飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

10月21日(土)、22日(日)の2日間、西部地区公民館文化祭が西部地区公民館を会場に開催されました。開催に先立ちまして地域の方々並びに幼稚園、小学校のご協力、実行委員の方々にはお忙しい中、3日間にわたりご協力を頂き、盛大に終了できましたこと、心より厚く感謝申し上げます。21日にはオープニングとして、手ノ子幼稚園年長さんによるテープカットとヨサコイを披露し華を添えていただきました。会場は大きな拍手と笑みでいっぱいでした。また、秋の収穫祭に感謝して行われた餅つき大会には児童はじめ、大勢の皆さんが来館され搗き立ての餅を腹いっぱいに食しておられました。心配した天気でしたが、第4回西部ギネスの「スリッパ飛ばし」競技には40名の申込みがあり、子どもから高齢者まで参加されました。1位は19m42僂任しくも新記録更新にはなりませんでしたが、笑いに包まれ盛り上がりました。終了後、分館対抗の玉コンニャク串刺大会では、1分館から5名が参加、総勢45名が参加しました。会場の皆さんが見守る中、選手はドキドキしながら1分間何本刺せるかに挑戦して下さいました。トーナメントで勝ち抜く度に大歓声。かなり盛り上がりました。「割り箸をこんなふうに持つともっと刺さるかもしれないぞ。来年はそうしっぺ」などともう来年への意気込みの声もありました。小学生の農産物販売では、5年生が作った「じゃがいも・かぼちゃ・さつまいも等」5年生が販売。店員、金庫番、呼び掛けとそれぞれが担当しすばらしい体験をされたと思います。あっという間に完売しました。工友会では無料の包丁研ぎを行い、1時間という時間の中休む暇なく次々と持って来られる包丁を研いて下さいました。2日目は、あいにくの雨でしたが芸能発表会が行われ大勢の皆さんが入場されました。この日の為に出演者は毎日、稽古を重ねておられました。熱のこもった唄や踊り、寸劇に盛んな拍手を送って盛り上げていただきました。食改さんは食改活動で習った料理を伝達するよう試食コーナーを設けたり、外ではみどり安全さんのご協力もあり、避難時にすぐに役立つ非常持ち出しセットの展示や防災グッズ、カタログなどの展示。西部地区子ども会育成会はやきとりの売店。分館持ち回りで青年会が「ふうせんアート・水ヨーヨー」のプレゼントを行いました。公民館活動の中には、いろいろなクラブ、団体が自主的に活動を行っておりますが、その方々もこの文化祭に合わせて計画を練られ、今回も見事な作品を出品され、展示していただき来館された皆さんは、その成果にじっくりと見入っておられました。地域の皆さんの見事な作品をはじめ、園児や児童の作品も所狭しと公民館いっぱいに展示され文化祭に花を添えて頂きありがとうございました。地区挙げてのご協力に感謝申し上げます。



今週の16日、第29回館長杯ゲートボール大会が中部地区公民館南側コートにて曇り空の中、開催されました。毎年、中、萩生、黒沢の3チームに分かれて行なっております。この日は本当に寒く、防寒着を身に着けながらのプレーでしたが、中々の熱戦でした。結果、優勝萩生チーム、準優勝黒沢チーム、第三位は中チームでした。各チームの皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0449.JPG">



高円寺アンテナショップへ送る宅配の名前には,を一つ多くつけています。理由として良いものが美味いの二つの想いを込め毎週送った回数は70回を超えました。高円寺のお客様や都会で頑張っている飯豊出身の皆さんに田舎の季節を少しでも感じてもらおうと生産者、ショップスタッフの地道な努力の甲斐あり順調に愛されるお店になっているのを実感します。

 

(先日掲載された高円寺アンテナショップブログの紹介)

