飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

10月11日(月)に「ふるさと学園」のみなさんが集まって、西部地区展示会に出品する作品作りをしました。当日は、おらんだラジオで放送されている番組「おらんだのコミュニティ」(おらコミ)の取材があり、ラジオのパーソナリティである「渡部嘉子さん」と「山口良子さん」にも作品作りに参加頂きました。

今年度は「1円玉アート」を作りました。「寿」「笑」「宝」「福」の文字の中から各自選んで、1円玉を色紙に並べていきました。参加した皆さんに良いことがありますようにとの願いを込めて作りました。

 

ふるさと学園の活動や、今日の作品づくりなどの取材を受けました。取材後、5月の取材のときに植えたものを見ていただきました。(立派なサトイモになりました)



10月6日(水)婦人教室「さわやかクラブ」で展示会の展示作品つくりに18名が参加し、個性豊かにおしゃれで素敵な布製花瓶カバーを作りました。ペットボトルの空容器を使用し、大きさは自分の好みで大・中・小自由です。布はいらなくなった服や着物、帯などを再利用することになりました。「どれいいべねー」「こうした方がいいがぁ?」「今度は別なもの作ってみっかぁ」「皆で集まってつくるって、やっぱりいいねー」参加者が生き生きと楽しそうにつくっている姿を見て、新型コロナウイルスの影響で一人一人が我慢して我慢して乗り越えようと必死だったんだなぁ感じました。私たちは少しでもどうすると出来るか、出来ることを考えながら見つけてゆきたいと思います。お疲れ様でした。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

 10月3日(日)9時半より西部ウォーキングを開催しました。

 世代を問わず主に西部地区の住民31名が参加し、公民館から町道手ノ子落合線の舟山さんの炭焼小屋まで、随所に昔のお話しなど入れながら、往復約3.2舛鬚澆鵑覆琶發ました。

 

 落合の二本松で休憩し、昔は2本あった松が線路の工事に伴い一本切ったため現在は一本しかなくなった話などをして、ゴールの炭焼小屋に到着しました。

 舟山さんより炭の話や木の話などしていただき、炭は一切無駄がなくSDGsに繋がることなどを教えてもらいました。

 その後炭焼窯を見せていただき、帰路につきました。

 秋晴れの下、約1時間半でしたが地域の良い所を再発見したり歴史を感じながらのウォーキングでした。

 

皆さん、大変お疲れさまでした。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

公民館報『せせらぎ』8月号を発行しました。ご覧ください。

 

 

 



7月28日、ふるさと学園とさわやかクラブの皆さんが参加しホースを使った輪っか体操を行いました。台風が過ぎ去った後で始まる頃、どしゃ降りになり参加者も少なかったのですが11名参加してくださいました。輪っかを指で回したり、手首で回したりして手の運動を行いました。慣れてきたら両手で投げてキャッチをしたり、投げて宙に浮いている間に何回手をたたくことが出来るかに挑戦しました。「3回叩いたよー」「4回叩いたぞー」「すごいなー」と出来た人に拍手をしたり、参加者間の交流もあり達成する喜びを味わいました。手の運動も終わり今度は足の運動です。足だけで輪っかを次の人に渡すゲームです。隣の人とは1m離れているので片足を上げ、足首に輪っかを引っ掛けて隣の人に渡すのに、太ももがプルプルしましたが音楽を流して2チームに分かれて競走しました。疲れも吹っ飛ぶくらい笑い、参加者の心と身体が活性化につながったと思いました。手足を動かし身体も慣れてきたので、最後に音楽に合わせてペットボトルのフタを2個ずつ足に装着し、音楽に合わせて足でリズムをとり、はじめは「痛ててて」と言っていましたが、足つぼを押されているみたいで「気持ちいいー」と言いながら、タンタンタタンとそれぞれ音楽に合わせてリズムをとり、足の動きに合わせて手を振ったり叩いたり、最後にはヒゲダンスに変わって大笑いしました。楽しみながら、足首を動かすことで前脛骨筋の筋力をアップさせることが出来るため、転倒防止につながります。1時間の体操でしたが参加者の交流もでき、楽しく過ごすことができました。

お疲れ様でした。



7月7日(水)午後2時半より、手ノ子小の児童10名が参加し、

手すきのはがき作りをしました。

牛乳パックはぬるま湯に浸し、表と裏のツルツルした部分を剥がして真ん中の紙だけ使います。

 

手指の消毒・検温をし、始まりの会をし、工程や注意することなどを確認しました。

 

はがきの間に、お花紙で作った模様を入れました。

みんなで牛乳パックを剥き、細かく切ってミキサーにかけ、ドロドロ状態にします。

ミキサーにかけた紙を型枠に流し入れ、バットのそこにおき水気をしぼります。その上に自分で選んだ模様をのせて、もう一度紙をすくい上げ重ねます。

 

はがきのサイズにカットし、アイロンをかけて完成です。

 

お家の人にお手紙をかき、最後に感想を聞かせてもらいました。



6月23日(水)婦人教室さわやかクラブ「ゲームの日」を行いました。今朝の新聞広告に入っていたスーパーの折り込みを切り抜いて的を作り、一チーム5人ずつに分かれ、ゴム鉄砲を当てて食材を取り合いました。はじめは、なかなか当たらず四苦八苦してましたが段々コツを掴んでお目当ての食材をゲット。チームごとに今度は「肉を当ててー。」「きゅうりを取ってー。」など小さな声でのかけ声もあり、チームで団結して取り組む事が出来ました。取った食材で作れる晩ごはんの献立をチームごとに考えてもらい献立を発表してもらいました。毎日食事の準備をしていると、メニューもなかなか思いつかなく苦労していましたが、ゲームを通してチームで話し合ったら同じ材料でもいろんなメニューが出てきて、作り方から簡単にする方法、保存の仕方まで話しが出て盛り上がりました。料理教室が出来るようになったら、是非今日のメニューを実習に結びつけたいと話し合いました。参加者が、日々の生活のなかに生きる喜びと楽しみを見いだしていくための活動につながったと思いました。お疲れ様でした。



