飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

5月11日(水)、西部地区公民館運営審議会及びまちづくり委員会が開催されました。

新しい審議委員から今年度の事業についてのご意見を頂戴しました。コロナ過の中で、各事業の実施については関係者での検討を行いながら進めていくこととしました。


5月16日(月)10時より、ふるさと学園(横山昇一学園長)の開講式を開催しました。今年度の会員は20名で、役員選出と活動計画を話し合いました。

 一昨年はコロナの影響で集まっての活動がほとんど出来ませんでしたが、昨年は状況を見ながら密にならないように感染対策をしっかり行い徐々に活動を開始しました。

今年度も感染状況を見ながらですが、手ノ子小児童との交流やボランティア作業などを計画し活動していくことになりました。

 

第2部ではさわやかクラブ(宇津木良子会長)との合同研修会を行い、飯豊町椿にお住いのシンガーソングライター『宇山基道さんのライブ』で、ギターを弾きながら歌やトークをお聞きしました。歌の合間に自分自身のことや、仕事で関わった人のことなど を話してくださり、歌はもちろんですが聞いてる方々に合わせたトークで、皆さんうなづいたり手拍子をしながら1時間の研修でしたが最後まで楽しく過ごしました。

 


5月16日(月)ふるさと学園(会員20名)の役員で、公民館北側にある畑に野菜苗を植えました。当日は役員の方が午後1時より作業を開始し、じゃが芋、里芋、さつま芋、とろろ芋と芋づくしでしたが、苗を次々と手際よく植付し、終了後みんなで豊作を祈願しました。収穫物については、状況を見ながら有効に活用したいと思います。


5月16日(月)婦人教室「さわやかクラブ」の開講式を開催しました。会員31名で参加者も「久しぶりー。楽しみにして来たぁ」の明るい声に、私たちも無事開講式を迎えることが出来たことに嬉しく思いました。活動計画を話し合い今年度は小学生との交流会を5回取り組みました。第2部ではふるさと学園と合同研修でシンガーソングライターの宇山基道さんのライブを聞きました。昔懐かしい曲、心温まる曲、いろんな話しを交えて語りかけてもらったりし感動しました。参加者の皆さんは手拍子をしたり、曲に合わせて身体を動かしリズムをとったりして聞き入っていました。これから始まる活動に学習を通して広く教養を高めるとともに、健康で明るい家庭の推進、楽しい仲間作りをめざしてゆきたいと思います。


 5月9日午後1時45分より、手ノ子小学校全児童と公民館との交流会で、

飯豊(置賜)の方言遊びを実施しました。地域学校協働活動推進員の井上先生と

横山館長にあいさつをいただき、その後60個の方言について、共通語ではどう

いう意味か子供たちに答えてもらいました。

 半分の30個くらいはわかるだろうと予想していたのですが、一発でわかった

のは20個以下で、意外と知らないことに驚きました。わからないところは

ジェスチャーや寸劇を入れながら、約1時間おかしく楽しく過ごしました。

 最後に子供たちから感想を聞き、帰りにみんなが答えた方言の一覧を渡し、

ぜひ帰ったらお家の人と方言で会話してみてくださいと言って終了しました。

 


1MB - PDF ダウンロード

2月27日(日)各自宅前にローソクを灯し手ノ子から高峰まで西部地区全体を会場とした「夕灯のつどい」を開催しました。各自宅前には、それぞれ工夫をし灯りを灯してくださいました。公民館前でも手ノ子と高峰を結ぶ虹や西部地区子ども会育成会の皆さんは一人1本ペットボトルに絵やメッセージを自宅で書き災害の時に役立つ発光ペットボトルランタンを作り展示しました。ひょうたんのランタンや傘に色紙を貼って照らしたり、SDGsの取り組みで草木や野菜の葉や皮などを利用した染め物も雪穴にはめこみ、ろうそくで映しだしたりと工夫しましたが強風でろうそくの火も消えたり吹っ飛んでいったりとアクシデントもありましたがドライブスルーで立ち寄って下さった方も多く、皆さんの思いが原動力となり活力ある西部地区を発信することが出来ました。関係者の皆様方にはご協力大変ありがとうございました。


 1月10日(日)手ノ子スキー場を会場に西部地区スキー教室の開講式と第1回目の講習会が開催されました。西部スキー教室は、小学2年生から6年生までの総勢27名が受講し、2月20日まで計6回行われます。

 開講式の終了後1回目の講習会が開催され、各班指導者の後ろについて元気に滑って行きました。

西部スキー教室に参加した児童の皆さんには、スキーの基礎技術.競技技術を習得していただき、雪降る自然のなかで、心と体を鍛え、冬の季節の厳しさと楽しさを、満喫していただきたいと思っております。


