飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

今月24日(日)に開催された❝しろつばき雪まつり❞は暖冬の影響を受け当日準備の際、雪不足に悩まされる事となり、周辺からかき集めての作業となりました。それでもボランティア60名の皆さんは参道のランタン、ステージ装飾、雪柱6本、巨大かまくら1基、飲食コーナー設置など多くの作業に協力いただき感謝です。今回のキャンドルシルエット(勝手に命名)は子供たちも参加できるようにそして家族で楽しみ雪国ならではのイベントとして定着出来る事を願ってます。近くの飲食店の店主が夏の縁日と冬の雪まつりには是非、出店させて下さいと言った嬉しい要望がありました。邪魔な雪と思われますが楽しみ方はいろいろあります。これをご覧になった方は是非、飯豊町に遊びにいらしてください。お待ちしてま〜す。laugh

 

 

温かいので雪も溶け出してます

 

150の作品(シルエット)とロウソク200本

 

射的で楽しむ子供が可愛い!

 

巨大かまくら

 

中は意外に温かく(火鉢のせい?)居心地最高!

 

 

雪の中に花が咲いてます【子供の作品】斬新です。

 

横綱?

 

子供の作品を探しながら親子で楽しそうですね。

 

お寺の庭をお借りしてランタンロード。

 

薬師堂参道は何とも幻想的。

 

心愛ちゃんの作品。名前のとおりステキですね。

 

この繊細な作品は里香さんのかな?

 

馬が飛んでるみたいだね

 

ダンスと肩たたきをしているシーン

 

楽しくてたまんな〜い。

 

売店も好調の様です。

 

 

 


2月3日(日)いちごクラブは休日を利用して一日がかりで発酵食品、南蛮納豆と甘酒作りを実践しました。

9月に宮城県村田町へ発酵文化の町に研修にいき甘酒の利用法などを学習、それを機に体にいい食品とされていることで大寒の時期に作り方を勉強することにしました。

甘酒作りから取り掛かることで計画、会長自ら自宅でもち米を炊いてくることから始まり、公民館に持参し60度になるまで下げてからほぐした麹を入れてジャーに入れ4時間保温し出来上がりを待ちます。

 

出来上がったところで薄めて試食をしました。満足のいく出来上がりとなりお替りをして

は「簡単でいいねえ・!(⌒∇⌒) 麹いらないから上澄みだけでという人と麹たっぷりがいいと言う人とそれぞれの好みはあるようですね。(^▽^)/

4時間保温の間を利用して今度は南蛮納豆をつくりました。

以前、添川の遠藤英子さんから教えていただいていた作り方で会員からの要望が強かったので

大寒の時期の今、思い出しながら皆さんと作りました。

まずはまな板と包丁、入れ物を35度の焼酎で拭き殺菌、ぷ〜んと焼酎の香りに

「いいにおい」と思わず本音を漏らす人が数人(笑)

まな板の上に麹、納豆、砂糖、塩、南蛮を重ねひたすら包丁でトントン切って混ぜていきます。

ねばねば君に大笑い、トントントンからドンドンドンへと切る音がたたくような音に代わっていきます。「疲れる〜!・・ネバネバだあ〜!」と悪銭苦闘、腕が・・・・

 

楽しみながらつくり、これも満足できたようで2週間後の出来上がりを心待ちにしている

家族へと持っていけるとのこと。

最後に今日の学習の振り返りと公民館でする2月末の雪まつりのお手伝いの打ち合わせを

しながら一服したところです。

発酵食品で家族元気に、そして郷土料理を学習、伝達しながら子や孫へ飯豊の良さを伝えていきたいものです。

 

 


今回で?回の❝いいでのばあちゃん❞が指導者となって蕎麦掻作り体験食事会(1日目)、冬の郷土料理食事会(2日目)開催してきました。1日目は慌ただしく到着後すぐに体験教室の準備に取り掛かり、参加者6名と一緒に飯豊町の美味しい漬物や、特産のメープルシロップをかけたヨーグルト、クルミ入りばあちゃん手作りの寒天、など多くの料理と一緒に自分たちが作った蕎麦掻を堪能していました。又来たい!と何度も何度も言われ目頭が熱くなった場面もあったようです。そんなこんなで皆さんと別れを告げ翌日の下ごしらえに取り掛かりました。2日目の郷土料理食事会は前回のこともあってか,募集すると同時に参加定員15名+1名(どうしてもお願い)計16名。料理の種類は15種類ほどあり、事前に公民館で幾度もリハーサルや金額などの検討会を開き入念に準備を重ね当日を迎えました。*田中牛肉(直前に焼いた暖かい物)、野菜の天ぷら、棒鱈煮、山菜汁、など々をばあちゃんが料理の説明をするとうなづきながら❝美味しい!❞の連呼でした。主催のグリーンツーリズム&商工観光課がアンケートに記入していただいた内容は「この次はいつですか?飯豊で是非、食べてみたい」など好印象でした。参加いただいた皆さんありがとうございました。そして、山形のスタッフの皆さん強行スケジュールにも関わらず頑張っていただきおつかれでした〜laugh

