飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

   11月5日(金)〜7日(日)まで、東部地区公民館を会場に令和3年度東部地区文化祭(愛称:イーデトーヴ文化祭)が開催され、多くの地区、町内の皆様にご来館ただきました。
   今年は昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため「飲食や演芸なし」での開催となりましたが、新企画での実施で楽しんでいただけたようです。
  【展示】企画では、例年の個人・団体の創作作品等の展示。特に貴重な山野草の映像を使った「山野草カレンダー」は、例年より多くの作品を出品いただき、見ごたえのある展示となりました。
  【参加型のイベント】企画は、牛乳パック再利用での「手作りはがき体験教室」「写経・写仏体験教室」を開催し、はじめての体験に積極的に取組み楽しい教室となりました。
また、「眺山ドキュメンタリー映画祭」においては、過去のふるさと祭りの映像や町消防団の活動動画・ふるさと祭りの「家族で踊ろう」動画の上映を行い、笑い声が起きるなど楽しく鑑賞いたしました。
 実行委員会の中から出された意見で「昔のお祭りなどの写真展」の提案があり、今年は「平成4年の活動内容の写真」を展示しました。さらには、50年前(昭和42年)の青年教室?の写真もあり、当時の写真に見入っていました。50年の歳月を経て色褪せたカラー写真ですが、想い出は色鮮やかに甦ったことと思います。

 さらに、今年の文化祭の「目玉企画」として 崔篭萃慌颪ら添川小学校全児童への図書プレゼント」◆屬覆めやま(リュース)文庫の開設」を行いました。
図書のプレゼントは、事前に小学校の協力を得て選定し、地区長会から児童一人一人に楽しく読んでくれるようメッセージを添えて手渡されました。
   ながめやま(リュース)文庫へは、300冊弱の図書(月刊誌含む)の提供協力があり、リユース(再活用)図書として、興味のある図書を来館者へプレゼントしました。引き続きリュース文庫の取組みと公民館蔵書のプレゼントを実施していますので、ご利用ください。
   今年の文化祭は、選挙で日程変更となりましたが、文化祭実行委員会のみなさん、大変ご協力ありがとうございました。

>


 11月5日(金)から開催される東部地区文化祭の下準備として、公民館職員での「ビッカピカ大作戦」を実施しました。
 経年劣化と凍結で破損していた玄関先のタイルをジグソーパズルのように組合せ接着剤で固定するとともに、施設の窓ガラス全てにモップをかけてラバーで汚れをふき取りました。
 しばらくぶりの窓ガラス清掃でしたが、きれいに拭き上げられた窓ガラスに映る青空と白い雲は、手にすることが出来なかった青春の思い出のように、切なく輝いておりました。(個人の感想です!)


 10月15日(金)東部地区公民館において、「令和3年度山新おしどり金婚さん顕彰記念品伝達式」が開催されました。
 これは、9月に予定されていた飯豊町主催の贈呈式が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となり、各地区での伝達となったことにより開催されたものです。
 高砂会佐原守会長から各受賞者へ伝達し、会長祝辞、公民館長祝辞の後、参加者での写真撮影を行い、和やかなひと時をすごしました。受賞者の皆さんおめでとうございます!

【ご結婚50年おめでとうございます】
☆鈴木幸三・久子様 ☆盒暁酩廖Ω子様
☆二瓶勝巳・孝子様 ☆横山丈夫・美智様
☆横山忠男・三春様 ☆佐原輝一・恵美子様

 

 

 

 


 おらんだラジオで放送されています長井・飯豊地区の公民館・コミュニティセンターの活動を紹介する番組「おらんだのコミュニティ」(おらコミ)の取材のため、9月21日(火)おらんだラジオのパーソナリティである「渡部嘉子さん」と「山口良子さん」が東部地区公民館に来館されました。

 取材のメインは「添川温泉ふるさと祭り」の取組み状況について、東山の浅野地区長会会長・上代の遠藤地区長・昭和の舩山地区長にご参加をいただきながら、各地区の「想い入れ」などを話題に楽しい取材となりました。

(放送は終了していますが、音源がありますので興味のある方は公民館へおいでください)


