飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

  東部地区高砂会のボランティア活動が6月29日(水)に行われました。

 朝から東部地区公民館に約40名の会員さんが集合、ひめさゆり荘班、公民館の花植え班、清拭班に分かれ、それぞれの作業へ向かいました。

 ひめさゆり荘班は、草刈、花植え、窓拭きを分担して作業、花壇は前日から高砂会役員が耕運やマルチの下準備を終えており、スムーズに植栽ができました。 

 また、東部地区公民館においては、花壇の花植え、清拭縫いが行われ、暑さの厳しい中での作業となりましたが、昼前には無事全ての作業を終え、東部地区公民館大ホールにて、閉会式を執り行い終了となりました。

 高砂会のみなさん、ボランティア活動お疲れさまでした。ありがとうございます。



あじさいに隠れていたひまわりが成長して存在感がでてきました。



7月3日(日) 晴天に恵まれた暑い日となった本日、移住定住者の方々と共に笹巻作り体験が行われました。元気な子供連れのお母さんたちと共に受付を済ませ、日程の説明をしてさっそうと

笹採りに出かけます。

公民館西側にある桜並木の笹薮、ハサミを持ちどれがいいのか四苦八苦。

「とれたよ~!」とお母さんたちと喜んでいるぼくでした。

「みんなとれたかな〜!」 急いで公民館に戻り笹をあらいますよ。

公民館では、みんなが採ってくれた笹をきれいに洗い20枚に束ね茹でます。

笹は2枚使い一個出来るので20枚だと何個出来るかな?  ???と計算に夢中。

「10個~!」 はい、正解でーす。

先生にお願いした地域のおばあちゃん3名に作り方を教えていただきました。

先生のそばで近寄り見つめる女の子・・・必死で覚えようとしているのがわかりました。

チョーむずかしい(´;ω;`)ウゥゥ

ここではかわいい女の子がまいぷれの盒兇気鵑斑舂匹靴砲覆辰討い泙靴拭

米粒をちょこっとずつ、盒兇気鵑亮蠅里劼蕕縫僖薀僖蕕辰箸△欧討い泙靴拭

チョーカワ(・∀・)イイ!!  実の孫と遊んでるようなそんな顔してましたよ。

ゆで上がりに時間がかかる為、あらかじめ準備していた笹巻をみんなで試食することにします。

どうかな(・・?

美味しい(・・?

みんなで食べるのって特別にうまいかもしれません。

おばあちゃんに覚えてきてと頼まれた子もいました。

何より、今まで食べてきた笹巻。  笹採りから食べるまでこんなに大変な事を今日知りました。

婆ちゃんに感謝、おしょうしな、ありがとうの言葉も出てました。

みんな揃ってハイ・チーズ!

楽しい一時の交流会でした。

またお誘いしますので、参加してくださいと約束。

帰りには、自分たちが作った笹巻をそれぞれ5個ずつお持ち帰りです。

まだ水分有るので、お家に行ったらさげておいてね〜。

夕方になったら食べれると思いま~す。

(^^♪  みんなの笑顔をいっぱい、一杯戴きました。おしょうしな〜!

今度は飯豊弁、田舎の言葉をおぼえてけろな〜!

わがった〜。と移住者の方のお返事をもらいました。

 

ところで、受付してた頃から気になっていたこの手提げバック

見てください。リサイクルバックだ。・・・そうです、SDGsに一役買っていますね。

これ誰の~?  ・・・・さあだれでしょうか・・想像してみてください。

ビックリしますよ。・・・・答えは後で公民館に来た時に教えてあげますね。



先日手ノ子小学校で看板とひまわりに支柱を設置してくださいました。子どもたちが、毎朝ひまわりに水かけをしてくれているようです。(出勤時間が合わずお会いできていませんが・・・)

 



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

7月16日(土)

白椿地区民登山として今年度は椿高寺山に挑戦する事になりました。

上記に添付された写真は冬山スノーシュートレッキングの様子です。

今回の企画は夏山を楽しむ。

まして椿の裏山にある平成4年度に開催された山岳国体の場所でもあり、

30年ほど前に公民館で行われた青年層の活動の一環である

朝焼け登山の場所でもあります。

その時を思い出しながら一望に見渡せる雄大な景色を満喫していただきたいと思います。

まだ行ったことのない方大歓迎いたします。

是非、挑戦してみてください。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

6月28日(火)、第39回ゆり写生大会の審査会が行われました。公民館長賞、ゆり園賞、めざみの里賞の各賞が沢山の作品の中厳選され決定致しました。どれも力作ばかりで審査員の方々もかなりなやまれておりました。各賞は別紙審査結果(pdf)をご覧ください。尚、入賞された作品は7月7日(木)から8月17日(水)まで道の駅めざみの里観光物産館2回ギャラリーにて展示されます。お時間のある方は是非、ご覧になって頂ければ幸いです。



6月16日(木)に栽植したひまわりが順調に育っています。これから暑くなるので、成長が楽しみです。



6月25日(土)、第39回ゆり写生大会が開催されました。心配してた天候も朝から快晴に恵まれ絶好の写生日和の中行われました。今年は6月に入ってから中々気温が上がらず、ゆりの生育も少し遅れ気味になってましたが、ここ数日の気温により写生出来るほどになってくれました。当日は幼児、小学生、中学生そして一般の方50名という多くの方々に参加していただきました。皆さん力作ばかりで審査の方もかなり難しくなると思います。その審査の方は後日行われますが、そこで入賞された方々は7月初旬よりめざみの里観光物産館の方へ展示の予定です。もしお時間がございましたら是非ご覧になって頂ければ幸いです。