一昨日の『飯豊のうまいいもの便』では浜辺さんのトマト、安部さんの里芋、川崎さんのかぶのおろ抜き、綾子さんの漬け物などたくさんの野菜を送っていただきました。
今回白椿公民館にお願いして入れてもらった栗の枝や柿の枝や稲穂。さわってもいい?とか、売ってくれる?これは渋柿?孫に栗をひとついただきたいのだけど。。と聞かれたりお子さんやお孫さんにこれはお米なんだよ、さわってみたら?と話している会話が聞こえ、高円寺のお客様を楽しませてくれました。
採れたばかりの稲穂の先は、新米に飾ってみました。おかげさまで送っていただいた野菜はほぼ完売!!
店頭で販売している芋煮も大好評です。飯豊町の秋を感じて楽しんでいただけたらうれしいです。

 

 



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

10月21日(土)、22日(日)と西部地区文化祭が開催されます。21日土曜日は手ノ子幼稚園児による開会セレモニー(テープカット)からはじまり、収穫祭もちつき大会、西部工友会の皆さんによる包丁研ぎ、西部ギネスに挑戦のスリッパ飛ばし競争、分館対抗玉コンニャク串刺大会、22日日曜日は芸能発表会、食改の試食コーナー、西部地区子ども会育成会の売店、高峰そば工房の売店、みどり安全さんの防災グッズ展示、幼稚園児、小学校児童、各団体、クラブの皆さん、地域の皆さんの作品や農産物や珍しい物等多数展示されます。お楽しみ抽選会もあります。詳しくはチラシをご覧頂き楽しみにお越しください。お待ちしています。



10月10日火曜日(添川小学校振替休日)に添川小学校4年生以上を対象に『わら細工教室』を開催しました。指導を東部地区「高砂会」にお願いしたところ会長初め7名の方から教えて頂きました。

初めて参加した4年生などは、一から手取り足取り教えてもらってやっと出来上がったり・・・。

方や、6年生などは、三回目ながらも「ナワない」などスルスルと綯う子も居たりして、「おめ、テショウ ええなぁ」と言われたり、「むかし なんかよ・・・・・・・・・・・・だった もんだ。」等と話し語られたりしながら、参加者全員一足づつ完成しました。

東部地区文化祭に展示します。見に来て下さいネ!

先ずは「わら」を「藁ビツツ」で叩き、柔らかくしました

次に、柔らかくなった「藁」で「縄綯い(ナワナイ)」です

丁寧に教えて もらっています

よっ! 6年生頑張ってますネぇ

女子も頑張っています

ひとつ出来て、もう片足分ですネ!

上手に出来上がりますね!



飯豊町も今、秋真っ盛りをむかえ農家の皆さんは新米の刈り取りに大忙しです。それと同時に果物や野菜なども美味しい時期となりました。今回はお米ではなく枝付柿・栗・稲穂を送り、飯豊(山形)の秋を少しでも感じてもらうことにしました。さらに味でも感じてもらおうと大根、りんご、もって菊(食用菊)、ブランドのうつさわカボチャ、甘くて評判のミニトマト、自慢の漬物各種を送りましたので是非、“高円寺純情コミュニティーカフエ&ショップIIDE”へお立ち寄りください。きれいなスタッフ(見かたにもよりますが)がお待ちしてま〜す。

 

 

 

 



今回は4種類の具材の中から、好みごはんに混ぜ混ぜし、いなり寿司を作ります。初めは緊張していた子ども達も、混ぜ混ぜの作業は楽しそう! 油揚げを広げる作業が少し難しい様子でしたがなんとか成功!高学年の女の子には、タコさん・カニさんウィンナーと炒り卵を作ってもらいました。1個はみんなで「いただきます!」をし、3個をパックに入れてお持ち帰り・・・おうちに帰ってからご家族のみなさんとどんな会話をし、楽しい時間を過ごしたんでしょうね?(^^)

 



10月11日(水)ふるさと学園の皆さんが文化祭作品つくりを行いました。おりがみを折っての飾り物です。18枚を重ねていきます。簡単なようで、なかなか思うようにいかず難しい作品でした。出来上がりの全体のバランスをとるのが難しいなーと言いながらも、なんとか完成しました。



