飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

7月15日(土)〜16日(日)手ノ子スキー場を会場に西部・中津川地区子ども会育成会のキャンプが行われました。5、6年生が買い出しに行ってる間、1年〜4年生は近くのひらすび牧場に行き乗馬をしたり餌あげをしたりと楽しく過ごしました。買い出し班は上手にカレーの食材を買いデザートやおやつも買って、残金が8円や21円と本当にすごいと感心しました。子ども達が作ったカレーもとても美味しかったです。後片づけをしていると、急に雷がなり危ない天気になってきたので、急遽、公民館に移動してホールにテントを張ってのお泊りになりました。楽しい思い出がたくさん出来たことでしょう。


7月14日(金)西部地区公民館を会場にスポーツレクリェーション大会の実行委員会が行われました。高峰地区協議会長、手ノ子区協議会長、体育部役員の総勢41名で8月20日に開催されるスポレクの大会実施要項、競技種目や競技内容、競技時間などを話し合いました。マンネリ化をなくす事や、参加した事のない人をいかにして参加させるか頭をひねり知恵を出し合いました。


7月12日(水)さわやかクラブの皆さんが「星の観察と食事会」を行いました。エルベで食事をしながら親睦を図り、いいで天文台に移動して星の観察。はじめは、雨の予報でしたが、天気にも恵まれ大きな望遠鏡で普段見ることの出来ない木星や土星を観察することが出来ました。その後、中部地区公民館のシアタールームに移動し、四次元宇宙シアターでは3Dメガネをかけてガイドと共に宇宙空間の中を旅しました。神秘さに感動し、すてきな時間を過ごすことが出来たと皆さんが大変満足した様子でした。


7月10日(月)手ノ子小学校4年生6名と白川ダムビジョン推進会議メンバー、山形県環境科学研究センター、白川ダム、役場商工観光課が参加し白川流域 西高峰橋上流と上原橋付近の水質調査を行ってきました。PHやCODの調査では、だんだん色が変わってくるのを見て、真剣にチェックシートとにらめっこしていました。また、水生生物の調査では川に入り石の下にいる生物を網でとったり、「これなんだー。」「ここにもいるー。」驚きながら楽しく調査しました。水の大切さも教えてもらい、すばらしい体験授業だったと思います。


6月22日(木)手ノ子幼稚園を会場にさわやかクラブと幼稚園の交流会を行いました。昨年度まではゆべし作りを「おだんごを作るときみたいに、手のひらでまーるくコロコロとやってみて」とか「昔はおかしを買って食べることなかったから、こうやって作って食べたんだよ」とか話をしながら一緒に作ってましたが、今年は昔遊びの伝承ということで、「はないちもんめ」や「かごめかごめ」を一緒に行いました。おもちゃを使わないで身体を動かして遊ぶことが余程楽しかったのか、元気な大きな声で「あのこがほしい」「あのこじゃわからん」「そうだんしましょ」「そうしましょ」とグイグイおばあちゃんの手を引っ張って前に進んでいました。もう、おばあちゃん達はヘトヘトになるまで園児たちの喜ぶ顔をみて頑張って下さいました。


6月18日(日)午前8時から、手ノ子小学校グランドを会場に西部地区親善ソフトボール大会が行われました。今日はたくさんの行事が重なって参加者の心配もありましたが、ギリギリの人数で手ノ子チーム、高峰チームに分かれて試合をする事ができました。白熱した大接戦の末、手ノ子チーム11点、高峰チーム13点で高峰チームが優勝しました。久しぶりに走ってヘトヘト。お疲れ様でした。


6月7日(水)午前9:00から、ふるさと学園の役員が畑作業をして下さいました。1日に学園の皆さんで行う予定でしたが、いよいよ始まると言う時にバシャバシャと音をたてて雨が降ってきました。もぉ〜残念。仕方なく断念し本日役員の方に植えていただきました。里芋・さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ等々、収穫時を想像、楽しみにしています。


6月6日(火)婦人教室「さわやかクラブ」の皆さんが、毎日報道記事や最新ニュースを新聞を通して私達に届いていますが、山形新聞が届くまでの工程を見学したい。また、郷土館は旧済生館で国指定重要文化財でもあるので一度は足を運んでみましょうと言う事で視察研修に行ってきました。大きな建物の中で、働いているのは少人数。殆どがコンピュターでした。夜中に機械で印刷され、遠い順から販売者に届けられ早朝に私達の家に配達されます。仕事に行く前に新聞で最新ニユースや報道記事を見る事ができるのも、「いち早く読者に」という思いがあるからだと思いました。また、郷土館では明治の時からの話しをしてくださり、とても分かりやすかった。だいぶ歩いたので、足も痛くなりましたが大変良い視察研修でした。お疲れさまでした。


5月31日(水)10:00〜高峰多目的集会所を会場にさわやかクラブの運動教室を行いました。運動を取り入れて、いつまでも健康で暮らせるようにと介護予防運動指導員の伊藤美紀氏にご指導をいただきました。機械を使った筋肉トレーニングや歌に合わせてイスに座っての体操。ワイワイ楽しく、いい汗を流しました。

 


5月28日(日)朝6:00〜町分館寿クラブの皆さんが西部地区公民館の花壇除草作業をボランティアでして下さいました。草で見え隠れしたあじさいや芝桜が姿を現し、きれいに咲いた花が皆さんを迎えてくれるでしょう。早朝からご協力ありがとうございました。

 


第2部は合同で36名が参加し、楽しく学びました。


5月17日(水)婦人教室「さわやかクラブ」の開講式が行われました。学習を通じて広く教養を高めるとともに、健康で明るい家庭の推進、楽しい仲間作りをめざしています。第2部ではふるさと学園とさわやかクラブが合同で講演と寸劇をいただきました。講演は飯豊駐在所の所長が「安全に暮らすために」参考になるお話をして下さいました。寸劇は「ユッキーあんどヨーコ」で楽しく寸劇をみて交通安全を学ぶ事ができました。


5月17日(水)高齢者学級「ふるさと学園」の開講式が行われました。 地域社会への積極的な参加と生涯学習への活動を展開し、健康と生きがいつくりを学び明るく楽しい生活を送ることを目的としています。


4月23日(日)中津川すいせんロードの手入れと植え方に西部地区公民館から8名の方に参加いただき、中津川の方と一緒に行いました。総勢100名の参加者で、驚きです。中津川から国道113号線までつながるよう頑張ります


3月3日(金)西部地区公民館を会場に夕灯のつどいが開催されました。運営審議委員、青少年推進委員、社会教育推進委員、ふるさと学園、寿クラブ、そして地域の方々が先立ちになって雪山を虹に見立てて、穴を掘ったり、7色の氷を並べたり、虹をテーマに今年もあかりが灯されました。穴を掘る作業の時は吹雪で大変なご苦労がありましたが、7色の光が灯した時は子ども達も大喜びで 「苦労したかいあったね。」とおじいちゃんの一言。喜びと感動が、これから担う子ども達に伝わったと思います。さわやかクラブの皆さんが、とん汁とおにぎり、コンニャク煮、甘酒をつくってくださいました。寒かった身体もポカポカに温まりました。また、3月3日はひなまつり。雛人形を飾り、皆んなで歌をうたったり、紙コップで雛人形をつくったりと楽しいひとときを過ごしました。第2部として、一年間の公民館活動を映像して見ていただきました。お忙しい中、ご協力くださいましてありがとうございました。http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/CIMG0328.JPG">http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/CIMG0311.JPG">http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/CIMG0324.JPG">