 12月8日(水)午後1時半より、公民館のサークル「ふるさと学園」と学校の連携活動として、ふるさと学園生8名と公民館職員が手ノ子小学校に出向きそば打ち体験を行いました。「高峰そば工房」から講師をお招きし、要所要所で見本を見せてもらいながら指導していただきました。時間の関係で、事前にふるさと学園の方々でそばを練るところまで進めておいて、子供たちには3班に分かれて、ふるさと学園生のアドバイスを受けながらこの後の工程を体験してもらいました。『幼稚園の時にしたことあるよ』と、子供たちは手慣れた手つきで大変上手に作業を進めていました。

 ふるさと学園の皆さん 職員共に、子供たちの『楽しかった―』と言う声に元気をいただき、今後の活動に繋げて行きたいと思います。

 

前準備

 

講師の方に伸ばし方のお手本を見せてもらってから順番にやってみました。

 

切り方もお手本を見せてもらってから順番にそば切りをしました。ふるさと学園の方から 色々教えてもらいながらゆっくり丁寧に切り進め、美味しそうなそばが出来上がりました。

 

打ったそばは、お家に持ち帰り試食してもらいました。

 


11月26日(金)飯豊中学校に地域の皆さんから集まったペットボトルのキャップを寄贈に館長が行ってきました。平成25年度から公民館で呼びかけて集めていました。860個で一人分のワクチン、毎年文化祭の時に寄贈していましたが、昨年はコロナでお渡しすることができなかったので、今年は飯豊中学校に2年分73,960個が集まり、86人分のポリオワクチンに役立てて頂きたいと思います。地域の皆さんご協力ありがとうございました。


 11月24日午後1時半より、さわやかクラブとふるさと学園合同で今年度最後のレクリェーションを実施しました。悪天候のため参加者9名と少ない人数でしたが、カードを組み合わせて漢字を作ったり、出た漢字で熟語を作ったりと脳の活性化を図りました。

 中には目にしたことのない新漢字も出たりして、『有りそうな、無いような・・』とみんなで大いに盛り上がりながら1時間楽しみました。 

                          


11月3日(水)手ノ子スキー場を会場に西部地区分館対抗グランドゴルフ大会が開催されました。年齢オープンで小学生を含め、男子36名、女子17名の合計53名が参加し、分館対抗の団体戦と個人戦で熱戦が展開されました。

秋晴れのなか、参加された皆さんは分館の垣根を超え、和気あいあいと楽しくプレーされたようでした。参加されたみなさん大変お疲れさまでした。  


10月29日(金)手ノ子小学校を会場にふるさと学園生が小学校2〜3年生とグランドゴルフを通じて交流しました。小学校の放課後活動に一緒に参加させていただいての開催となり、ふるさと学園生9名、小学2、3年生9名と先生にも参加頂き、総勢21名で熱戦が展開されました。ステックの持ち方やゴールをめがけて打ちかたを練習したあと、コースに出ました。各ホール重ねるうちに要領を得、ときにはホールインワンを達成するなど、指導にあたった会員からは、「じょうず.じょうず」「なかなかなもんだ」など各組から連呼の声が聞こえていました。限られた時間のなかで皆んな楽しく交流ができ、元気の源ができた一日でした。お疲れさまでした

 

 


1.4MB - PDF ダウンロード

 10月24日〜27日までの4日間、西部地区公民館に於いて例年の文化祭に変わる展示会を開催いたしました。

 個人・団体とも多くの方々が出品してくださり、また地区内地区外の多くの方にご来場いただき、心より感謝いたします。ご協力ありがとうございました。

 来年は盛大に文化祭を開催出来ることを願います。

 
 

 


10月11日(月)に「ふるさと学園」のみなさんが集まって、西部地区展示会に出品する作品作りをしました。当日は、おらんだラジオで放送されている番組「おらんだのコミュニティ」(おらコミ)の取材があり、ラジオのパーソナリティである「渡部嘉子さん」と「山口良子さん」にも作品作りに参加頂きました。

今年度は「1円玉アート」を作りました。「寿」「笑」「宝」「福」の文字の中から各自選んで、1円玉を色紙に並べていきました。参加した皆さんに良いことがありますようにとの願いを込めて作りました。

 

ふるさと学園の活動や、今日の作品づくりなどの取材を受けました。取材後、5月の取材のときに植えたものを見ていただきました。(立派なサトイモになりました)


10月6日(水)婦人教室「さわやかクラブ」で展示会の展示作品つくりに18名が参加し、個性豊かにおしゃれで素敵な布製花瓶カバーを作りました。ペットボトルの空容器を使用し、大きさは自分の好みで大・中・小自由です。布はいらなくなった服や着物、帯などを再利用することになりました。「どれいいべねー」「こうした方がいいがぁ?」「今度は別なもの作ってみっかぁ」「皆で集まってつくるって、やっぱりいいねー」参加者が生き生きと楽しそうにつくっている姿を見て、新型コロナウイルスの影響で一人一人が我慢して我慢して乗り越えようと必死だったんだなぁ感じました。私たちは少しでもどうすると出来るか、出来ることを考えながら見つけてゆきたいと思います。お疲れ様でした。