10月6日、地区の方が輪投げをするために公民館を訪れて下さいました。ご自分達で距離を測り、設置。

狙いを定めて「輪」を投げ、入った輪の数字を計算!  集中力を要し、脳をはじめ体全体を使うスポーツ!小さいお子さんから高齢の方、幅広い年代の方が出来る「輪投げ」  素晴らしいですね! またのお越しをお待ち致しております。



10月8日日曜日 東部地区子ども会育成会連絡協議会主催の「いも煮会」を行いました。添川小学校PTA会長さんを来賓に迎え、東部地区公民館でレクリエーション活動し、いも煮会に入りました。1年生から6年生までの縦割り班で、上級生指導・中心になり、調理室で材料を洗ったり切ったりし、外で薪に火をつけ、昔のなべ?で、煮ました。昨日までは寒さをも感じる空模様でしたが、今日は天気も良く、公民館前で(汗掻きながら)みんなで一緒に食べました。

大きな芋もあります

 

包丁気を付けて! 家でも手伝いやってます!

 

一斗缶のかまどで煮ました

 

味見もしなくちゃネ!

 

旨く出来上がりました

 

公民館前で、旨いいも煮をみんなで楽しく食べました。



10月6日(金)手ノ子小2年生が公民館に「町探検」で見学に来館しました。館長の椅子に一人ひとりが座らせてもらい大満足。公民館の部屋を案内しながら、どういう人が来ているの?どんなことに使うの?と質問。皆さんのお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんが公民館に行ってくるからなーと言う時は、この部屋を使ってお話をしたり、何かを作ったり頑張ってくれてるのよ。と話すと、嬉しそうに廊下に貼ってある活動写真を指差しながら、目をまんまるにして「この間公民館でうさぎ作ってきたと言ってた。」と話してくれました。別の部屋では、ほのぼのサロンが身体を動かし運動をしてました。その様子も見学させてもらい、一緒に参加させてもらいました。見学する事によりお家の人が公民館に行って頑張っているんだなぁと分かって大変良かったと思いました。



今年も「小菊会」の皆さんは文化祭に向けて仕上げの段階に入りました。13名の会員のうち本日は4名の皆さんが公民館の軒下の苔を利用してさらに見栄えに磨きをかけようと作業をされていました。毎年のことですが、約半年(4月〜10月)をかけ文化祭に出品する為にのみ頑張っています。会も発足して10年以上になりますが月に数回の集まりでは師匠(綾子先生)の手ほどきを受け年々上達されているようです。仲間の一人は小菊を育てるのは“わが子を見守り育てる気持ちです”と笑って話されていました。

 

 

 

 

 



10月22日開催の文化祭に向けて、和装リフォーム終盤!

連日のように公民館へ足を運んでくださり、真剣な眼差しの婦人学級の皆さん。 忙しいながらにも時間を割き文化祭への作品展示の意欲凄いです!  22日が楽しみです☆  婦人学級のみなさん・・・有難うございます。



東京高円寺にある飯豊町のアンテナショップ店長として1年半勤務された鈴木さんには大変ご苦労いただきました。1年半は短いと思われがちですがその間、店長として飯豊町特産のお米、野菜、工芸品など多数高円寺で紹介する機会を作っていただき関係者一同感謝しているところです。又、飯豊の魅力を少しでも知って頂こうと この夏、数名の方と一緒に来町するなど積極的に飯豊のPRに取り組んでいただきました。おかげで、様々な業種の方々の考え方や将来に対する夢のようなものを得ることもできました。飯豊町も少子高齢化の波が大きく不安を口にされる方が多く見受けられますが私たちにはアンテナショップというパイプがあることを忘れず今後とも頑張っていきたいものです。最後に鈴木店長へ“ありがとうございました”

 

 

 



9月21日(木)  直売の打ち合わせの後率先して公民館の畑にある青、赤しその実を収穫してくれました。シソの香りとばあちゃんたちの笑い声に心ほんわか。  和やかムードで黙々と作業する皆さんです。

このシソの実の香りが皆さんの食卓に香る時期となっています。野菜の漬物の味を大いに引き立ててくれるのは間違いありませんね。