降誕会法要

  • 降誕会法要
  • 降誕会法要
  • 降誕会法要
  • 降誕会法要
  • 降誕会法要

4月3日(水)、星の村の仏間で、降誕会法要がありました。今年度、初めての仏教行事が執り行われました。当施設の所長、生活相談員による読経で始まり、読経後、所長より、お釈迦様が誕生された時の、詳しい話をして頂きました。お釈迦様は、生まれてすぐに立ち上がり、7歩歩き、右手で天を指し、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という尊い言葉を発されました。この言葉の意味は「世界にいる人々は誰にも変わることのできない人間として生まれており、一人ひとりが尊い存在である」と言うことを表しているそうです。

2019.04.11:hoshi:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。