6月16日(水)町分館寿クラブの皆さんが公民館にある花壇の草むしりをボランティアでしてくださいました。20名が参加し約100mの花壇の草をマスクをしモクモクと作業してました。熱中症に気をつけ、水分補給しながら慣れた手つきで約2時間の作業で、すっかり見違えるほどきれいになりました。草むしりの後は、地域から頂いた花も皆さんで植えていただきました。ご協力ありがとうございました。そして暑い中お疲れ様でした。



6月14日(月)今日は小学校のプール清掃が午後からの予定で、地域の人にも声がけしてましたが、午後から雷の予報が出たので急遽午前中に変更して行いたいと学校から連絡がありました。急いで時間変更の件で参加者に連絡をとり確認したところ、皆さんから「大丈夫だ。都合して行くからな」と心強い言葉をいただきました。子ども達と一緒にブラシをかけてきれいにしました。子ども達も一生懸命、私たちも負けてらんないと一生懸命、疲れましたが子ども達とも声掛け合いながら出来て楽しかったです。子ども達に少しでもきれいなプールを使ってもらおうと一生懸命ブラシがけをしてくださった地域の方々の気持ちがとてもありがたいと思いました。暑い中、大変お疲れ様でした。



 6月8日(火)ふるさと学園の会員で、宇津橋から雁沢橋までの県道沿いのすいせんの手入れを行いました。中津川から国道113号線まで続く「すいせんロード」は、中津川地区から始まった事業で、今回手入れしたところは、平成30年に分館長さんはじめ有志の方で植付したところです。  曇り空の中、すいせんの根元に穴を掘り肥料をあげたり、すいせんの周りの草を取ったりと約1時間、話をしながら楽しく作業を行いました。  参加下さった会員のみなさま、お疲れさまでした。



6月2日(水)婦人教室「さわやかクラブ」のガーデニング教室が感染対策のため公民館前にテントを張り行われました。講師は公益社団法人 日本家庭園芸普及協会のグリーンアドバイザー、安部マチ子さんをお招きし、参加者23名がガーデニングの基礎知識として選び方から植え方、育て方などをご指導いただきました。花を大きく丈夫に増やすには、今咲いている花にハサミを入れて植える方法。肥料のやり方など分かりやすく教えていただきました。皆さん同じ花を植えたのですが、ひとりひとりの植え位置を変えただけで、ガラリと見た感じが違い個性が出ていました。隣同志、話しがしたくなるとどうしても近づいて密になってしまうので、昔なつかしい糸でんわを準備しました。糸でんわは糸がピーンと張らないと声が聞こえないので、「もっと離れないと聞こえない。」と言いながら自分から離れて話し参加者間の交流を深めることが出来ました。



5月20日午前中、5館の代表者が集まり、西部地区公民館にて牛乳パックで作る手すきはがきの講習会をしました。事前準備として、開いた牛乳パックを3日間ほど水に浸し、コーティングされた外紙と内紙を剥がし使用する中央の紙だけを取り出し水に浸しておきました。それをみんなで更に細かく裁断。

ミキサーでドロドロにして、それを型枠に流し入れ少し水気を取って平らな板などの上にひっくり返します。

タオルをおいてアイロンで乾燥させたら出来上がりです。

紙と紙の間に花を入れて、模様をつけて見ました。



 5月10日(月)9時より、ふるさと学園(横山昇一学園長)の開講式を開催しました。今年度の会員は22名で、役員選出と活動計画を話し合いました。

 昨年はコロナの影響で集まっての活動が出来ず、各自自宅で5円玉を紐に通して集め、今回の開講式でみんなで持ち寄り測定して、1位〜5位まで表彰をしました。1位の長さは92cmあり、枚数は603枚でした。見事な長さにみんなビックリ! 会員の方々が集めた5円玉は全部で3,292枚で金額にして16,460円となり、こちらは全額社会福祉協議会に寄付しました。

 

 

 

 

 第2部ではさわやかクラブ(宇津木良子会長)と合同研修で、巻坂さんを講師に介護レクリェーション(感覚ゲーム)を行いました。「体内時計ゲーム」「体内ばかりゲーム」など、自分で秒数や長さ、量を感覚で推測し、“ピタリ賞”や“近かったで賞”などをいただき、参加者が楽しく交流をはかりました。

 



5月20日(木)ふるさと学園(会員22名)の役員で、西部地区公民館北側にある畑に野菜苗を植えました。当日は役員の方が午前9時より作業を開始し、ジャガイモ.サトイモ.サツマイモなどの苗を次々と手際よく植付しました。当日はおらんだラジオの取材があり、リポーターの山口さんにも作業を手伝ってもらい無事終了。全員で豊作を祈願しました。作業終了後場所をかえてふるさと学園の活動等の取材を受けました。収穫物については、役員で話し合いながら有効に活用したいと思います。



5月20日(木)、西部地区公民館運営審議会及びまちづくり委員会を開催いたしました。会議の前段に、社会教育課生涯学習振興室の志田課長に来館いただき、「まちづくりセンター化へ向けた町の考え方」のご説明をいただきました。人口減少が進むなかで、今後の地域づくりについて協議を進めていく事を確認いたしました。

引続き協議に入り、令和3年度の事業についてのご意見を頂戴しました。新型コロナウイルス感染の終息がみえないなかではありますが、分館連、育成会等各団体と協議しながら事業を進めていくこととしました。