 10月4日(月)令和3年度東部地区文化祭の実行委員会が開催されました。
 今年の文化祭は、10月29日(金)から31日(日)までの3日間の開催を予定し、準備を進めてきたところですが、会議当日に「衆議院議員選挙の投票日が10月31日となる」との情報があり、投票所の設置場所について選挙管理委員会からの要請もあり、日程の変更についての協議から始まりました。
 複数の日程・開催方法について協議し、地域の理解、安心・安全の確保、開催環境の確保等々を勘案し、最終的に「11月5日(金)〜7日(日)」に変更することと決定いたしました。
 文化祭の企画内容については、準備方法・周知方法・実施方法等について補強し、準備委員会で確認した内容で決定いたしました。
 開催日程の変更により、作品展示の準備等各団体・サークル・個人の皆様にご面倒をお掛け致しますが、宜しくお願いいたします。


 8月14日(土)、しらさぎ荘様前と東部地区公民館にて第33回「添川温泉ふるさと祭り」が開催されました。
 今年はコロナ禍にあっても、地区民の交流と地域コミュニティの維持を目的に、ふるさと祭りの企画内容を検討、より楽しめる企画で開催したところです。当日は、夕方5時から開会式・神事を執り行い、東部地区民の安全と温泉の繁栄を祈願いたしました。
 例年行っていた盆踊りはコロナの影響で中止としましたが、祭りの雰囲気を感じようと「家庭で踊ろう東部の夏」をテーマに動画の募集を行い、上映をいたしました。

 

 開催日の8月14日は、「旧暦の七夕の日」であり、地区民参加の「祈りの場」として、地区対抗の七夕飾りコンテストを開催しました。当日はあいにくの雨、急遽屋内での展示へ変更となりましたが、実行委員会スタッフの取組みで、公民館大ホールに七夕飾りを取り付けることができました。 七夕飾りは初めての試みでしたが、各地区とも事前の準備、当日の飾りつけと地域の繋がりの強さを感じさせる取り組みで、素晴らしい七夕飾りの競演となりました。七夕飾りの「一般投票」も実施されました。 また、しらさぎ荘様、東部地区公民館としてもオリジナルの七夕飾りを展示するとともに、子ども会育成会の七夕飾りには多くの子ども達の「願いの短冊」を掲げ、夢の実現を祈りました。

 

 夕方からは、子ども会育成会で取り組んだ「キャンドル飾り」での作品を「希望のひかりプロジェクト」として点灯しました。あいにく雨天の為、公民館施設の軒下での点灯となりましたが、子ども達の「夢や希望」が書かれたキャンドル飾りがやさしく灯され、「希望のひかり」の輝きを感じました。

 3年ぶりの登場となった「竿灯」は、雨天により屋内展示となり点灯はできませんでしたが、会場のお祭り気分をつくり、来年こそは「竿灯」を建てようとの話で盛り上がりました。

 

 

 午後3時からは子ども会育成会が運営する「大抽選会」と「駄菓子屋」を実施、さらに中学生以下の子ども達限定の「開運抽選会」も行われ、子ども達は大喜びで抽選会と駄菓子屋さんでの買い物を楽しんでいました。 また、東部地区内の企業様からは多大なご協賛をいただき、豪華賞品で抽選会が盛り上がりました。

 【ご協賛いただいた企業様】(順不同)

・(株)トップパーツ様  ・肉の田中屋様  ・オリーブソーイング(株)様   

・サンリット工業(株)PC工場様  ・(株)ながめやま牧場様  ・東北おひさま発電(株)様

・飯豊めざみの里(株)様  ・(株)大岸製作所様

 午後7時30分には「閉会セレモニー」となり、各コンテストの表彰・講評をいただき「添川温泉ふるさ と祭り」の全日程を終了しました。

 【動画コンテストの部】

・最優秀賞 菅野家 ・優秀賞2本 高橋家 横澤家  ・ 特別賞 昭和地区スリースターズ

【七夕飾りコンテストの部】

各地区へ「敢闘賞」として「みんなの夢が叶うで賞」他7賞

【七夕飾りコンテスト一般投票結果】

・「金」中洞チーム   ・「銀」昭和チーム   ・「銅」上代チーム

【特別賞】

・松原チームが積極的に地区総出で制作に取り組んだことを評し、審査員で相談の結果「特別賞」を贈りました。

 

 多くの地区民の皆様のご理解とご協力で「第33回添川温泉ふるさと祭り」を成功裡に終了することができました。次年度の状況が想定できない今日ですが、地区民の交流と地域コミュニティの継続を図るため、新たな企画へも挑戦していきたいと思います。 地区民の皆様、ご協賛いただいた企業の皆様、そして運営にご尽力いただいた実行委員のみなさんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


