飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

今年は来場して頂いた方々に、餅を振舞いました。

初めてだったこともあり、分館連の皆さんは試行錯誤しながらの作業でした。

召し上がった方の評判は大変良く、おいしいの言葉をいっぱいいただきました。


綿菓子とわくわくルーレットを出店いただき、沢山の子ども達が文房具等の景品をもらったり、綿菓子を

食べてりして喜んで参加してくれてました。


10月30日(日)秋晴れの中、中部地区地区文化祭が開催されました。

地区内のこども園、小学校他団体並びに個人の作品が沢山展示されました。どれも力作ばかりですばらしい作品ばかりでした。当日は晴れた事もあって、多く方に来場頂きました。

いつもながら、婦人学級、分館連、婦人会、育成会等、沢山の方々の多大なる協力には感謝申し上げます。

 

 


参加者みんなで分担・協力し作った「ガパオライス」が完成しました。香辛葉のガパオの香りと辛みが食欲をそそります!さすが南国の食べ物!旨かった〜(^^)/


班ごとに分かれての調理開始です。タイの食材・調味料「ガパオ」「ナンプラー」等が用意され、初対面の方がいる中、みなさん協力し合いながら楽しく調理されている姿を見ると、この事業を計画実行して良かった!と実感させられます。出来上がりが楽しみです!


タイ王国から縁あって、飯豊町内にお嫁さんにいらして下さった方にお願いし「タイ料理教室」を開催しました。初めに自己紹介とタイの資料を元に母国のお話をしてくださいました。「サワディカ」・・・タイのあいさつの言葉を教えてもらいました。参加された方も「タイ」に興味深々のご様子でした。


3回にわたり「中部地区探検隊の萩生編」で石箱遺跡での体験が終盤を迎えました。

参加した子供達からは、昔の事を勉強できたので良かった。とか、楽しかった等・・・色んな感想が聞かれました。      9月12日に土器作り。10月1日には野焼き。そして今回。。。こんな素晴らしい体験が出来たのも、多くの方々よりご協力・ご支援を頂いたお陰です。関係者の皆様ありがとうございました。


古代米が炊き上がるまでの時間、石器で鶏肉と切ってみました。思ったよりスイスイ切れて、参加した子供達も貴重な体験をする事が出来ました。  せっかくですので、その肉も炭火で焼きました。


10月8日(土) 石箱遺跡体験村にて土器を使っての炊飯体験が行われました。

中地区のKさんから貴重な古代米を頂戴し、石箱遺跡体験村にて炊飯体験をしました。

当日の天気は雨でしたが、竪穴式住居の中はとても快適で雨漏りひとつありませんでした。前回、野焼きをして完成した土器を使用し白米と古代米混合飯と古代米のみの飯を炊き上げました。出来上がりがとても楽しみです!


中部地区の文化祭が10月30日(日)に開催されます。今年もいろいろな作品の展示と演芸の発表があります。

是非、ご家族ずれにてお越し下さい。お待ちしております。


野焼きが進むにつれて、土器は煤で真っ黒になりました。

この先、どんな仕上がりになるのか・・・


土を少し掘り、野焼きする場所を確保。最初から火の中に、土器を入れるのではなく、周りに置いて、熱に慣れさせ、その熱で焼き、中盤で火の中に入れました。


本日、土器の野焼き体験日!秋晴れの良い天気に恵まれ「石箱遺跡体験村」でみんな興味深々!

手順を高橋先生にお聞きし、いざ点火!!      作業途中の写真は後日アップしますね!(^^)


9月12日に作った「土器」が乾ききりました。土器を完成させるため、10/1明日野焼き体験を「石箱遺跡体験村」で行います!壊れることなく焼きあがるのを祈るばかりです☆  


約3時間の作業時間。完成した「ウッドフラワー」を見て、みなさん「かわいい!素敵!凄いアイデアだな〜」等感想が聞かれました。みなさんは何処に飾るのでしょうね?   本当に素敵ですよね(^^)/

 


powered by samidare