6月23日(木)中部地区しろあと教室開級式が開催されました。3年ぶりの開催でありましたが、沢山の方々に参加していただきました。最初に嘉藤室長、続けて木村館長にご挨拶をいただき、その後令和4年度の事業計画(案)を説明し、皆さんの賛同を得、スムーズな形で開級式が行われ、終了致しました。式終了後、続けて研修会を開催しました。内容は今年度より長井警察署地域課飯豊駐在所の方へ赴任されて来られた、渡部所長をお招きし、交通事故防止、特殊詐欺防止、防災等に関しての講話をしていただきました。最近身近で起こった交通事故、詐欺被害、空き巣被害等の話をわかりやすく、お話をしていただきました。話を聞かれてた皆さんも他人事じゃなく、自分にも起きうる身近なこととして聞かれてたと思います。本日は有意義な開級式並びに研修会になったと思います。



今年度は小学校の放課後活動(わくわく3KEN広場)にさわやかクラブの皆さんとの交流会を5回計画しました。6月22日(水)は第1回目でカルタとりの感覚で文字を組み合わせて一字を作り、何個出来たかに挑戦する漢字遊びを行いました。「どんな漢字が出来るかなぁ」「何個わかるかなぁ」「分かんないと言ったら教えんべ」とわくわくしながら、楽しみに子ども達を迎えてくれたさわやかクラブの皆さん。子ども達は漢字を見つけると手を伸ばしバシッと取るけど、さわやかクラブの皆さんも負けらんない。そこで思いついたのが、長い指し棒でした。子ども達と一緒になって指し棒を使いながら「この、にんべんと田をくっけると佃煮の佃になるー。」「きへんと目をくっけると相手の相になるー。」「口の中に木を入れると困っぺぇー。だから困る」「本当だぁ。」「テレビに出てくる芸能人の名前でにんべんと幸をくっけた人、倖田來未の倖でなかったっけ?」と幅広い柔軟な物の見方で楽しく一字を作る漢字遊びになりました。最後に3班に分かれて何個出来たか発表してもらい、1班さんは42個、2班さんは51個、3班さんは48個でした。どの班もすごかったです。楽しく交流も出来、あっという間の1時間でした。お疲れ様でした。



去る、6月11日(土) コロナにより出来なかった獅子舞。2年ぶりに若者たちによって繰り 広げられました。数日前から練習の太鼓の音が響き渡り、待ちに待った獅子舞いが期待されていた中 であった為周りではウキウキした気持ちは隠せない様子。御宮から出て来る黒獅子、笛、太鼓が響 き渡る中、ちびっ子達やお母さん達、携帯でシャッターチャンスを逃さないように目が離せません。 久しぶりの黒獅子の勇敢な姿にうっとりしてしまいます。やっぱり良いよな!けいごの迫力と黒獅子の駆け引きは・・・共に繰り 広げられる獅子舞が見に来てくれた人たちの沈み込んでいた心に光を与えくれるようなそんな感じに受け取れました。

 

  

 

コロナの感染拡大を阻止、終息を願って何とかやろう。

若者の熱意は本物でした。

ありがとう、地域に活気を与えてくれた皆さん。



6月17日(金)館長と地域活動推進員3名が伊佐沢コミニュテーセンターに研修に行ってきました。事業活動など活発にされているので、取り組みや組織体制など参考にお話しをお聞きしました。また、4月にオープンしたスマートストアも体験させて頂きました。お忙しい中、時間をつくってくださいました伊佐沢コミニュテーセンターの皆さんありがとうございました。



6月13日(月)町分館寿クラブの皆さんが、公民館にある花壇の草むしりをしてくださいました。今年は20名が参加し、約100mの花壇の草をマスクをして、モクモクと作業してくださいました。熱中症に気をつけ、水分補給しながら慣れた手つきで約2時間の作業で、すっかり見違えるほどきれいになりました。ご協力ありがとうございました。そして暑い中お疲れ様でした。

 

地域から頂いた花を、後日公民館の花壇とプランターに植えました。

 

公民館に立寄ってご覧ください。



6月13日(月)中津川から国道113号線まで続く「すいせんロード」の手入れを、ふるさと学園の会員で実施しました。昨年作業した宇津橋から雁沢橋までの区間に続き、今年は雁沢橋から国道113号までの間をすいせんへの追肥と草むしり等、話をしながらみんなで楽しく作業を行いました。すいせんの周りは雑草が生茂り作業はなかなか進みませんが、1時間ほどかけてきれいにできました。

 

参加下さった皆さん、おつかれさまでした。



このプロジェクトは、平成23年に京都府内において交通事故で亡くなった男の子(当時4歳)のご遺族から、生前男の子が大切に育てていたひまわりの種を引き継ぎ、その種を育てて、ひまわりを開花させることで、命の大切さを学び、被害者支援への理解を深めることを目的に実施している活動です。

 ひまわりの植栽が手ノ子小学校で実施されることになり、小学校に花壇がないため教頭先生から公民館に依頼がありました。趣旨に賛同し、6月16日(木)に公民館前の花壇に植えていただきました。

 亡くなられた男の子に思いを馳せながら、命の大切さと交通安全啓発をこの地で広めたいと思います。