 7月17日(土)東部地区公民館において、東部地区子ども会育成会連絡協議会主催の「七夕飾り・キャンドル飾りづくり」が行われました。
 本来夏の事業としては「少年キャンプ」を実施していたところですが、昨年からのコロナ禍で実施できない状況にありました。今年度も宿泊キャンプのリスクが高い事から、安全を確保しての事業企画を検討いたしました。
 感染防止として「午前と午後の分割開催」とし、消毒・検温・体調確認を実施し、暑い中でしたが部屋を閉鎖せず、扇風機・換気扇で空気の入れ替えを行いながら開催したところです。
 七夕飾りの作成は、はさみ・カッターを上手に使いながら真剣に取り組み出来映えを自慢し合って楽しみました。また、キャンドル飾りは自分の好きな絵柄や切り抜きを行い個性あふれる作品になりました。作成したキャンドル飾りと「願ごとの短冊」は、ふるさと祭りの際に「希望のひかり」としての点灯や育成会の七夕飾りとしてご覧いただきたいと思います。

 


 東部地区高砂会によるボランティア活動が6月29日(火)に行われました。
 東部地区公民館に集合した会員さん達は、作業班4つに分かれ、ひめさゆり荘の草刈り班・花植え作業班、清拭つくり班、公民館の花植え班と、それぞれに分担を確認し持ち場に向かい、手慣れた様子で作業に取り掛かりました。
 ひめさゆり荘の草刈り班は、国道113号線からひめさゆり荘までの道路わきの草を刈り払いました。花植え班は中庭に日々草、マリーゴールド、ベコニア、サルビア、千日紅を植えるとともに、花壇周辺の草むしりを行いました。清拭班は、1反分の清拭を丁寧に縫いあげました。
 公民館の花植え班は、公民館前の花壇の除草等を行ったあと、ユリ用の柵を作るとともに、色彩良く3色のベコニアを植栽しました。
 集中した取組みで、全ての作業は昼前で終了となりました。今回は、残念ながら懇親会は行わず昼食弁当を持ち帰りで解散となりました。参加された会員のみなさんありがとうございました。


 6月27日(日)東部地区公民館において「第1回ウォーキング講習会」が開催されました。この講習会は、コロナ禍における健康増進を図るための取り組みとして、今年度から体育部主管の企画として実施したものです。
 講師には「米沢歩こう会会長の我妻淳一先生」においでいただき、「基本からしっかり学ぶ」ことを意識し、臨床的・心理的効果などわかりやすく、楽しい指導をいただきました。
また、「笑いの効用」についてもお話しいただき、大いに笑わせていただきました。
 講義のポイントは〃鮃寿命を延ばすのには「歩くこと」と「笑う」ことが大切『ウォーキング(有酸素運動)は効果的』 安全なウォーキングにはシューズ選びも大切 クールダウン(整理運動)を忘れずに し兮海里燭瓩砲3無主義『・がんばらない・無理しない・ムラなく やること』 などを学習しました。
 講義のあとは実践編となり、新規コースの『飯豊橋往復コース』で「歩き方の実践」「歩くスピード」「心拍数測定」など、運動の負荷を「数値で確認する」ことを学びました。
 閉会式では「講評」と「修了書」の交付を行い、楽しい講習会は終了しました。
 講習会での学びを活かし、大いにウォーキングを楽しみましょう。


 6月18日(金)東部地区公民館において、今年度の「生花教室」が開校しました。講師は昨年に引き続き「樋口真知子先生」にお願いし、生徒9名の参加で行われました。
 1回目の作品は「夏をイメージ」し、紅花を使い初夏の雰囲気ある作品がそれぞれの感性で作り上げられました。
 興味のある方はいつからでも参加可能ですのでお問合せください。


