飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

1月12日、中部地区ほほえみサロンの皆さんにだんごさげをしていただきました。だんごさげとは昔から置賜地方に伝わる、五穀豊穣、家内安全、交通安全、無病息災や養蚕の豊作など一年の福を呼ぶ小正月の風習であります。内容はだんごの木と呼ばれるミズキに繭玉、小判や鯛等に見立てた飾り物や折紙を枝に刺したり吊るしたりしていただきました。サロンの皆さんには公民館に携わる方々が健康で暮らせますようにと、思いを込めて飾り付けしていただいたと思います。サロンの皆さん、寒い中ありがとうございました。


12月19日(土)中部地区公民館事業の1つ、クリスマスケーキ作りを開催致しました。今回の参加者は親子5組と少し寂しい人数でしたが、皆さん楽しそうにやられておりました。参加された皆さんのほとんどが過去にも参加されており、さすがに慣れた様子での作業でケーキの方も年々素晴らしい出来で映えで中にはお店に飾っても良いくらいの物もありました。その晩は少し早めのクリスマスで暖かいこたつを囲み、ケーキをつまみながら一家団欒にて過ごされたかと思います。


 12月9日(水)、東部地区公民館において「第2回公民館運営審議会」を開催し、今年度上半期の取り組み等について実績評価を行いました。
 審議会は、協議の前段に社会教育課生涯学習振興室の伊藤室長・本間主任に来館いただき、地区公民館の「まちづくりセンター化へ向けた町の考え方」のご説明をいただきました。今回の説明を受け東部地区としても「まちづくりセンター化」へ向けてのスタートと位置づけ、取組みを進めていく事を確認いたしました。
 続いての審議では、
  嵶疣贈嫁度公民館事業評価(上半期)については、コロナ禍の中にあって「公民館の内部的課題の推進」と感染防止を行っての「文化活動推進週間」「分館長研修会」等を開催し、成果のあったことが報告され内容の確認を行いました。また、毎月発行の「公民館だより」は地区内の情報を知ることができ「大変ありがたいとの声」が地域から出ていることが報告され、より充実した広報活動を展開することとし承認されました。
 △泙舛鼎りセンター事業実績評価(上半期)については、「添川温泉ふるさと祭り」「地域づくり座談会」等の地域づくり活動に関して報告があり、次年度以降の「あり方の検討」を進めていくことを確認・承認いたしました。
 案件の承認後は、「第5次飯豊町総合計画・地区別計画」の策定状況と「まちづくりアンケート」の実施計画について報告・協議を行い、「地域づくりの方向性」と「地区別計画」へ最大限地区住民の意見を反映したものにしていくことを確認しました。

 


 12月12日(土)、東部地区では「サンタクロース大作戦」と銘打って、育成会主催で小学生への激励活動を展開しました。

 子ども会育成会では、前年度1月以降、全ての育成会事業が中止となり、子ども達の想い出づくりに何かできないものかと、臨時総会・役員会を開催し検討してきました。感染防止策を講じての企画や人数制限・学年限定等いろいろと対応できないかを協議いたしましたが、集合活動への妙案はなく「子ども達に安全に楽しんでもらう」ことを第一に考え、クリスマスカードとプレゼントの訪問となったものです。カードには小学校の親子読書の推進と併せ「読書を楽しもう」との激励をこめてプレゼントを行いました。
 当日は、悪天候の中、地区育成会役員の「東部のサンタさん」が元気に出発しました。ありがとうございました。

 

 順次プレゼントへ出発する「東部のサンタさんたち」です。