか。

農家さんにとっては稲刈りは大仕事ですが、

引き続き作業がんばって下さいm(__)m

 

 

 

 

以上、元農機具屋のオノでした(>▽<)b

農家の皆様、おいしい新米楽しみにしています♪

 

 

2014.10.02:iikanjini:コメント(0):[イベント情報]

栂峰(つがみね)登山道調査!!~登った分だけ下る事を忘れるな編~

  • 栂峰(つがみね)登山道調査!!~登った分だけ下る事を忘れるな編~

3日に渡り報告してきた栂峰登山道調査、ついに最終回ですq(≧▽≦*)(*≧▽≦)p

 

過去のブログをまだ見ていない方は下記リンクよりご覧あれ~↓↓

PART.1 栂峰(つがみね)登山道調査!!~家から出たら帰るまでが登山だ編~

PART.2 栂峰(つがみね)登山道調査!!~日帰り登山をナメたらいかん編~

 

 

今更ですが、当協会職員は年に1度程度の本格登山以外未経験でして、所謂健脚でもなく体力に自信があるわけでもないので登山を愛好されている諸先輩方の比べものにはなりません(; ̄ー ̄Aアシカラズ。

その点を踏まえて引き続きお読みください☆

 

…登頂を果たし、たらふく昼食を摂った調査団は帰路へ。

否。

下山へと繰り出しました。

 

マツ科のオオシラビソが群生する並木道を歩き稜線へとでます。

その先は待ってましたと言わんばかりの 下り、下り、下り…

とにかく平らな場所が一切無い急勾配の下り道が続きます。

そこで登山と言えば“飯豊山”、そう飯豊山しか登った事のない一行が違和感を感じました。

 

こちら、飯豊山の写真です。

足元をご覧ください。

 

飯豊山の場合は登山道のほとんどが木の根っこでできているので、足の置き場があるため、下山の際前方向に転がっていく心配が少ないのです。

 

ところが、栂峰の登山道は枯れ葉が積み重なってできた腐葉土の上を歩くのでブレーキとなる段差がない。

 

イコール、自ら転がらないように常に足でブレーキをかけながら歩く必要があります()´д`()

登山を愛好してらっしゃる方にとっては当たり前だの前田さんですが、これがかなり太ももに効きます(。´Д⊂)

 

熊は手足が短いから山を下るときは転がるといった話題で盛り上がりながら下ったのですが、いっその事このまま登山口まで転がっていきたいもんでした(*´∀`;)

※キケンナノデヤメマショウ。

 

写真ではなかなかお伝えしにくい傾斜ですが、写真でみるよりもかなりきつい傾斜です!!

これは口を大にして言いたいです(* ゚,_っ゚)!

 

それでも下りは登りよりも早く着きます。

 

山頂をでておよそ2時間半!!

ブナと杉に囲まれ変わらない景色が織りなすいつになったらゴールなのかわからない不安感と長期戦の下りとのバトルについに終止符が付きました!!

 

無事下山!!

 

予想以上の疲労感が押し寄せ、クッタクタな姿の写真を撮る余裕なんてありませんでした(ノ_<。)

 

 

総括させていただきますと、

栂峰

行き約3時間半、帰り2時間半

水場はあるが渇水や濁りがあるためあてにせず2リットル持参すれば間に合う

序盤から急勾配の登りが続き峰まででると盆地を展望できる

下山時は下りに十分注意し無理をせず自分のペースで下山するべし

と、そんな所です。

 

翌日職員全員に襲ってきた太ももの筋肉痛はもう予想できてましたよね(笑)

 

 

オマケ

登山口より少し下ってきた小屋川の谷に釣りキチを発見!!

大きい声では言えませんが…

実は漁業組合おすすめのポイントだったりしますv( ̄∇ ̄)

 

ぜひぜひアウトドアーな皆さん、飯豊町小屋地区に遊びにいらしてください♪

 

3日に渡りお付き合いいただきありがとうございました~!!

帰ってきたWebプロデューサー、略して“WP”の久々のブログはいかがでしたか?

 

今後も飯豊町観光協会のブログにお付き合いくださいまし~!!

 

 

 

 

2014.09.26:iikanjini:コメント(0):[中津川の情報]