 6月6日(日)おらだの川親水公園において、令和3年度東部地区グラウンド・ゴルフ大会が開催されました。
 大会は総勢29名が参加し、競技は27名で熱戦が繰り広げられました。昨年の大会が新型コロナウイルス感染防止のため中止、例年の様に開催することが困難な中で、事前の健康観察・検温・競技中のマスク着用等、感染防止対策を行い実施に至ったものです。
 参加した皆さんは、暑さにもめげずに爽やかな汗を流しながら、「グラウンド・芝・グラウンド」と3ラウンド24ゲームを楽しみました。久々の実践でなかなか「勘」が戻らない状況でしたが、3ラウンド目には、5名の方がホールインワンを達成し、大いに盛り上がりました。上位入賞者は以下のとおりです。
 優勝「加藤春江(上町)58打」・準優勝「横山源作(昭和)59打」3位「遠藤晴美(東山)67打」
 なお、大会の1週間前には早朝よりグラウンドゴルフ愛好会と体育部による会場の草刈り作業を行い、環境整備を図ったところです。多くの皆さんのご協力に感謝申し上げます。


 


 4月28日(水)午前8時から、添川財産区管理会、眺山観光協会、東部地区活性化協議会の三者と桜の提供者「ながめやまバイオマス発電所」と「田中畜産」の5者共同で植栽作業が行われました。

 参加者を代表し梅津添川財産区管理会委員長から「1000年以上の寿命のある桜の植樹、地域の移り変わりを桜が成長し見守り続けてくれると思う、関係者の東北おひさま発電・田中畜産をはじめとした事業者の皆様と地域の成長発展が桜の寿命のように続くことを願う。また、地域の新たな観光と活動拠点になればと願う」との挨拶を受け、チーム力抜群の手際良い連携作業で、3時間ほどで終了しました。

 植樹は、贈呈された長さ3m程の苗木60本を参加者30名程の手によって丁寧にバイオマス発電所と畜産団地の周囲を中心に植栽されました。

 近い将来、地区民・町民にすばらしい景観を見せてくれると期待しています。


 4月27日(火)東部地区公民館において「東部地区公民館第1回運営審議会」および「まちづくり委員会」を開催し、今年度の運営方針・事業計画等を確認しました。
 公民館運営審議会の議題としては、「コロナ禍における公民館事業のあり方」が中心となり、「新様式・新形態」での事業企画が課題であることを確認し、開催日程に合わせ節々での「意見交換・会議」で決定・周知をしていくこととしました。
 また、「まちづくり委員会」として、次年度から予定されている地区公民館の「まちづくりセンター」移行後の組織作りへ向け、討論の開始と来年3月までの検討スケジュールを確認いたしました。

 


 4月2日(金)東部地区公民館において、令和3年度「新旧地区長会総会」「分館連絡協議会総会」を開催いたしました。それぞれに、令和2年度の事業報告と決算報告、令和3年度の事業計画・予算案等を審議し、原案通り承認されました。 また、地区長会規約改正・分館連絡協議会規約改正が承認されました。

 また、役員改選についても提案通り承認され新体制が決定いたしました。なお、今後の事業日程・内容等については、4月17日(土)に開催予定の「第1回地区長打合せ会」で意識合わせを行い、事業内容・各戸負担金の集約の取り組み等について確認を行うこととなりました。

新3役 会長 浅野  章(東山) 副会長 加藤 慶一(上町)会計 手塚 広明(下川原)

 

 


 3月13日(土)東部地区公民館において公民館主催の「卒業親子そば打ち教室」を開催しました。
 昨年はコロナ禍で開催を断念しましたが、今年は事前に保護者の意見を聞くことや開催時の感染予防対策を検討し、〇位防止の2部制での開催会場の換気対策試食は各自自宅で実施することとし、開催をいたしました。
 講師は例年同様、東部地区そば打ち愛好会「つなぎの会」の会員4名にボランティアでご指導をいただき、粉の状態や水まわしを聞いて、実際に「混ぜる・こねる・くくり」「延し・たたみ・切り」と先生の指導を聞き、親子で応援しながらそば打ちを体験しました。
 参加の児童からは、「こね始めからまとめる(くくり)までが難しかった」「蕎麦の出来ていく行程が楽しかった」「思ったよりもそばを細く切る事ができた」「食べる時は短時間で食べてしまうが、食べ物を作るのには時間や手間がかかっているのだと感じた。」などの感想が発表されました。
 最後に、つなぎの会会長から「美味しい茹で方」が伝授され、体験教室を終了しました。
コロナ禍で集合活動ができなかった1年でしたが、卒業記念のそば打ち体験が親子で楽しめ、大変有意義な1日となりました。「つなぎの会」のみなさんご指導ありがとうございました。