 

到着後すぐ、段ボール箱15個を開け準備

 

 

自慢の漬物も勢ぞろい

 

 

参加者には英語の先生でカナダ出身の方も・・・

 

 

中津川のふみ先生直伝のそばかい餅(蕎麦掻)作り  この時だけは人間ミキサーになりきります

 

 

それ!混ぜて混ぜて・・・

 

 

美味しそう!なめてみたいcheeky

 

 

柔らかくて最高と大評判でした。美味しい雪室珈琲もしっかり準備しました。

 

 

そばかい餅のイベントも終わり明日の下準備に取り掛かります

 

 

用具はほとんど飯豊から準備してきました。まずは今日の1日目はここまで・・・wink

 

 

さあ、2日目準備再開です。

 

 

何せ狭いため器などの置く場所は私の役目(影の人)

 

 

バランスも考えて盛り付け「うんまそ〜」

 

 

これに田中牛焼き肉と山菜汁、雪若丸のごはん、雪室珈琲、漬物のオンパレードなど

 

 

ヒョウ干しの料理や高菜納豆などの説明を行っています。頑張ってます!

 

 

美味しくてつい、会話がはずみます。

 

 

スタッフもはずみます。

 

 

しっかり特産品の販売も行ってきました。


748.2KB - PDF ダウンロード

第1回「しろつばき雪まつり」は今月24日(日)午後5時30分より午後8時頃迄開催されます。以前5年程開催されていた“つばき雪あかりの路”は東日本大震災に対する鎮魂の意味を込めた開催でありましたが、引き続き早い復興を願いながらも当地区公民館では,雪国ならではの楽しみ方をしようと準備を進めているところです。今回は子供たちの絵やアニメ、ダンス、民話などをシルエットにした物を皆さんに鑑賞していただきます。この他、かまくらを作りそこで❝どんぶく❞を着てもちを焼いて食べる体験コーナーや振る舞いお神酒、甘酒と100円コーナーの玉こん、豚汁等々お楽しみが盛沢山!是非ご来場ください。*詳しくは上部のPDFポスターをご覧ください。

 

 

 

 

 


今月27日当公民館において四十四回となりました新春川柳大会が開催されました。今年度のお題は「友」、「動」、「自由句」各三句計一人9句で17名の投句者が選者選や互選で競われました。毎年この時期は雪が多く除雪を理由にやむなく欠席される方が多くあります。そのような中でも大会は盛り上がり、選者選で各先生に選んで頂くと歓声にも似た声が上がり、そして互選で最高潮になり、最後は集計後の総合得点が発表され表彰されると最高齢者(94歳)から若者?(62歳)まで惜しみない拍手を送っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


877.6KB - PDF ダウンロード

今年で8年目となるクリスマスケーキ作りは募集初日から申し込みが殺到。参加されたお母さんからは「うちの子供はこの日を楽しみに待っていたんですよ」と、笑顔で話されていたことに私たちも本当にうれしい気持ちになりました。初めて企画した当初は,親子で5組程度の参加でしたが現在はこのように多くの親子であふれかえっています。募集定員もありましたがこれでは断り切れませんネheart父兄や子供たちが協力してケーキ作りに取り組んでいる様子がほほえましく思え、このまま家庭教育に結び付けたいと言うことでチラシを作って皆さんに持ち帰っていただきました(PDFチラシ見てください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


毎年、恒例となった正月用寄せ植え作りを迎えると今年も残り少なくなってくるのが実感します。ここ数年続け、毎年趣向を凝らしながら開催。参加者に喜んでもらえるかちょっと不安なところもありますがマンネリを嫌う(飽きっぽい?)主催者は大変と思いきや案外、楽しんでやっています。cheeky今回はシクラメンやパンジーを主体に華やかな寄せ植えを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やまがた百名山の一つとして小白川天狗山が地区内外に広く紹介された効果がみられ登山者数が大幅に増加しました。登山を体験された方々からは「素晴らしい山ですネ」の声が多く聞かれほっと胸をなでおろす部分とこれからという気持ちにもなります。これを機に保全管理について再度検討すべき事と歴史を学び伝える事で、山の魅力を多くの方に知ってもらいたいと言う思いから、以前「天狗山の話」で本を出版された大冨先生に詳しい話をお聞きすることにしました。先生からは情報収集時のエピソードや先人の苦労話など短い時間でしたが多くの事を学ぶことができました。今回の学びを参考に私たちが目指している楽しく見やすい天狗山マップ製作に取り組みたいと考えています。椿と小白川両地区の協力が今後益々 重要であることを共に確認し合いながら・・・❝さらなる活性化を未来に夢つなぐ❞

 

 

貴重なお話を聞かせて頂きました。

 

小白川、椿両地区の密接な関わりについて。

 

神様石 (先生の宝物)

 

小白川天狗山奉賛会会長も真剣に聞き入っています。

 

若い世代も加わりマップ作り。(調査)

 

天狗山一の鳥居。

 

天狗山二の鳥居と今後、改修に向けて検討中のトイレ。

 

