飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

今月12月2、3日の両日飯豊町の高円寺アンテナショップで限定20名の予約制でつきたて餅を食べていただくイベントをしてきました。

今年最後の冬の食べ物(時には年間)としておばあちゃん二人が主役となって頑張ってもらいました。東京では切餅が主流なため、目の前でちぎって食べた事に感激していました。

*あんこ餅、じんだん餅、なっとう餅、くるみ餅、ぞうに餅の5種類、煮物と漬物バイキング^0^:

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0056.JPG">

 

 


食彩しろつばき(60〜80代)は今年で丸9年になりました。無農薬野菜を作ろうと微生物を使った肥料や無害農薬つくりなど 様々なことをしてきた9年のようです。月に2回程度の開催で野菜作りが健康づくり又は、仲間づくり、商品として販売することのむずかしさ等、勉強することが多かったようです。まさに生涯学習であったりこれをきっかけに地域づくりに発展することを願っています。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0819.JPG">


小白川、椿両地区の親睦を図る秋季スポーツ(ソフトバレー)大会が開催され今年も

11のチームが参加され、大きな歓声と共に熱い戦いが繰り広げられました。

毎年感じますが、チームの中に新メンバーが数多く見受けられました。公民館としてはそこが狙いです。

スポーツを通して仲間意識が強くなってくれることを大事に考えています。

少子高齢化こそこういった事業を推し進めることが今、大事に思います。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0020.JPG">


飯豊の秋は山菜、米、新鮮野菜、果物など豊富に取れ馬肥ゆる秋と言いますが飯豊の秋はまさにピッタリの言葉だと思います。今年も添川“しらさぎ壮”前で開催されさまざまな食材が特別価格で販売されました。

公民館(リサイクル会)では大根祭りと称して漬物大根を100円で提供し、お客様に喜ばれました。^0^

その他、今注目されている美容と健康に良い菊芋の詰め放大やサトイモ株ごとなど大半は、売れ切れました。あいにくの雨風になりましたがお客様との会話やさまざまなイベントを私たちも楽しみました。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0124.JPG">

 


小白川、椿両地区の文化祭が今年もにぎやかに開催され地域の方たちとともに文化祭を楽しみました。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0066.JPG">


夏野菜を中心とした普段食べている美味しい食べ物をお弁当形式にして味わっていただきました。

飯豊から持ち込んだ食材はすべて無農薬野菜の物、無添加の漬物各種そして美味しいお米と三拍子そろった材料をおばあちゃんたちが手際よく調理し予約のお客様に食べていただきました。中には、この漬物と煮物はここで買えるの?と、言われました。 飯豊のおばあちゃんが作る素朴でやさしい味が皆さんに伝わったようです。  後ろには各地区公民館から提供いただいた写真が飾られています。   H28/7

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSCN6886_10037.JPG">


白椿川柳会員17名(公民館職員2名含)は公民館文化祭出品も含め年5回ほど活動しています。

今回の“加藤田舎杯”は26回となり、さらに綾女氏の米寿を祝う句も各自披露し、句会も大変盛り上がりました。

公民館としても川柳と言う文化を絶やすことなく今後も白椿川柳会と一緒になって愛好者の拡大や、会員の募集に心掛けていきたいものと考えます。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0040.JPG">


飯豊アンテナショップつながりで杉並第四小学校の子供達、その父兄に飯豊の芋煮の作り方をおばあちゃん3人と(公)職員2人で教えに行ってきました。小学校関係の皆さんはとても熱心な方たちでした。

そして出来上がった芋煮の他、おばあちゃん特製の漬物(5種類)を皆さんでいただきました。

芋煮も美味しいと、言って頂きましたが漬物の美味しさには皆さんビックリしていました。普段何気食べていましたが、ここにも飯豊の魅力があることにきずかされました。

又、今回はスローフード杉並の佐々木社長ご夫妻にも大変お世話になりました。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSCN3453.JPG">


東京からフォレストハーモニーの猿谷社長とパートナーの伊藤さんが見えられました。

今回は2回目で、将来の幹部候補生5名(外国の方2名含)を連れてこられました。おばあちゃんたちの

おもてなし料理を食べながら話が弾み飯豊を拠点に仕事をしたいとまで言ってくださいました。^0^

又、来てけろな〜   28・10  

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0152.JPG">

 


飯豊の新鮮食材を送るお手伝い。毎週木曜日は新鮮野菜や、漬物、果物などを送り東京の方々に

飯豊の魅力を伝えたい。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0036.JPG">


飯豊の郷土料理のひとつ“笹巻”を東京の人に味わってもらおうと“ばっちゃ”方が腕を振るって笹巻つくりに奮闘!。

今後も、その時折の物を送り季節感をお味わってもらおうと話していました。 ありがたい^0^;

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0471.JPG">

 


7月6日第二小学校横の町民プールの清掃が行われました。事前にEM菌を当公民館職員が撒いておいたため微生物が働き、ごみを分解してくれていました。さらに、害のない洗剤を使うことで子供達も(二小生徒)はしゃぎながら懸命に掃除を手伝ってくれました。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0429.JPG">


今年8月17日小白川地区で恒例の子供奉納相撲大会(小白川体協主催)が開催されました。

毎年開かれる相撲大会ですが、参加者も減少気味であることに常に気にかけておられた五十嵐一男前区民会長は、子供たちに本物の力士を見せてあげたい思いから、小国町で合宿中の東関部屋の若手2名を世話役の

鈴木氏に頼み実現の運びとなりました。子供たちも大人も力士の大きさに超ビックリ!

あいにくの雨で室内になりましたが、いい思い出になったようです。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0236.JPG">


昨年秋、地区民の念願でありました護摩堂が地区内外の皆さんのご協力で再建されました。

そして、今年7月23日祭礼には約90名の方が護摩炊きに参加され改めて歴史の重さ、深さを身をもって感じられたようです。

http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/images/DSC_0056.JPG">

 


白椿地区公民館とスローフード杉並との交流をきっかけにメンバーの女子大生4名が飯豊町を卒業旅行

記念(勝手に思いました)に選んでくれたのでサークルのおばあちゃんたちも大喜びでした。

飯豊の酒蔵や農業体験、食の文化等々を2泊3日を満喫されたようです。