椿、熊ノ神社横に天狗山開祖の碑と宝仏殿。


12月7日、飯豊町公民館の女子職員が中津川公民館に出向き職員の伊藤ふみさんにそばかい餅作りの指導を受けてきました。この日はあいにくの雪が降り中津川の積雪50僂貌始の除雪も狭く運転も慎重に安全運転に心がけ到着。途中バスの屋根の雪を見てびっくりでした。

早速打ち合わせを行いかい餅準備に取り掛かります。まずはそば粉の分量をはかり・・・

そば粉に水をいれ火にかけ練って餅にしていくます。この時の混ぜ方とお湯でなく水を使って練るのがコツなのでしょう。すごい速さで混ぜないとダマになってしまいます。素人がするとやはりうまくいきません。

ふみ先生の撹拌の速さにはびっくり!あっという間にとろ〜っとしてきたではありませんか。

 

 

 

 

 

 

それを鶏肉のつゆでお雑煮のようにしたものと、黄な粉をまぶし出来上がりました。

みんなで試食、いただきま〜す。

粉っぽくなくとろ〜っとした舌ざわりは格別なものでした。美味しい・・3月に小学生のかいもちつくりの体験をしようと現在進行中です。そばだけでなく是非この味を体験してほしいと思いました。


12月18日いちごクラブは恒例となっている鍋パーティーを行いました。

早めに集まり皆で寄せ鍋と水炊きの美味しい鍋を二種類4つの鍋を作りました。

カブや高菜の漬物、ヤーコンの煮物、ワラビのおひたし、高級ぶどうにりんご、手作りヨーグルトケーキとチョコカップなどみんなの差し入れも様々、テーブルの上いっぱいに並べられ乾杯〜!

美味しい〜!とお喋りしながらの食事はとても楽しいものです。

お楽しみのあみだくじジャンケン、プレゼントが用意されうきうき・無邪気な様子が可愛いくもありました。

慌ただしい毎日を送る日々、ホッと息抜きできた日となったようです。

 

 


食彩しろつばき(直売所)の笑顔看板作成にご協力いただいた22名の生徒に、お礼を言いたいと言う思いから、書いていただいたおばあちゃん達が、手作りのポテトチップスや大学芋、ポップコーンなどを作り、ささやかながらおもてなしをさせて頂きました。中学生との交流という貴重な体験をさせて頂き、会のメンバーは大変喜んでいました。最初は何が好みかわからなく 迷いましたが心を込めて調理したせいか 子供たちは美味しい美味しいと食べてくれました。顧問の先生からも今後、このような機会を作れるよう努力しますと言っていただき会のメンバーも心新たにし頑張ることを誓いました。最後に代表して生徒さんから「これからも体に気を付けて頑張ってください」と、激励の言葉をいただきました。

 

 

 

 

 


今年5月より始めた百歳体操も仲間同士のコミュニケーションもでき、楽しくやっているようです。それと30分前より懐メロ歌手の画像を流しているためか、少し早めに来て楽しんでいます。さて、今日は計測の日と言うことで健康福祉課の職員の方から前回のデータや今回の結果について説明頂き今後も続けることの大切さを学んでいました。頑張って健康寿命伸ばそうネ

5月計測

5月計測

本日計測

 

本日計測


12月11日(火)恒例となった秋桜倶楽部のクリスマス会が文化祭に展示したハーバリウムを飾り行われました。

残念ながら忙しい時期とあって参加者が若干少なめではあったのですが、それなりに大いに楽しんだ一日となりました。1,000円の予算のプレゼント交換、ジャンケンポ〜ンと子供にかえったように無邪気にじゃんけんに張り切り何が貰えるかワクワクドキドキして楽しむ様子に、子育てが終わり自分の時間を楽しく満喫できる年になってきているのを実感しました。プレゼントの品物を手にペットと楽しんでいる話は尽きないようで思う存分楽しんだようでした。ちなみにプレゼントの中身にはほうれい線予防器具や保湿用米マスクなど年齢を感じる品物が増えてきていました。

( ´∀` )

 

 

 

 

 

 

 

 


422.8KB - PDF ダウンロード

12月23日(日)午前9時30分より正月用寄せ植えの講習会を開きます。

平成最後のお正月となります。新しい年に向けて素敵な寄せ植えをしてみませんか。

楽しい雰囲気の中で作るのは格別なものがあります。お茶を飲みながら交流の場に

していただければと思います。

皆さんの参加お待ちしております。詳しくはPDFチラシをご覧ください。

 

 

 


12月2日(日)晴れ渡った一日となり午後からは椿厚生の女性のつどいの皆さんが日頃の公民館使用にあたり窓ふきや調理室のガラス磨きや整理整頓のボランティアをしていただきました。

なかなか分館がないせいか顔を合わせる機会がないので年一回のこの集まりを楽しみに色々活動されています。今回は新しく自治会に入られたお嫁さんなど子供連れで参加いただきいい交流の場になったようでした。今後大いに公民館を使用し交流の場を設けていただきたいと思います。

公民館としても何らかのお手伝いができればと思っています。

とてもきれいにしていただきました。本当にありがとうございました。